俺が転生した世界はどうやら男女比がおかしいらしい

めんたま

閑話 とあるカフェの店員

私はとある自営業のカフェのアルバイト店員。時給は安いし、家からは少し遠いが、お客さんが少なく仕事量が少ないため1年ほど続けている。他のアルバイト店員も大方そんな理由だろうと思う。
 
「ありがとうございました〜」

よく訪れる3人組のおばさんの常連さんが店を去り、私は食器拭きをする。
食器を拭きながら、私はここ最近店員の間で噂になっている「ミルク天使ちゃん」のことを思い出す。なんでも、直視すら憚れるほどの美しさを持つ男の子が時々このカフェにやってくるらしい。その子は男子にしては珍しく私たち店員にも優しく、決まってホットミルクかアイスミルク、ミルクコーヒーを頼むらしい。天使かと見紛うほどの美少年が、ミルクと名のつく品を注文するから、「ミルク天使ちゃん」だ。

...私は正直この話をあまり信じてはいない。どうせ先輩たちが、話を誇張させて広めているのだろうと予測している。どうせミルクと名のつく品を頼むのも、男は男でも禿げ上がったおじさんとかだろう。

はぁ....。


私が溜息を零しつつ、最後に残ったフォークを手に取り拭こうとした時

カランカラン

と入店を知らせる音が。
....わざわざ入り口まで歩くのも面倒なので、もう1人の店員にお客さんは任せよう。20代後半の女性だ。名前は江口さん。ちなみに今は私と江口さんの2人だけでカフェをまわしている。お客さん少ないからね。

「いらっしゃ.....い、いらっしゃいませっ!」

ん?いつもの無表情で愛想の悪い江口さんらしい低い声で接客をするのかと思えば、途中でツートーンほど音が上がったすこし可愛らしさを意識したような接客になった。

なに?男でも来たの?

私は急いでフォークを拭き、少しワクワクしながらいそいそと入り口へ向かう。
そこには、

いつもの無表情からは想像できないほどニコニコした笑顔をしている江口さんと、

「はっ?」

私が人生で見てきた男性、いや女性も含めてその全ての人間の中で1番と言っていいほどの艶美な顔立ちをした男の子。一目で分かった。この子が「ミルク天使ちゃん」だ。オーラがすごすぎる。なんか後光が見えるんだけど?

江口さんは笑顔でミルク天使ちゃんの手を引き、席に案内している。

....あのアマ。お客さんいないのに席案内する必要ないでしょうが。ましてやなんで手なんか引いてるのよ。触りたいだけでしょ。
ミルク天使ちゃんもなんでそんなに笑顔なのよ!無防備すぎ!!

江口さんは天使ちゃんをカウンターに座らせ、何やら話しているようだ。

テーブル拭きを名目に近づいてみようか。

カウンターのちょうど後ろにある4人掛けのテーブルを拭きながら会話に聞き耳をたてる。

「いつもこのカフェに来られるんですか?」

「はい、家から近いし、何よりここのミルクの味が気に入ってしまいまして」

「そうなんですか。なんかうちの店長のこだわりでもあるんですかね」

....早くオーダー取りなさいよこのアマ。ニコニコしながら世間話に花を咲かせてる場合じゃないでしょ。

「あっ、ご注文がお決まりでしたらお聞きしますよ」

「じゃあミルクコーヒーをお願いします」

「かしこまりました」

そこで江口さんは私に目線を送ってくる。
....作ってこいってか?わかりましたよ。

私は厨房に行き手早く、それでいて丁寧にミルクコーヒーを作る。
できたミルクコーヒーを天使ちゃんの元へ運ぶ。

「へぇ〜今高校生なんですか。お若いですね」

「いえいえ店員さんもかなりお若いですよ。肌とかとてもお綺麗です」

「ほ、本当ですか?嬉しいです...」

なんであなたは天使ちゃんと談笑してるのかな?さっさと仕事に戻ってくれない?
あとアラサー女がマジ照れしてるんじゃない。

「お待たせしました。ミルクコーヒーです」

私はミルクコーヒーを出す。

「ありがとうございます。とても美味しそうです」

天使ちゃんは私に笑顔でそんなことを言ってくれる。

はうっ!何なのこの胸の高鳴りは。天使ちゃんの顔を直視できない!これが恋...?

私がモジモジしながらチラチラ天使ちゃんを見ていると、

「さ、あなたは早く仕事に戻りなさい」

江口さ....江口がよく分からないことを言う。このアマ。いけしゃあしゃあと。

「江口さんも早く仕事に戻られては?」

私は笑顔で、おそらくこめかみに青筋を浮かべながらそう言う。

「わ、私は前原さんとお喋りする仕事がありますから。前原さんは私とお喋りしたくありませんか?」

こ、こいつ。なんて執念だ。
っていうか江口め、いつの間に名前をききだしていたんだか。前原くんか.....

「江口さんさえ良ければ僕はもっとお喋りしたいですね」

少し照れながら天使ちゃんは言う。
な、なんですって!?天使ちゃんダメ!そこのおばさん一歩手前に食われちゃう!

「で、ですよね!そういうことよ。さ、仕事に戻りなさい」

嬉しそうにニヤニヤしやがって〜!

私は渋々テーブル拭きに戻り、また会話に聞き耳をたてる。

「えっ?江口さん男と喋ったことあんまりないんですか?」

「そうなんですよ。だからさっき前原さんの手に触れたのも、初めてのことで...」

「意外ですね〜。こんなにも美人なのに」

「へぇっ!?そ、そそうですか?」

「はい。さっき手を掴まれたのも嬉しかったくらいですよ」

「ほ、ほ本当に!?じ、じゃあまた握ってもいいですか....?」

「全然いいですよ。僕なんかの手で良ければいくらでも握ってやってください」


...嘘でしょぉおおおおおお!?どういうこと!?驚きすぎて鼻水出たわ!
ちょっ!?恋人つなぎなの!?う、羨ましいいいいい!

「はわぁぁあ....」

「ふふ、反応可愛いですね江口さん」

そこ!!イチャイチャするなぁあ!

「ま、前原さん....」

「どうしました?」

「抱き締めてもらっていいですか...?」

調子に乗るんじゃないわよぉお!その場の勢いに任せて何言ってるの!いいわけないでしょうが!

「かまいませんよ」

いいんかいっ!えっ?いいの?ダメだ、ツッコミが追いつかない!

「さ、来てください」

両手を広げて歓迎の意を表す天使ちゃん。

「前原さぁん....前原さん!!」

蕩けた顔をしていた江口は天使ちゃんの胸へ飛び込みギュウッと抱き締めた。顔を胸に押し付けクンカクンカしてやがる。天使ちゃんは江口の頭をなでなでしてる。

なにこれ?ここカフェだよね?

「ふふっ。江口さん可愛いです」

「前原さん前原さん前原さん...!」

「僕でよければいつでも抱き締めていいですよ?これからもこのカフェに来ると思うので、その時にでも」

「ふぁい....」

.......。なんだろこの感情。とりあえず江口は後でジャーマンスープレックスな。

天使ちゃんはその後もミルクコーヒーを飲みながら江口とイチャイチャして、1時間くらいで帰って行った。

.....なんか色々あって記憶の整理がつかないけど、とりあえずこれからシフト増やそ。

「俺が転生した世界はどうやら男女比がおかしいらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く