妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

8:唐突に

 館を出ると夕日が落ちかけていた。急いで宿に向かうとしよう。

 紹介された宿に着くまでにこの世界のお金について教えてもらった。
 この世界では大きく分けて銅・銀・金・朱で分けられているようだ。
 銅貨1枚が日本円でいう10円、大銅貨が100円だという。
 銅貨100枚もしくは大銅貨10枚で銀貨一枚、銀貨一枚が1000円のようだ。
 まとめるとこうだ。

銅貨100枚=大銅貨10枚=銀貨1枚
銀貨100枚=大銀貨10枚=金貨1枚
金貨100枚=大金貨10枚=朱貨1枚

 金貨1枚10万だ朱貨にいたっては1枚で1千万だ。
 これでお金に関することはわかった。
 お金について話し終わると丁度、宿についた。
 宿の名前はノルン。紹介状に書かれている名前と一緒だ。

「ここみたいだな」

 俺がドアを開け中に入ると、俺たちに気づいた。女性が出迎えてくれた。

「ようこそノルンの宿へお泊りですか?」
「はい、すいませんこれを」

 ティナはそう言って手に持っていた、伯爵からもらった紹介状を渡す。

「あー伯爵様のお客人ですね、部屋の希望はありますか?」

 たぶん伯爵は客人にはここの宿を進めているのだろう。まぁ伯爵が進めてる店なら安心なんだが。
 まぁ早く休みたいし、さっさと受付を済ませたい。 

「じゃあ二部屋を……」
「一部屋で!ベットも一つでいいです」

 ティナが俺と女性の間に割り込み宣言する。明らかに問題発言だ。このままでは俺がティナと一緒のベットで寝ることになってしまう。まぁ、いざとなれば俺が床で寝ればいいんだが、疲れたベットで休みたい俺は抗議する。

「ちょっティナ何勝手に……」
「かしこまりました。大銅貨2枚と銅貨5枚です」

 悪意があるタイミングで女性店員が話に割り込んでくる。
 ティナは伯爵からもらったお金の袋から銅貨を取り出し女性に宿代を払う。

「では、こちらへどうぞ」

 女性はニヤニヤしながら俺たちを部屋へ案内する。そのあとに続くティナ。少し頬が赤く染まっていた。
 どうやら俺に拒否権はないようだ。

 2階の部屋に案内されると案の定ベットは一個、クローゼットらしきものが一つと机と椅子が1セットあった。確実に一人用だった。俺の方は自然と下がった。

「この部屋の鍵はこちらになります。それと夜のご飯はどうなさいますか?一人1食、銅貨5枚ですが」
「じゃあ、明日の朝も含めて2人夜朝の2食分お願いします」
「大銅貨2枚になりますね」

 ティナがお金を払いカギを受け取る。

「それでは、ご飯になりましたらお呼びしますので下までお越しください」

 そういうと女性は下へと戻っていた。その顔がにやけていたのは言うまでもない。
 とりあえずこの状況を説明してもらおう。

「で、ティナこれは何のつもり?」
「だめだったでしょうか?」

 ベットに座っている俺に対し、床に正座して座るティナが上目遣いでそんなことを言ってくる。そんなこと言われたら何も言えないじゃないか! 可愛いのは反則だと思います。

「まぁいいけど床に座るな、椅子かベットに座れ」

 俺が命令口調でそういうと、ティナが首をかしげる。そしてしぶしぶ立ち上がる。

「はい、それと思ったんですがユウ様、性格かわりました?」
「ん?なにがだ?」
「いえ、森であった頃よりすこし口調が強くなっているので」

 まぁ、それは盗賊に襲われたばかりの女の子に、強い口調はさすがにね? 俺だってそんな鬼畜じゃないからね。

「こっちが素だ」
「そういうことなら、わかりました」

 これで納得してくれたみたいだ。 
 しばらくするとご飯に呼ばれたのでさっさと済ませることにしよう。
 この世界のご飯は、普通においしかった。ただ一言言うなら、コメが欲しかった。

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー275924

    疲れたベッドで眠りたい……だと………

    0
  • ノベルバユーザー304999

    異世界転生主人公あるある①
    米が欲しいィッ!

    0
コメントを書く