俺が転生した世界はどうやら男女比がおかしいらしい

めんたま

弓道の大会

「大会...ですか?」

俺はその日の部活終わり、右京部長から弓道大会について聞かされていた。

「そうだ。前原はうちのレギュラーだからな、是非出てもらいたい」

そうなのだ。俺は先日レギュラーに昇格した。ようやく俺のイメージが体に追いついてきたのだ。ちなみに今の的中率は8割と少し、前世では9割5分だった。まだまだ上がりそうだ。
弓道を知らない人からは、的に矢をあてるのは簡単だと思われがだがこれが結構難しい。弓道競技者の平均的中率は5割ほどではないだろうか?勘だがな。

「うんうん!仁はむちゃくちゃ弓道上手いよね!もううちのエースだよ!」

そんなこと言うのは片岡すみれ先輩。驚いたことにすみれ先輩もレギュラーだったのだ。
レギュラーは、右京部長、吉岡副部長、すみれ先輩、俺に、後は3年生の沢村先輩だ。
弓道の団体戦は基本的に5人一組だからな。それぞれ4本ずつ矢を射って、合計20本での合計的中数を競うのだ。

「私達3年生にとっては残り少ない大会のうちの一つだ。頼んだぞエース」

ニヤッとしながら言ってくる右京部長。

「任せて下さい。優勝しましょう」

ふふっ、任せて下さいよ部長。俺は不敵に笑い返した。


その日の帰り道、俺はいつも通り莉央ちゃんと、今日は何故かクラスメイトの小野田美沙と一緒に帰っていた。


「すいません仁くん。みさみさちゃんに部活帰りに捕まってしまいました....」

申し訳なさそうにシュンとする莉央ちゃん。

「はんっ、仁と2人きりの下校なんてさせるわけないだろ?あたしも混ぜてくれ!」

ニカッといい笑顔で告げる美沙。

「莉央ちゃんがいいなら別に僕は大丈夫だよ」

「わ、私は仁くんと2人きりの方が....」

「莉央ちゃん.....」

「仁くん.....」

そして2人の顔は自然と近づき、唇が吸い寄せられ.....

泣きそうな顔の美沙が目に入る。

「ご、ごめんね美沙!泣かないで〜」

「わわ!ごめんなさいみさみさちゃん!忘れてました!」

「2人があたしを仲間外れに.....」

うっ...美沙がダークサイドに堕ちそうだ。急いで話題転換をしなければ。

「そ、そういえばさ!来週末部活の大会があるんだけど、よかったら2人とも見にこない!?」

「えっ!?見たいです!絶対見に行きます!」

莉央ちゃんが大袈裟にリアクションしてくれ、美沙の方をチラチラと見る。
 
「...部活って、弓道か?」

ホッ。よかった美沙が反応してくれた。

「うん、そうだよ。この間レギュラーになったから是非デビュー戦を見て欲しいと思ってさ」

「....ん、見に行く」

まだ機嫌は悪そうだがどうやら来てくれるらしい。よかった。

その後も、俺の部活や2人の部活の話をしてその日は別れた。



「ただいま〜」

「おかえり仁」

「お兄ちゃんおかえり!!」

「おかえりジンちゃん」

おっ、今日は3人が同時に迎えてくれるとは嬉しい。改めて見ると、やっぱものすごい美女美少女勢揃いだな。目の保養だ。


「来週末部活の大会があるからみんな見にこない?僕レギュラーになったんだよ」

夜ご飯を4人で食べながら、俺はそう切り出す。

「....!そう...。それは今から場所取りをしに行くしかないね」

「姉さん話聞いてた!?来週末だから!」

「レギュラーってすごいねお兄ちゃん!まあお兄ちゃんをレギュラーにしない部活なんて存在価値がなかったら良かったよ!」

「思考がかなり危険だよ心愛」

「ぜ、絶対見に行くからね!ジンちゃんのはかま姿ハァハア....」

「母さん、息子に欲情しないで....」

うちの家族は大丈夫だろうか。危なっかしくてほっとけないな。


そして1週間と少し練習を重ね、大会の日がやってきた。

電車で1時間ほどの場所にある武道館で大会は行われるらしい。俺は弓道部のみんなと大会会場に来ていた。家族たちや、莉央ちゃん達は少し遅れてくる予定だ。

「えっ?何あの美少年春蘭の部員なの?」「ま、まじで!?うらやましぃいいい」「....春蘭の女どもには絶対負けねえ」「あの子は私の心の的を射止めてしまったようだ。弓道だけに」

他校の弓道部員達の声が聞こえる。

ううむ相変わらずの反応。ふっ、いい加減慣れてきたぜ。こういう時はな、

ニコッ

「「ひゃっ!?」」

エンジェルスマイルを発動させながら手をヒラヒラさせたら一気にみんな赤面して黙るのだよ。はっは。

「前原くん、モテモテねぇ」

付き添いとして来ている顧問の福岡先生がからかってくる。

「みんな男の部員を珍しがってるだけでしょう」

そこに俺の美貌が合わさっているのは知ってるがこれは言わない。謙遜は大事なことだ。人柄を判断する上で高慢な自信家は好印象は与えないからな。


....さて、久しぶりの大会だ。クールに行け。弓道は精神状態が結果にダイレクトに繋がる競技だ。幸い今日の体調は良好。
よし、行くか。

「俺が転生した世界はどうやら男女比がおかしいらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • みかん

    主人公性格悪いww

    0
  • 空白

    主人公ちょーハイスペック

    0
  • カプ猫

    しかし謙遜し過ぎるとあまり良くないと私は思っている。

    2
  • アマスさん

    あ、主人公イケメンですわ

    3
コメントを書く