妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

62:妖刀の共刀

「助けてほしかったら二つ条件を呑め」

 俺は女にそう言った。
 女は、俺に「えっ?」という表情を向ける。

「お前ら二人も聞け! 助けてほしかったら今から言う二つを守れ。そしたら助けてやる。

 俺は声をあげ、交戦中の二人にも聞こえるように言った。

「あんたに何ができるの!」

 気の強そうな、槍使いの女が俺にそう言ってくる。

「守れないなら俺は、俺はここから去るよ。せいぜいオークたちとお楽しみに」

 俺がそう言って、森の入り口、王都の方へと足を進めようとすると血塗れの女が俺のコートの裾を掴んだ。
 振り返ると、女は首を振って「行かないで」と言いたいようだった。

「約束、守れるか?」

 俺がそう問うと、女は静かに頷いた。

「お前の仲間はこういってるが? どうするんだ?」

 俺ならこの女だけを連れて行くのは簡単だ。

「わ、わかったわよ! 何でも聞いてやろうじゃない!」

 槍使いの女がそういうと、もう一人の盾と剣を装備した女も頷いた。

「じゃあ、まず一つだ!」

 俺がそういうと、槍使いが「ここで?」みたいな表情で、こちらを見る。

「これから見る俺の戦闘を絶対黙秘しろ。で、お前達は一カ所に集まれ、その方が殺りやすい」
「わ、わかった」
「はい」
「ん」

 2人はオークを引き剥がし、俺の近くまでやってくる。俺の後ろにる女はどうやら後衛役職みたいだ。
 2人がこっちに来ると、当然その2人が相手していたオークたちも追いかけてくる。

(さぁ、ムラクモ、ヒサメやるぞ)
〝ん、任せて〟
〝やっと、おねぇさんの出番?〟

 俺は右手にムラクモを持っている。そしてそれを逆手に持ち替える。
 そして左手で、逆手にヒサメの柄を持ち引き抜く。

 女たちは刀みたいな長い武器を両手、逆手もちで持つことに驚いている。

『ムラクモ! 自在ジザイシュク』『ヒサメ! 雹璃ヒョウリ参刃サンジン

 右手に持つムラクモが短剣サイズまで短くなる。
 左手に持つヒサメは刀身が砕け、短剣サイズに、そして折れた残りの刀身が3本の刃を形成する。

「え? なにこれ……」

 槍使いの女が、驚きの声をあげる。

「さぁ、いくか」

 俺は目の前のオークに突っ込む。オークは俺めがけて棒を振り下ろすが、それは氷の刃によって防がれる。
 そのまま、俺はオークの心臓部をムラクモで一刺し。
 残りの2本の氷の刃が、隣にいたオークの頭を貫き絶命させる。
 ここでは大規模魔法は使えない。あの3人を巻き込んでしまうからだ。
 すると、俺をすり抜け、1体のオークが3人に迫る。

『黒影縛鎖』

 俺はとっさに魔法を発動させ、オークの動きを止める。

『貫き穿て。ムラクモ! 自在ジザイシン

 俺はその動きが止まったオークにムラクモの切っ先を向け伸ばし、心臓を貫いた。

『自在:縮』

 元の短剣サイズまでムラクモを戻し、次の標的に走り出す。
 オークは俺を迎え撃つため、棒を構える。

『縮地』

 俺はオークの懐に瞬間的に忍び込み、ヒサメで首を刈り落とす。

『炎剣:焔』『水剣:水刃』

 ムラクモには炎、ヒサメからは水の斬撃が飛び、左右のオークの首が飛ぶ。
 そのうちに氷の刃2本はもう一体のオークを仕留める。1本は女3人のところにいる。
 あと残り5体。

 そして俺の横には二体のオークが迫ってきていた。
 もちろん、予想済みだが。

『双風剣:鎌鼬陣カマイタチジン

 俺はムラクモ、ヒサメ両方に風を纏わせ、体を捻るように回転させ、風の斬撃を円状に飛ばす。
 オークは胴と足が離れ、絶命した。

『妖忌術:朧』

 オーク一体の周りに靄がかかる。その目はまるで焦点があっておらず、俺を捉えることができない。
 そして俺はそのまま首を刈り取った。
 そしてもう一体はまた、2本の氷の刃によって切り刻まれていた。
 残り1匹。
 この群れを仕切っていた、オークの上位種。オークジェネラルだ。

『雹璃:シュウ』『自在:刀』『縮地』

 俺はヒサメとムラクモを刀に戻し、ヒサメを納刀して瞬時にオークジェネラルに接近する。

『黒炎刀:素戔嗚スサノオ

 黒い炎を纏ったムラクモによって、オークジェネラルは鎧ごと真っ二つになった。

 女三人は、この状況に驚きのあまり声が出ず。ただ、この惨状を眺めることしかできなかった。

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    今回も面白かった

    0
  • ペンギン

    面白いです!これからも頑張ってください!

    1
  • りぃえる9029

    面白いですが、誤字が多いですね! これからの更新も期待してます!

    7
コメントを書く