妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

91:巫女の里

 俺は朝起きると、フィリアを起こし、すぐに下に降りた。
 俺たちが下に降りると、すでにティナとフロン、ノワールがいた。
 そして、ティナとフロンは俺のことをじーっと見てくる。

「昨晩はお楽しみでしたね。ご主人様」

 一番最初に口を開いたのはフロンだった。
 するとそれを聞いたフィリアの顔が赤く染まる。

「おい、からかうなよ」
「あのマッサージですよね?」

 ティナは「わかってますよ」とでも言いたげな表情で俺にそう聞いて来る。

「あぁ、そうだ」
「けど、あのマッサージ疲れはすごく取れるんですけど、気持ちよすぎて……」

 ティナが言わんとすることは何かだいたいわかる。
 それを肯定するように、フロンとフィリアがコクコクと頷く。

〝なら今度私にもする。昨日はすぐに寝てしまったからどんなものかわからない〟
〝あら、ムラクモちゃんがやってもらうならおねぇーさんも!〟
“ボ、ボクだってしてほしい”

 と、脳内で3人から要求される。

(ムラクモとヒサメはいいが、ヨリヒメは昨日逃げたからな)

 俺がそうヨリヒメに昨日の仕返しと言わんばかりに責めてみる。

“うぐっ、それを言われたらボク何も言えないじゃんか! ユウちゃんのばか!”
(ふっ、冗談だよ)

 俺がそう言うと、ヨリヒメは“もーう、虐めないでよ!”と言ってきた。
 俺は脳内でやり取りしながらも、ティナの向かい側の椅子に腰を下ろす。

《ならますたーには私が、あのマッサージをしてあげましょうか?》

 エルがそんな提案をしてくる。確かにあのマッサージは俺とエルにしかできない、が。
 ティナたちがあーも乱れる様子を見ると、どんな感じか気になりもするが、俺は男としての大切な何かを失ってしまう気がして、エルの誘いを断った。

《そうですか》

 すこし、しょんぼりしたようなエルの声が聞こえる。

(なら、俺がエルにしてやる)

 俺がそう提案し返すと、エルから慌てた様に《い、いえ私には不要です》と拒否された。
 俺たちは、今後の予定を離しながら、早々に飯を食べ終え、宿の外に出た。
 そのあと俺たちはすぐに街を出た。



 ティナの案内の元、ノワールに乗り巫女の里を目指した。
 巫女の里はエルフの国とオルディナの町の間、そこから少し外れた場所に位置する。

 ティナのステータスの中にユニーク:神託と言うものがある。それは神の言葉を聞くことができるというものだ。発動は自分ではできず、神の気まぐれだと言われている。
 ティナがオルディナの町に来ることになった理由がこれだ。
 ある日、ティナに声が聞こえたそうだ。その声はこういった。

『オルディナの町に迎え。汝はそこで運命の出会いを果たし、自分の進むべき道を悟るだろう』と

 その結果、俺とティナは出会った。
 俺はこの話を聞いたとき、なんとなく、誰の差し金かを理解した。

「どうしたんですかユウ様?」

 俺の後ろに座っているティナが、俺を気にする。

「何がだ?」
「ご主人様笑ってる」

 ティナが言おうとしたことをフロンが代弁する。
 俺は自分の口元を手で触る。すると、確かに口角が上がっていた。

「主様、何か面白いことでもあったの?」

 フィリアが俺にそう聞いて来る。
 俺は「なんでもない」と答えつつ、ノワールに速度を上げるよう伝えた。



 元々、巫女の里とオルディナの町はそこまで離れてはいない。
 ノワールが飛ばして進んだ結果、昼過ぎには巫女の里、手前の森の上空を飛んでいた。

「ノワールここでいい」

 ノワールは翼を広げ、スピードを落とす。
 そのまま、翼をバサバサと音を立てながら、地面に着地する。

「ティナ、巫女の里は確か……」
「はい、この山の上です」

 俺たちの前には、高くそびえる山があった。
 それは急斜面だが、ちゃんと上に登るための斜面が形成されていた。
 一度は、ノワールで直接里に行くことを考えたが、それでは人々を混乱させてしまう。
 竜は人にとって、危険と思われるものだ。

「よし、上るか」

 俺たちは山を登り始める。
 登る途中にも魔物は少なからず出現した。
 だが、俺が刀を抜く前にフィリアが、フロンが、ティナが魔物を処理してしまう。
 一番多く魔物を処理しているのは、フィリアだ。

「やっぱり、体が軽いわね」

 フィリアには精霊眼がある。精霊眼は瞳に精霊を宿し、見通す眼を使うもの。
 その目は、周辺の察知能力、遠くを見通す能力。それらを兼ね備えた目だ。
 フィリアはそれを駆使し、遠くから敵を見つけ、遠距離から弓で、敵を撃つ。
 ルサールカの弓の能力とフィリアの腕があるからこそできることだ。

「むぅ、フィーはせこいです」

 フロンは頬を膨らませながら、フィーを見た。
 そんなフロンをティナが「まぁまぁ」と宥める。
 俺はそんな光景を見ながら、山を登っていく。
 すると、山の斜面をすべるように人が降りてきた。
 それは、フロンより少し低いぐらいの男の子。

「ここに何の用だ」

 男の子は俺に威嚇するように短剣を向ける。
 だが、その短剣はすぐに降ろされた。

「ティ、ティナ姉ちゃん?」

 男の子が剣を下ろしたのはその視線にティナを捉えたからだ。
 ティナは、俺の前に歩み出ると、男の子に笑顔を向けた。

「久しぶりね、カル」
「な、なんでここに?」

 すると、後ろから、男が数人やってくる。

「大丈夫か! カルってティナじゃねーか」

 先頭を走っていた男が真っ先にティナに反応する。

「お久しぶりです。ソルさん。ちょっと用事があって戻ってきました。そのことについても話したいので、里に入ってもいいでしょうか?」
「あぁ、構わねーけど。そこの3人は?」

 男は俺たちを指さし、ティナに問う。

「旅の仲間? と言えばいいでしょうか。説明しにくいですね」

 確かに俺たちの関係は面倒で、説明しにくい。
 それを察したのか。男性は「まぁ、ティナの連れなら構わねーか。付いてきな」
 俺たちは男の後に付いていく。
 そうして俺たちは山の頂上手前にある。巫女の里へとたどり着いた。


「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く