従妹に懐かれすぎてる件

きり抹茶

三月二十日「従妹と寝床」

 俺は非常に重大な問題に気付いてしまった。

 それは……ベッドが一つしか無いということ。

 一人暮らしの生活だった為、当たり前の話だが俺の部屋にはシングルベッド一つしかない。
 そこにもう一人住人が増えるわけだ。
 しかも相手は高校生を目前に控えた容姿端麗な女の子。

 仕方ない、今日は地べたで寝るか……。


「ゆうにぃ、どうしたの? そんな難しい顔して」
「彩音、分からないか? この危機的状況に……」
「キキテキジョウキョウ?」

 ほへっと首を傾げる彩音。

「彩音は今日からこの部屋に泊まるんだよな?」
「うん、もちろんっ!」
「どこで寝るつもりだ?」
「ベッド!」

 彩音は元気よく指差しながら答える。

「そこは俺が寝る場所だぞ」
「うん、知ってる!」
「じゃあ」
「一緒に寝るんでしょ?」

 平然と答えたなこいつは。
 まあ大体予想はできていたが……。

「いや色々困るだろ! このベッドに二人とか、寝るに寝られねぇよ」
「ん? それなら大丈夫! 私体温高いから暖めてあげるよ!」
「寒さを心配してたわけじゃねえよ!」

 寧ろ寝れなくなるわ!

「……もしかして私と一緒に寝るのが嫌なの?」
「いやそうじゃなくて」
「嫌なの?」
「だから……」
「ねぇ、どうなの?」
「…………嫌じゃないけど、その……男女で一緒だとか、気が休まらねぇよ」
「なっ……!」

 顔が熱くなる。
 彩音も想像がついたのか、赤い顔をして黙り込む。

「……ゆうにぃのエッチ」
「仕方ないだろ」
「でも嬉しいっ!」
「なんでやねん!」
「だって私と寝るのが恥ずかしいんでしょ? ねー、ねー?」
「ぐっ…………」



 結局狭いベッドに二人並んで寝ることになりました。
 俺はほとんど眠れませんでしたが、彩音のすやすやとした寝顔を見ていたらそんな事どうでもよくなりました。
 めでたしめでた……くねぇ!
 早く布団を買わないといけないな……。

「従妹に懐かれすぎてる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く