妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

87:偏った思いとその片鱗

???

 私は見ていた。全部見ていたよ。あなたの全部。歩いてるとこ、勉強してるとこ、一生懸命のところ、剣を振ってること、一人でいるとこ。笑顔なところ。ぜんぶぜんぶぜんぶ!

 私があなたから離れてから、他の人と一緒に居ても楽しくない。あなたが見たい。傍に居たい、一緒に笑いたい。なのにあなたとは別の場所に来てしまった。
 変に状況もわからない中、私は戦った。あなたの剣を見ていたおかげかな? 私一生懸命戦えたよ? 私、辛かったけど生き物の命を奪ったよ? だって邪魔するんだもん。
 あなたと会えない間、あなたは何をしているのか、他の女に手を出されてないか、心配で、心配で心配で、夜もなかなか眠れなかった。私の知らないあなたがいるなんてヤダ。
 私が、私だけがあなたのことを知っていればいい。私が傍に居ればいいよね? 

 そんなとき、私はあなたを見つけた。こんなところまで私のことを追ってきてくれたんだね。頭を撫でて貰えた。今まで一緒に居てもそんなこと一度もされたことなかったのに、本当にうれしかったなぁ~。
 でも、ユウ君は女を連れていた。しかも、ここのお姫様。もう一人、私の知らない子もいたなぁ? やっぱりユウ君には私がついていないとだめなんだね。すぐに手を出されちゃうから。
 そして、あのばかな男二人があなたに勝負を挑んだ、私のユウ君に勝てるわけないのに。
 やっぱり、ユウ君の剣は綺麗だ。いつ見ても。でも、私の見ていないところでも剣を振るっていたと思うと、悔しくなる。なんで私はその場にいないの? ねぇ? なんで? なんで傍に居てくれなかったの?

 その夜、隣が騒がしかった、小さい声だったけど、ユウ君の声が聞こえた。その部屋は違う女のいる部屋。なんで、私の部屋じゃないの?
 しかもユウ君はそのあと私の部屋じゃなくて、姫様の部屋に向かった。私はすぐにそのあとを追った。
 扉に耳を澄ませると、姫様の熱烈な告白が聞こえた。ねぇ、なんで私より先にそんなことしてるの? 付き合いなんて浅いくせに、私の方が、私の方がユウ君のことを知ってるのに、あんなに積極的に迫っても反応してくれないユウ君がなんで貴方なんかに反応してるの? ねぇ、なんで、なんでなんで!

 そっとドアを開けると、二人はキスを交わしていた。その時、私の中で何かの糸が切れた気がした。

 手は出さないって決めてたのに、ユウ君。あなたが悪いのよ?私が、どんなにどんなにどんなに、あなたに何かをしてあげてもあなたは私の気持ちに答えてくれない。
 そっちがその気なら、私もそれ相応の準備をしなくっちゃ。
 ユウ君と私の間を邪魔するものは……全部こわしちゃえ! こわしてこわしてこわしてこわしてこわして、もう二度と、ユウ君にそんな思いなんて抱かないように。
 ユウ君には私だけがいればいい。私以外の奴なんていらない。でもそのためにはまだ、力が足りない。今の私じゃ、あの女にすら負けちゃう。
 だから、待っててね? ユウ君。
 私、あなたの為に、あなたに相応しいぐらい強くなるから、その時は、覚悟してね? 
 これまで、何もできなかった分。邪魔ものを排除してから、思う存分愛し合いましょ? もちろん、一日中、これから先もずっと、ずっとずっとずっと一緒だよ?



 ユウが王都を出たその日。勇者が一人欠けた。


「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • つか茶

    ヤンデレ怖いな〜

    0
  • 如月 時雨

    これは、怖すぎる
    ヤンデレ好きと言っても怖いものは怖い

    0
  • ノベルバユーザー225775

    ガクブルガクブルwwwwwwww

    0
  • 夕音 朝月

    ヤンデレー(ごまどれ風に)

    0
  • ペンギン

    ヤンデレですか...これは、覚悟が必要ですね...

    0
コメントをもっと見る / 書く