妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

4:ステータス

 彼女がそう口にすると目の前にさっきの護衛たちのカードを少しデカくしたようなカードが空中に浮いていた。彼女がそのカードの端にさわるとカードは反転しこちらに向いた。

 この文字はこの世界のものだろう、しかし読解というスキルを持つ俺にはしっかり読めていた。ほんとスキルって便利。カードにはこう書かれていた。

『ティナ・アカーシャ 女
 年齢 :15
 人種 :人種
 職  :巫女
 属性 :光
 スキル:家事 料理 交渉術 剣術 神楽 回復術 光魔法 房中術
 ユニークスキル:神託 』

「へぇーステータスとかスキルはこういう風に表示されるのか」

 初めて見るステータスカード。護衛たちのには、スキル関連のものは表示されていなかった。
 そしてこの子のスキルには、家事に料理、剣も使えて回復もできる。この子物凄い優秀なのでは?いいお嫁さんになる。とか思った俺がいた。
 そして気になるスキルが一つ、その名前は房中術。
 房中術ってあれだよな、これって俺見て良かったのか?

「どうかしましたか?」
「いやこれ普通に見せてもいいのかなって思ってさ」

 俺は見てはいけないものを見てしまった。そんな罪悪感にかられた。

「このカードは出して、本人が隠したいものを項目を指でなぞることで、暗号化できるので大丈夫ですよ?」

 そういわれて、俺はもう一度カードを確認した。確認したがどこを見ても暗号化された文字なんて一個もない。

「これ暗号化してる?」
「してますよ?」

 何を言っているんだ。そんな風に思った彼女は俺の横から顔を出し、のぞき込むようにカードを見に来た。いい匂いがした。

「はい、しっかり」

 暗号化されていることを確認した彼女は元の位置へと戻った。
 そういわれ、俺はなんとなくわかっていた項目を指さし、「これ?」と聞いてみた。

「はいそうですよ?」

 なにをあたりまえな、と言いたげにこちらを見ていた。

「……房中術」

 そして俺はその暗号化されているだろう、スキルの名前をぼそっと呟いてみた。
 恐る恐る横を向き彼女を見ると、

「……え?」

 そんな声と共に、顔が真っ青に、と思ったら真っ赤になった

「な、なななんで読めてるんですか!!」

 すごい速さで詰め寄ってきた。そして俺の肩を大きく揺さぶった。

「ごめん、そういうスキルがあってさ」
「はぁ~」

 彼女は肩を落とし、ため息をついた。もう何かをあきらめたように。

「み、見られたのは仕方ありません。ほんとにあなたは規格外なのですね。私のことはティナと呼んでください。これからよろしくお願いします」

 彼女は俺から離れ、また頭を下げた

「わかったよ、よろしくねティナ。じゃあ次は俺の番だなって言っても出し方わからないんだけど……」
「簡単ですよ。<顕現>と唱えるだけです」

 なんだそんな簡単なのか。もっとこう、魔力的な何かいるのかと思ってた。

「わかったよ。<顕現>」

 そして俺は言われた通りに唱える。すると俺の目の前にカードが出てきた。

「おっ出た!」

 なんか、初めておもちゃをもらった子供の気分だ。そしてカードにはティナの時と同様いろいろなものが書かれていた。

『ユウ・ツキカゲ 男
 年齢 :16
 種族 :人種
 職  :妖魔師
 属性 :UNKNOWN
 スキル:剣術 刀術 妖術 闇魔法 影移動 鑑定 先読み 言語 読解
 ユニークスキル:解離魂 黙示録
 耐性 :斬耐性 幻術無効
 武器 :妖刀 天叢雲剣
 防具 :黒霧のコート』

 予想以上に多かった。気になるものがいくつかあるがあとで確かめることにしよう。俺がカードを出したのを確認すると、ティナから声がかかった。

「出てきましたね。見せてもらってもいいですか?」

 浮いているカードを回転させティナへと見せる。
 そして、俺のステータスカードを見ると、ティナの表情が固まった。

 しばらくして表情が元に戻るとティナはぶつぶつ小言を言い始めた。「え?」とか「なんで?」とか戸惑いの声が聞こえてきたが、無視だ無視。だって俺だってよくわからんのだから。

「はぁ~」

 そして全ての項目を確認し終わったティナからため息が聞こえた。ティナは指でカードを俺の方へと戻す。

「なんでユニークスキルが2つあるのか、この職はなにか、そもそも属性UNKNOWNってなんですか、しかも妖刀装備してますし、聞きたいことはいろいろありますが今は流します。とりあえず、お名前は何とお呼びすればいいですか?」

 ティナは明らかに肩を落としていた。もうすでにあきらめているようだった。

「俺の名前はツキカゲ・ユウ、ユウでいいよ」

 俺はティナに改めて名前を名乗った。

「ユウ様ですね」
「え……様?」

 そして予想とは別の呼び方が返ってきたので、驚きながらも少し首をかしげてみた。

「それは、私は助けられた身ですし、当然かと」

 (当然なのか?)

《なわけないでしょう》

 当然のようにエルから返答が返ってきた。まぁそうだよね、と思った瞬間また爆弾が飛んできた。

「これから私はユウ様にお仕えする気満々ですし?」

 ん!?
 なんかさらっとすごいこと言ってない? 気のせい? 違うよね

「お仕えするって?」

 聞き間違いじゃないかと、確かめるように聞いてみた

「そのままの意味ですよ、ユウ様についていきます。どこまでも!」

 そして案の定聞き間違えではなかったようだ。しかも無駄に最後強調してるし。

「で、なんでついていくことになってるの?」
「理由は二つです」

 1つ目は
「私が単純に規格外なユウ様がこの先どんなことをしていくのかに興味があるからです」

 2つ目は
「私はユウ様に助けられました。ユウ様がいなければ私は今ここにいません。助けてもらったこの命ユウ様のためなら私はなんでもします」

 女の子になんでもなんていわれて期待しない男がいるだろうか。少なくとも俺は期待する。そんな俺の思考を読んだのかちょっと頬が赤くなってる気がする、気がするだけかもしれない。

「な、なななんでもと言っても、その……」

 いや赤くなってるわ、しかももじもじしてるし。

「まぁついて来てくれるのは、助かるし、可愛い子と旅できるのは嬉しいんだけど、これからのこととか全然決まってないよ?」

 俺が可愛いというとより一層、顔を赤く染めた。ちょっと面白い。
 そして、顔を赤くしながらも俺の問いに答えた。

「構いません」
「そう? ならこれからよろしく。ティナ」
「はい、よろしくお願いします。ユウ様」

 けどやはり様付は恥ずかしい。けど俺にはなんとなくわかる。やめてと言ってもやめてくれないだろうと。

「それじゃあこれからのことを決めたいと思うんだけど、それは明日にして寝ようか」

 俺は諦めそう口にした。

「そうですね」

 俺は草の上に横になった。コートに丸まりながら。
 エルって睡眠とかとらないの?

《私は精神体です。一切の睡眠、食事を必要としません》

 それじゃあ悪いけど、ここら周辺の警戒をお願い。何かあったらすぐに起こして。

《了解しました。ますたー》

 これで寝てる間のことは気にしなくていいかな。

 そして、目を閉じ、寝ようとしたとき。後ろから音が、そして背中に何やら柔らかいものが……

 恐る恐る振り返るとそこには案の定、ティナがいた。

「寒いのでこうしてていいですか?」

 上目遣いで方を染めて、そういってきたのだ。

「え?あっうん」

 俺は驚きのあまり即答してしまった。

「ありがとうございます」

 そう言った後ティナはしばらくして寝息を立て始めた。
 そして、その頃俺はというと。

 こんな状況で寝れるわけないじゃん!!

 と言いつつも疲れもあり眠気に負け、最終的に眠ってしまうのであった。

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー284939

    彼女なしに喧嘩売ってんのか?

    1
  • ノベルバユーザー189897

    方を染めてじゃなくて頬を染めてじゃないですか?

    0
  • ペンギン

    「方を染めて」ではなく、「頬を染めて」ではないのですか?
    間違えていたらごめんなさい!

    0
コメントを書く