妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

32:吸血鬼

「俺の血を吸え」

 そう聞いた。フロンは「え?」っといった感じに驚いているが、俺は状況整理をさせない。きっと、奴隷契約の正式・・な命令権を使えば、きっとすぐに終わるんだろうけど、それはしたくない。

「あ、あの……ん!?」

 俺はマフラーを外し、フロンを抱きしめた。
 というより、フロンの顔を俺の首元へと押し付ける感じだ。

「何か理由があるのかもしれないのは分かってる。けど今お前に死なれると困るんだ」
「それは、私に金貨1枚もかけたからですか?」
「違う。俺はそんなことで決めたりしない。お前は自分が苦しいのに、俺の心配をした。そんなお前だから買おうと思ったんだ。」
「そう……ですか。では、後でいくらでもお叱りは受けるので、失礼します」

 何を叱ることがあるのだろう。俺が命令したことなのに。
 そういうとフロンは、俺の首に口を宛がい、そして噛んだ。血を吸れる感覚は、脱力感に似たものだった。
 そして、血を吸い終わったフロンはというと、脱力し、俺にもたれかかっていた。顔を赤くし、息も洗い。しかも、茶髪だった髪は金色の髪へと変わり、目も黒色から金色に、背中からは小さい翼が二枚あった。
 どうやら、変化と隠蔽が解けてしまったみたいだ。
 そしてこんなことを言うのだ。

「ご主人様の魔力が濃すぎて……」

 その顔は蕩けきっていた。目もとろんといしていて、どこかエロい。

(エル。これはどういうことだ?)
《吸血種は血を介して、魔力も吸います。そのため脱力感を感じるのかと、そして、ますたーの魔力は膨大なので、それを取り込んだ影響だと思われます》

 なるほど、これからは気を付けないとな。俺はいくら魔力を吸われても、魔物さえ殺せば、解離魂で回収できるから大丈夫だしな。

「大丈夫か、フロン?」
「は、はい大丈夫です」

 ようやく正気に戻った。ちらっと横を見ると、ティナとムラクモが俺にジト目を向けていた。
 いつの間にムラクモは人化したんだよ。ほら、フロンが驚いてるだろ。

「まぁ、お互いまだ知らないことが多いだろうから、とりあえず自己紹介だ。俺はさっきも言ったがユウだ。まぁ呼び方は好きにしてくれ」
「わかりました。ご主人様」

 俺の呼び方はご主人様で決まりらしい。次はティナだ。

「私の名前はティナ・アカーシャ。気軽にティナって呼んでください」
「はい」
「次、私?」
「そりゃな」

 そう聞いてくるのは勿論ムラクモだ。

「私の名前はムラクモ。同じユウのもの同士仲よくしよ?」
「おい、確かに間違ってないけどやめろ」

 ムラクモが言った言葉に混乱したのか、「まさか、私と同じ奴隷?」とか言い出した。

「まぁ、見たほうが早いか、『来い、ムラクモ』」

 俺がムラクモをぶと。ムラクモが黒い霧に包まれ、俺の手に一本の刀が現れた。

「まぁ、こういうことだ」
「いや、こういうことじゃわからないですよ。ご主人様!」

 あぁ、1から説明するのはめんどくさい。エルに任せれば楽なんだろうけど……。

「ティナ、説明頼んでもいいか、ざっくりでいい。俺は補足に回る」
「わかりました」



 ティナの説明はとても分かりやすかったが、内容が規格外すぎて、なかなか伝わらなかった。最終的に、「ご主人様すごい!」で終わった。説明にはもちろん、この後の説明ギルドに行くこと・迷宮に潜ることも含まれている。
 まぁ、罠解除については最悪、エルの能力でコピーすればいい。盗れるかどうかは別にして。
 それと、早くこの目をどうにかしたいな。
 ようやく1時間が立ち、奴隷商が戻ってきた。
 エルが知らせてくれていたので、ムラクモは刀に戻っており、フロンは隠蔽と変化をかけなおし今、俺にお姫様抱っこされている。
 まぁ、帰ってきたら、さっきまでぐったりだった、奴隷の体調が元に戻っていたらそれは驚くだろうからな。カモフラージュってやつだ。

「世話になった。また機会があれば頼む」
「はい。またのご来店を、お待ちしております」

 俺たちは、奴隷商に見送られながら店を後にした。


 なぜ奴隷になったのかの経緯はギルドの帰りに聞くとして、とりあえずフロンのステータスチェックだ。


『フロン・フィール 女 
 年齢 :12
 種族 :吸血種
 職  :奴隷(元姫)
 属性 :雷
 スキル:雷魔法 変化 隠蔽 夜目
 ユニーク:吸血
 耐性 :幻術耐性 精神攻撃耐性
 武器 :なし
 防具 :奴隷服』

 吸血:相手の血を吸うスキル。血を介して魔力を吸うこともできる。吸った後の魔力は、体力回復・魔力回復に使用可能。

 隠蔽:自分のステータスを隠す書き換えることができるスキル。

 変化:自分の姿を変えることができる。吸血鬼の場合は蝙蝠などが代表例。大きいものになる場合はそれ相応の魔力を消費する。一度変わりさえすれば、任意以外でダメージなどを受けない限り解けない。

 夜目:暗い場所でも、関係なく周りを見ることができる

 思っていた以上にスキルは少なかったが、よく見れば、雷属性だし、隠蔽と夜目も持ってるな、罠解除スキルを譲渡すればいいかもしれないな。また、朝ティナと一緒に、何かやらせてみるか。

 まぁ、今はとりあえず、飯だな。

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー86728

    息が荒いが息が洗いになっています

    6
コメントを書く