妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

71:アイリス・セイン・レルフォード

 俺がアイリスの剣の師匠を引き受けた後。
 レジーナがティアとフロンを送ってきてくれた。
 二人とも無事にランク昇格を終えたようだ。二人のギルドカードにはきちんとCランクと書かれていた。
 そして俺は黒ローブのアイリスをレジーナに引き渡した。

「すまない、姫様が無理を言って」
「いや、大丈夫だ。それとこれを引き受けた件で、レジーナに頼みたいことがあるんだが」
「なんだ? 私にできることならできるだけ力を貸そう」

 俺がレジーナに頼みたいのはティナのことだ。ティナは光属性、そしてレイピアを使う。レジーナの剣は突きの攻撃が多く、レジーナも光属性だ。俺よりも教えるのにはいいはずだ。

「俺が、お姫様の師匠を引き受けるんだ。レジーナにはティナの師匠になってもらいたい」
「え?」

 ティナから驚きの声が聞こえる。

「レジーナとティナの戦い方は似ている。属性も一緒だ。これ以上ない師匠だと思うんだが」
「そうだな。ランク昇格戦での戦いを見た限り、私と戦い方が似ている。よし、その件引き受けた。姫様をよろしく頼む」
「あぁ、こっちもティナを頼む」

 そしてそんな俺たちの会話を聞いた、アイリスとティナは口をそろえてこう言った。

「「勝手に私のやり取りをしないでください!」」

 それを聞いたフロンは笑い。それに釣られて俺とレジーナも笑ってしまう。
 ティナとアイリスは頬を膨らませて、少し不機嫌のようだ。
 最終的にはティナもレジーナに師匠の件をお願いし「ユウ様を見返して見せます!」と意気込んでいた。
 フロンが「私はどうすれば?」と言っていたので、とりあえず俺がアイリスと一緒に見ることになった。

「それではまた明日」
「はい! ユウさんよろしくお願いします」

 そう、言葉を交わしてからレジーナとアイリスは王城へと戻っていった。
 そんな俺たちを見ていたアーミルが「あれってレジーナ様?」と。
 それに反応したミラがため息交じりにこういった。

「ユウって本当に何者なのよ」

 俺は話笑いながら「何度も言わせるな。ただの冒険者だ」と返しておいた。
 その後アーナさんのご飯を食べ、俺たちは今日の疲れがあったせいかすぐに寝てしまった。



_______
アイリス視点

 私はよく王城を抜け出し、一般区を見て回る。
 お姫様とか言われているが、先祖返りで髪は黒色。本当の意味で私の周りには同じと言える人がいなかった。
 別に酷いことをされていたわけでもない。ただ、お姫様として王城にいるのがつまらないのだ。
 だから私は剣を取り剣を学んだ。普通ではない私は、普通でない剣を取り、普通ではない行動をとる。
 レジーナにはよくどやされていた。「勝手に外に出ないでください」だとか「危ないことはしないでください」だとか。いいでしょ?少しぐらい私の好きにしても。

 そんなとき王城で、魔王に対抗するために勇者召喚が行われた。
 私と同じ黒髪の男と女が2人ずつ。
 その勇者を対応したのは、ノクタお兄様とイリアお姉さま。第一王子と第一王女だ。
 私が対応として勇者の前に出ることはなかった。
 同じ黒髪、私と同じ、でも私はその人たちに興味を持つことはできなかった。
 異世界召喚と呼ばれるこの勇者召喚で呼ばれた人たちは、強大なスキルを持つと言われている。
 だがこの人たちはその意味を全く理解していない。
 戦闘訓練を行うために、王都の外に出る。ゴブリンたちとの戦闘を試すが、女の一人がけがをすると、男の一人が撤退を促すのだ。訓練にすらならない。
 しばらくして4人は修行と称して王都を出た。はっきり言ってやっと邪魔なものがどっかに行った。とかそういう感情が多かった。

 そんなとき、黒髪の少年をほかの場所で発見したという情報が王都に入った。
 私はどうせ、今回の勇者とそう変わらないのだろう。そう思っていた。
 だから、私はそんな情報どうでもいい。そしてまた私は自由に過ごしていた。
 するとお父様からお呼びがかかった。どうやら、その男がこの王城に来る様だ。今対応として出れるのは私とお父様以外にはいなかった。
 その男への伝令はわざわざレジーナが向かったそうだ。
 私はお父様に「わかりました」と答え。またいつも通りに過ごす。剣を振り、街を歩く。

 私はいつも通り一般区を歩いていた。一般区はいい。王城と違って賑やか過ぎるぐらいにぎやかだ。
 そんなことを考えていた時。横にあった、馬車の荷台が崩れた。私はそんなことに気づきもしなかった。
 そんな私はいつの間にか誰かに抱えられ、馬車から少し離れた位置に移動していた。一瞬の出来事だった。
 その男の人は腰に二振りの剣。黒いコートを着て黒いマフラー。赤い眼をしていて、黒髪だった。
 その人の手は私の胸にしっかりと触れていた。
 私は助けてもらったことより、恥ずかしさの方が勝り、すぐに飛び降り逃げ出してしまった。ぺこりとお辞儀を返したが、お礼も言わずに逃げ出してしまったのだ。
 そのあと王城についても、胸のどきどきが収まらず、顔が真っ赤だった。
 侍女からも心配されるぐらいに、胸が苦しかった。
 そして、お父様からお呼びがかかる。例の人物が来たそうだ。
 私は予想がついていた。あの人だと。
 部屋のドアが開けられ、そこには予想通り、さっきの男の人が立っていた。
 そしてせっかく治ってきていた、胸がまた苦しくなる。
 あの時は私黒いローブを来ていたため気づいてはもらえなかった。

 話を聞くと、この人は全然勇者たちとは違うことが分かった。
 黒竜の撃退が、一番私の印象に残った。
 これで、今はまだCランクだという。そしてランク査定が行われることになった。
 試験は簡単。レジーナと戦うだけ。
 私はレジーナに剣を教えてもらっていた。ある程度ならこなせるつもりだ。
 冒険者ランクで言うならDぐらいには。
 だが、二人の戦闘は圧倒的に私とはレベルの差があった。
 あれで、Cランクなんて嘘だ! そう言いたくなった。
 だが、私はレジーナよりも彼の方を目で追っていた。最終的にはレジーナが勝ったがそれでも私は彼に剣を教わりたいと思ってしまった。

 私は彼がギルドに向かったと聞き王城を飛び出した。
 そして私は、あの胸の件を使い、件の師匠を引き受けてもらった。
 その時は胸が苦しくてそれを紛らわす為に飛んで喜び。赤い顔を隠すために後ろを向いた。
 うれしかった。安心した。これで彼とまだ一緒に居られる。そう思ってしまった。
 そして私は気づいてしまった。これが私の初恋だということに。

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    おめでとう!悠!w
    さーて、悠のことが好きな人は何人になるかなぁ?w

    2
コメントを書く