妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

113:奪われた者

「ねぇ、ユウ君。私と一緒にし合いましょ?」

 ユウはその声に聞き覚えがあった。それは少女の声であり、先日行方不明になったと聞いた、不知火雛乃の声だった。
 周りにはまだ魔物もいて、それに対抗するように冒険者たちが奮闘を続けている。

「不知火、なんでお前がこんなところに……」
「何でって、そりゃユウ君に会いに来たからだよ」

 そんなこともわからないの? と続け、その虚ろな瞳でユウを見つめていた。ユウはそんな不知火を見てその異常性に気づいていた。
 雛乃は薙刀を片手でぐるぐると回し、だんだんと距離を詰めてくる。そんな雛乃にユウはムラクモを構えていた。

「あはっ、殺る気になったんだ。うれしいなっ」

 ユウが刀を構えたのを見ると、すごくうれしそうな反応を示し、ぐるぐると回していた薙刀を止め一気に距離を詰めてきた。それと同時に繰り出される薙刀の一突き。それをかろうじて躱し、ユウは大きく後ろに飛び距離を取る。

「その詰めの速さ。縮地に似た移動スキルを持っているな」
「そうだよ。今のは飛足ヒソク。さぁもっと楽しもっ」

 先ほどと同じように、ユウへと距離を詰める。たださっきとは違い、距離を取らせる気はない。ユウもそれに対抗するように、受け流し、弾き、雛乃の薙刀をいなしていく。
 この動き方は薙刀のリーチを生かして、相手を追い詰めるような攻め方をしている。
 薙刀を大きく上には時期、足払いをする。だがそれは読まれていたようで、雛乃は体勢を立て直すように、距離を取った。

「不知火。お前は一体何がしたいんだ」
「私は、私はもう奪われたくないの。自分の周りから大切なものがなくなっていくのが嫌なの、耐えられないの。そんな私が今欲しいのは、ユウ君、貴方だよ。でも、あなたは周りに溺れて、私から離れて行く。せっかく会えたのに、また私から……。だからね、今まで奪われてきた私は今度は奪うの。貴方を、いえまずはあなたの周りから奪っていく。それが今の私のしたいことだよ」

 虚ろな目で雛乃はユウを見ていた。その目に嘘はなく、ただ悲しそうにでもうれしそうな、そん顔をしていた。
 魔物は周りで冒険者たちと争っている。球に流れてユウの元へ向かってくる。それをユウは一太刀で払う。対して雛乃の元には魔物が向かおうとしない。

《すいません。ますたー再起に遅れました》

 唐突にユウの頭の中に声が響いた。それはいつもユウの助けになる優しい声。黙示録であるエルの声だった。

《状況の整理完了。大型種はレジーナ及びラースによって討伐。中型の魔物にはCランク以上の冒険者たちと騎士で対応可能。それ以外の小型は個別で当たります》

 今のエルの意思疎通の相手はユウ以外にアイリス、レジーナ、ラースにも伝わっている。

(すまない。俺はちょっと相手しなきゃいけないやつがいるみたいだ)
(大丈夫です。ユウさんは充分に活躍しました。他はこっちで対応します)

 心配そうな、でも応援したいそんな気持ちの籠ったアイリスの声が聞こえた。こっちの状況はエルを通じて3人にも伝わっただろう。

「無視されるとへこむなぁ」

 こっちの状況整理の途中で雛乃は薙刀を構え突撃してくる。何の影響かはわからないが、直接的に雛乃はに向ける瞳の能力は使えないみたいだ。

「ほらほら、どうしたの? ユウ君はそんなものじゃないでしょ」

 雛乃は土魔法と薙刀の連携が得意らしく、隙がなかなか見当たらず、防戦一方だ。

《ますたー何をためらっているのですか? 敵意を向けられているんですよ?》

 そんなユウの心を見透かすように、的確にエルは突っ込みを入れる。そうただ踏み切れないだけ、敵だと思いきれないだけ、それが防戦一方になる理由。

「あぁ、詰まんない、詰まんない、詰まんない。ねぇ、何か失くせば、あなたは本気になるのかな?」
《ますたー!》

 エルの声も、雛乃がやろうとしていることも全てが、全てにユウが気付くのが遅かった。

魔閃マセン

 その黒い瘴気を纏った薙刀は的確にムラクモを狙い、不利な体勢からその薙刀とぶつかったムラクモの刀身は、その黒い刀身を二つに分かれた。何も音を立てず、周りの音すら聞こえない。そんな中、別れた刀身は地面に落ち、ユウは状況を整理出来ずにいた。

「あはは、奪っちゃった。奪っちゃった。私がユウ君の物を、私がユウ君を。大切なものを、うふふふふふ」

 薙刀を右手に自分の両腕で自分を抱きしめ、妖艶な笑みを浮かべていた。

「ムラクモ、ムラクモおい返事しろよ、いつもみたいに、なぁ」

 柄と少し残る刀身。それを抱えて、地面に座り込む。ユウの耳には耳障りな笑い声が聞こえていた。

「ははっ、何年ぶりだろうな。俺が涙を流したのは」

 ユウは左手の甲にある竜紋を発動させ、ノワールを呼ぶ。折れた刀身、残った柄、そして鞘それをノワールに預けて、王城へと向けて飛ばせる。それを逃がさないとばかりに土でできた槍を飛ばす。

「邪魔すんなよ」

 飛んでいった土の槍は空中で歪んだ空間に飲み込まれる。

「あはっ殺る気なんだね」
「あぁ、期待に応えてやるよ」

 ユウの周りには溢れんばかりの黒い魔力があった。

「力を貸せよ。ヨリヒメ」
“いいよ。実はボクも結構イラついてるんだ”

『我は万象に乞い求。魂鬼が纏いし災禍の鎧を!』


「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • いーちゃん

    今回の話は特に誤字ひどい

    4
  • ノベルバユーザー42648

    一応、武器なんだからクロノス使えるんじゃないの?

    2
  • ノベルバユーザー79749

    57それぞれの思いの最後で刀が肩になっていますよ!

    1
コメントを書く