従妹に懐かれすぎてる件

きり抹茶

プロローグ

 しがない大学生の家に宝石のように眩しい美少女がやって来た。

 これは決して比喩表現なんかではない。
 なんせ俺、星月佑真ほしづきゆうまが今体験している事実なのだから。



 俺にはたった一人の従妹いとこがいる。
 星月彩音ほしづきあやね。彼女の名前だ。
 お互い一人っ子であり、家も近所だったことから、幼少期は兄妹同然の付き合いをしていた。
 更に五年という歳の差も相俟って、彩音は俺にべったり懐いていた。そんな彩音が可愛らしく、俺は彼女を実の妹……いや、それ以上に優しく可愛がった。

 そんな俺達の仲だったが、それが永遠に続くことはなかった。
 俺は都内の大学へ通う為に一人で上京。当然彩音とは離れ離れの関係になる。
 電話でお互いの近況報告をする事もあったが段々とその数は少なくなり、やがて無くなった。

 ――寂しかった。
 あんなにべったりくっ付いていた彩音が、俺と話そうとしなくなる。俺から離れたがっている……そう思ってしまったのだ。
 もう、仲良く遊ぶことはないのか……。でもそうだよな。あいつももう中学生、男の俺を避けるのは当たり前だよな。
 自分にそう言い聞かせて大学生活を二年間続けた。
 だが……転機というのは唐突に訪れるものなのだ。

「ゆうにぃ、一緒に遊ぼ?」
「彩音……!?」

 透き通るように美しく、そしてほのかに甘いあの声が聞けるなんて……。
 しかも思春期を乗り越えた立派な少女の姿になって俺と同居生活をすることになるとは、微塵も思っていなかった。

 そう、あの日を迎える前までは……。

「従妹に懐かれすぎてる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • しょ~ま

    これからは更新しないんでしょうか?
    続きが早く見たいです

    4
コメントを書く