妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

77:大規模殲滅魔法

「久しぶりの手応えありそうな敵かなと思ったけど、ボクの敵じゃないね」

 僕の目の前には蛇型のランクSモンスターがいる。さっきから攻撃を躱して様子を見てるけど、全然当たる気配がない。動きも単調。こんなのに後れを取るわけがない。

「じゃあそろそろ、ボクからも行くよ。『黒鬼ノ衣コッキノコロモ』」

 僕の体に黒い魔力が纏わりつく。もう何度も使って慣れた感覚だ。
 僕は黒い魔力を右手にためる。
 すると、蛇は何かを察したのか、近くにあった岩を尻尾で飛ばしてきた。

「つまんないな」

 僕は飛んできた岩にちょこんと左手をぶつけた。
 すると、岩は原型を残すことなく、粉々に砕け散った。
 僕はそのまま蛇に向かって足を進める。
 蛇はボクに近づこうとはせず、ひたすら近くのものを投げつけてくる。

「そろそろ飽きた」

 僕は一気に蛇に近寄る。その速さで、蛇の鱗に右の掌を合わせる。

鬼黒衝破キコクショウハ

 右手に集めた黒い魔力を一気に放出する。
 その魔力を受け、蛇は後方へと吹き飛ぶ。
 それを追い、その衝撃でボロボロの蛇に向かって拳を振り下ろす。

拳鬼ケンキ

 もちろん黒い魔力を纏ってだ。
 その拳は的確に蛇の頭を砕き、蛇は絶命した。

「これで、ボクの仕事終了」

 黒い魔力を霧散させ、その桃色の髪をなびかせた。

『ライトレイ!』

 その後ろから、聞いたことのある声が聞こえる。振り返るとそこには胸に穴をあけた魔物が立っていた。
 その魔物が倒れ、姿を現したのはティナだった。

「それが、ランクSですか?」
「そうだよ、けどなんだか物足りなかった」

 その言葉を聞いてティナは笑う。

「それじゃあヨリヒメちゃん。今から右翼側の魔物の撃退勝負をしましょうか、ユウ様に撫でられる権利をかけて」
「よし、その勝負乗った! が、いい加減ちゃん付けをやめろー」
「じゃあ、よーいスタート」

 聞き耳を持たないティナは魔物に向かって走り出す。

「あっ、こら! せこいぞ」

 そう言いながらも僕は反対方向の魔物を狩るために走り出した。



「おおーっと、巨人の脇腹にノワールちゃんの尻尾攻撃が入りました」

 私は、目の前で戦っているノワール対巨人戦を見ている。もちろん周りの魔物を殲滅しながら、普段師匠と手合わせしたりしている私からしたら物足りない。
 黒竜の双剣を振り回し、流れるように敵を屠っていく。

「あっそういえばこれ使えば楽に終わるんじゃ……」

 私はあの半月前に取得したスキルの存在をすっかり忘れていた。

「さぁ、出ておいで、私の眷属。『ナイトバット』」

 そうすると、どこから現れたのか、私の周りには大量の蝙蝠がいた。

「周りの魔物を蹴散らしてきて」

 蝙蝠たちは私の指示を聞くと、群れを成して飛んでいく。一体の魔物に群がると、蝙蝠の群がっていた魔物が倒れ、息絶えていた。

「便利だけど、結構血を持ってかれるね、後でご主人様に頼まなきゃ。楽しみだなぁ、えへへ」

 私にとってご主人様の血ほどおいしいものはない。ティナの料理も目を見張るものだが、ご主人様の血と比べるものでもない。私はもうご主人様の虜であり、離れられないだろう。そういう自覚がある。
 だから私もご主人様のために出来ることなら何でもしよう。それぐらいの覚悟だ。
 そうこうしている内に、ノワールが巨人にとどめを刺そうとしていた。
 巨人の最後はあっけなく、最後はノワールの火によって燃やされた。いわゆるブレスと言うやつだ。

[むぅ、なんだか物足りないの]

 すると、巨人を倒し終わった、ノワールから、意思疎通が飛んでくる。

(じゃあ、魔物の殲滅数勝負をしようか、左翼側でね)
[わかったのです!]

 すると、ノワールは仔竜の姿に戻り、そこから竜人化する。
 私の目の前には9歳ぐらいの女の子が、身の丈よりも大きな槍を持っていた。

「私の竜槍ドライプニルが火を噴くのです」
「いや、槍は普通火を噴かないから」

 私は眷属を回収し、一度仕舞った黒竜の双剣に手をかける。

「それじゃあ、勝った方がご主人様に撫でてもらおう。よーいスタート!」
「え!? フロンねぇ、せこいなの!」

 そう言いながらもノワールは私と反対方向に走り、槍で魔物を倒していく。あの小さい体で、不釣り合いな槍を振り回す光景は何とも言えないシュールな光景だった。

 いつの間にか右翼と左翼で、魔物の討伐数対決が始まっていた。



「さぁ、殲滅戦と行こうか『変形モード魔法士マギア』『い。黙示録アポカリプス』」

 すると、黒霧のコートはコートからローブへと姿を変える。
 そして俺の左手には1冊の本。魔導書:黙示録だ。

天星ノ瞳ラノス

 俺は天星ノ瞳ラノスを使い、周りの冒険者の位置を確かめる。
 そして魔法の出力範囲を決める。

(エル。制御は任せた。それとスキル:詠力を使う)
《了解です。ますたー》

詠力:魔法を詠唱で使用することによって、消費魔力の若干の減少。出力増加が可能。

 俺は黙示録を開く。そこに掛かれているのは火と闇の合成型、大規模殲滅魔法。

《状態:クリア 制御:完了 スキル:詠力の使用を確認。いつでも行けます!》

 エルから合図が飛んでくる。
 今は魔物に囲まれている状況。もちろん何もせずにいれば、襲い掛かってくるのは当然だ。
 だが、俺に近づこうとするものはすぐに吹き飛ばされる。それは実体化したムラクモの仕業だ。俺が詠唱をするまでの時間稼ぎ役ってやつだ。

 そして俺は詠唱を始める。

『我は罪深き者 祖は紅より黒き焔なり 汝、万象を灰塵と帰す 地獄が望む罪火と化せ』

 大規模殲滅魔法の詠唱が終わり、魔法が紡がれる。

地獄想火ゲルニカ

 そして魔法が発動する。魔物で埋め尽くされていた草原は黒き焔で焼かれ、その光景はまさに地獄だった。



「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 蒼羽 彼方

    めっちゃわかるww

    0
  • 水樹 悠莉

    うわ無双しすぎやろこいつらwww

    8
コメントを書く