従妹に懐かれすぎてる件

きり抹茶

三月二十日「従妹と出会い」

 大学二年生の春休みはとにかく暇である。
 友人の多くは実家に帰ったり、夜の街で有り金全部溶かしたり、「俺は海外でビッグになるんだ!」とか言って日本から飛び出したり……っとまあ各々エンジョイしているようだが。

 俺はそんな無駄な行動はせず基本は家に引きこもり、時々サークルの仲間と顔を合わせて駄弁だべったりしてこの長い休暇をやり過ごしていた。

 まだ若いのだから家に籠もってないで外に出ろ、何事も経験だ……と反論する人もいるかもしれない。
 だが俺はそんな脳筋理論に真っ向から反対してやる。

 それはただの綺麗事だと!

 夜遊びや若気の至りと呼ばれる行動が良い経験になるとほざく連中は、自分の犯した罪を他人に押し付け、尚且つ正当化しようとしている惨めな人間だと思っている。

 俺はそんな風にはなりたくない。だから引きこもる! これが一番効率的!


 ……っとそんなこんなで今日も朝からPCを立ち上げ、まとめサイトを巡回する作業を続けていた。
 因みにこれは俺の日課である。情報収集は大切だからね。

 そして時刻は正午を迎え、昼飯と食料の補給の為に仕方なくコンビニへ行こうと支度を始める。
 そんな最中……。

 ピーンポーンッ

 部屋のチャイムが鳴った。

「おかしいな、俺に用事がある奴なんているはずがないのに……」

 自分で言っておいて難だが寂しい人間だな、俺。
 でもまあどうせ宗教かよく分からん勧誘だろう。
 面倒だから居留守でいいや……。
 そう思ったのだが、今回は取り敢えず出てみることにした。誰でもいいから会話をしたい気分だったのだ。
 そんなこんなで重たい腰を上げ、ゆっくりと玄関のドアを開ける。
 すると……。

「やっほー! ゆうにぃ、会いたかったよぉ!」
「ぐわぁ!?」

 若い女の子だと判断するや否や抱きつかれた。
 ちょ、なに……この状況!?

「懐かしいなぁ、もう私嬉しすぎて泣いちゃいそう」
「もしかして……」

 胸板にぎゅーっと少女の頭が押し付けられる。
 そこからは女の子特有の甘い香りが漂ってきた。
 そしてその匂いに俺は妙なデジャヴを感じていた。

 ローズマリーの良い香り……これは!

「彩音……なのか?」
「うんっ! 久しぶりだね、ゆうにぃ!」

 顔を上げた少女が満面の笑みを見せる。間違いない、従妹の星月彩音だ。
 ここでようやく相手を判断できたが、まず最初の予想を匂いで決めるなんて気持ち悪いと思うかもしれない。だが長い付き合いなので仕方がないのだ。言わば親族の直感って奴である。

 しかし相変わらず可愛いなこいつは……じゃなくてどうしてここに!?

「大荷物みたいだけど……一体どうしたんだ?」

 側に置いてあるキャリーバッグは二週間以上滞在できそうな位のサイズ。ただ遊びに来ただけでは多すぎる荷物にみえるが……。

「私ね、今日からゆうにぃの家にお世話になるから、その荷物だよ!」
「…………はぁ!?」

 今とんでもない事を言わなかったか?
 彩音が俺の家で暮らすだと!?

「この近くの高校へ通うことになったからその間よろしくね! もちろん私の親と叔父さん叔母さんには話を通してあるよ!」
「いや、それ俺聞いてないんだけど!」
「だって、サプラァーイズッ、だもん!」

 マジッすか……。
 でも連絡は欲しかったな。部屋、汚いし。

「でも俺なんかと一緒でいいのか?」
「えぇ!? ゆうにぃと一緒がいいんだよ?」
「いや……もう彩音も高校生になるだろ? 昔みたいなそういうアレはもう……」
「駄目…………なの?」

 目を見開いて上目遣いをする彩音。
 ぐっ……そんな顔……可愛すぎるだろうがっ! 俺の理性が持たなくなるっての!

「全然駄目じゃない、寧ろ大歓迎。ただ彩音がどう思ってるか気になってさ」
「どうって……何を?」
「いや…………俺の事嫌いになってないかなって」
「そんな訳無いじゃん! 私はずっとゆうにぃの事が大好きだよ?」

 改めてぎゅっと抱きつかれる。
 やべ、恥ずかしすぎるだろこれ。

「分かった、ありがとう。だから……取り敢えず部屋に上がって。ここじゃその……色々とヤバいし」
「え? あ……あぁ、うん……」

 未成年の子と抱きついている今の状況を近所の人に見られたら誤解しか生まれないだろう。下手すりゃ通報される事案である。

 素早く彩音を部屋の中に入れて、やれやれと一段落をつく。
 ったく……突然従妹と二人暮らしとかどんなギャルゲーだよ。

「ここでゆうにぃは生活してるんだねぇ」
「まあな。……ってかあんま周りジロジロ見るなって」
「いいじゃんいいじゃん! ここでゆうにぃが寝て、食べて、遊んで……ふはぁっ!」
「彩音……大丈夫か?」

 そんな飛び跳ねて喜ぶような部屋でもないと思うんだけどな。
 それよりもこいつこんなに可愛かったっけ?
 いやそうじゃなくて……俺にこんな懐いてたっけ?

「これからよろしくね! ゆうにぃ!」
「……おぅ」

 はじけるような笑顔を向けられ、心臓の鼓動が一段と速くなる。
 きっと今の俺は熱に浮かされているだけだろう。
 ちょっと落ち着いて考えよう。うん、そうしよう。

「従妹に懐かれすぎてる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く