妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

12:天叢雲剣

 さっきの武器屋の中で気になったことがあったからギルドに行く前に宿へと戻ってきた。勿論この妖刀についてだ。
 俺はティナもつれて部屋へに入る。

(おまえ、俺の言葉が聞こえるか?)

 俺は試しに、この刀に対して呼び掛けてみた。

〝うん〟

 おっ返事が返ってきた。やっぱり、鑑定してスキルを認識来たことで話せるようになったみたいだ。
 頭に響く声は、明らかにエルとは違って、幼いような声。

(お前がこの刀ってことで合ってるか?)
〝あってるけど、お前って名前じゃない。ムラクモっていうちゃんとした名前ある〟
(そうか、わかったムラクモだな)

 俺の言葉を聞いてもなかなか返事が返ってこない。しばらくすると弱々しい声でつぶやいた。

〝刺してごめん……なさい〟
(あれはお前のせいじゃないだろ。お前はただ使われただけだ)

 俺は慰めるように、優しく優しく声をかける。でもこうやって俺たち頭の中で会話しているのはティナにとってとても不思議なものだ。まず話していることすらわからないだろう。ティナとしては用事があると宿に戻ったのに、その肝心な俺がぼーっと部屋で立っているだけなのだから。

「やっぱりティナには聞こえてないよな」

 俺は確かめるようにティナへと問いかける。

「なにがですか?」

 まぁ当たり前の反応だ。いい加減説明してやろう。まぁエルについては置いておくとしてムラクモについて教えとこうかな。

《……》

 エルが何か言いたそうだが今は無視だ。というかエルについては説明しにくいしな。

(怒んないでくれよ。いずれ機会があったら話すから)
《ますたー 私は別に怒ってなんてないですよ?》

 明らかにいつもより冷たい。

(とりあえず今は、二人だけの秘密だ。いいか?)
《……ますたーが、そう言うなら。これは二人だけ・・・・の秘密です》

 ようやく機嫌が直った。二人だけって単語に無駄に協調してたけど、反応はしないでおこう。
 よし、次はティナにムラクモを紹介しないとな。

「えっとな、今こいつ、ムラクモと会話してるんだ」

 そう言って左手で柄をさわると、案の定ティナは。何を言ってるんだみたいな目を俺に向ける。まぁ俺も、ティナと同じ立場だったら、同じ顔をしていただろう。
 手っ取り早く説明するために、鑑定の時に気になったスキルを試そう。まぁ最初からそれを実験したかったから部屋まで戻ってきたんだけどな。

(さっき鑑定したとき<人化>ってあったんだけどできそうか?)

〝たぶん〟

 多分かよ。まぁ物は試しだ。で、どうやってやるんだ?

《解析終了、刀を床に突き刺して名前を呼べばできるそうですよ。ますたー》

 俺の問いに、適切な回答を述べるエル。
 頭の中でムラクモとエルの声も聞こえるごちゃごちゃしそうだな。これが脳内会話の怖さか。
 えっと、たしかムラクモを床に突き刺して名前を呼べばいいんだっけか?
 俺は静かに刀の柄に右手を置き、ムラクモを抜刀する。
 いきなり刀を抜いたせいでティナがびっくりしている。落ち着かせるために左手の手のひらをティナに向ける。
 そしてスキルを使うために右手で持ったムラクモを部屋の床へと突き刺す。少し穴が開くだろうが仕方ない。許せ。
 そして俺は、ムラクモを突き刺した後に名前を呼ぶ。

「ムラクモ」

 すると刀が黒い霧に包まれた。それは俺の手を、刀を中心にして渦巻いた。ふと、右手の手のひらから柄の感触が消える。霧は少し前に進むと1カ所に集まる。
 少しして、黒い霧が晴れたと思ったらそこには一人の少女がいた。俺の近くにも、少女の近くにも天叢雲剣も見当たらなかった。それはつまり、あの少女が<人化>のスキルを使用したムラクモであることを示していた。ムラクモは、あの黒い刀身の刀の擬人化とは思えないほどの純白の髪。血のように赤い目。見た目12.3歳ぐらいの少女が全裸で立っていた。

 綺麗だったのでつい見とれてしまった、すると頬が少し赤くなっていた。少しは羞恥心があるみたいだ。
 ようやく状況を理解したティナが後ろから俺の目を手のひらで覆う。すると次は後ろからティナの胸が背中に押し付けられる。それは俺の背中に当たり形を変えた。ご褒美かな?

「ななな、なんでいきなり刀がこんな少女になるんですか!しかもなんで全裸?」

 ティナは訳が分からんと叫ぶ。少女にしたのは俺だが、全裸なのは知らない。

「とと、とりあえず何か服を……」

 あわあわと、慌てるティナ。それとは別にムラクモは無表情で指示する。

「鞘、とって」

 少女から発せられた声はさっきまで頭の中で聞こえていた声と全く同じものだった。ちなみに俺の目はまだティナの手によって覆われたままだ。それでも腰に差してある鞘をとることぐらいはできる。ベルトから外した鞘をムラクモに渡す。
 また黒い霧が出たようで、少しの風を頬に感じた。少しするとやっと目隠しが外れた。目の前にはさっきまでのように全裸ではなく、ちゃんと服を着たムラクモがいた。袖は長くひらひらと、だが裾はミニスカートみたいに短い、そんな感じの黒い着物、そして髪の色に近いニーソを履いていた。靴は下駄だった。完ぺきなほどの和風美少女だ。
 ムラクモは俺の顔をしっかり確認すると、

「ユウ!」

 俺の名前を呼びながら俺に突進してくる。こんな狭い部屋でよけれるわけもなく、俺はムラクモを真正面から受け止めた。腕の中からムラクモの声が聞こえる。さっきよりも、弱々しい声が

「ごめん、、ごめん」

 腕の中で謝るムラクモの顔を見ると目からは涙が流れていた。
 俺を刺したことを、殺してしまったことを、まだ後悔しているみたいだ。さっきもいいって言ったのにな。だからまた声をかけてやる。今度は頭をなでながら。

「あれはお前のせいじゃないだろ。あと俺は悔しいが後悔はしていない。おかげでこの世界に来れた。で、こうやってお前と話せるんだしな」

 俺はムラクモに笑顔を向ける。ムラクモは俺の胸で泣きながら対抗してきた。

「だからお前じゃない。ちゃんとムラクモって名前がある」
「そうだったな、けど今はとりあえず泣いとけ」

 そういうとムラクモは俺の腕の中で「ユウ、ユウ」と泣きながら俺の名前を呼び続けた。

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く