妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

5:道中

 木々の隙間からこぼれる光が俺の瞼に直撃した。

「眩しっ」

 そして俺は前に向かって手を伸ばした。

 ふよん

 ん?なんだこれ。

 むにむに

 なんだこの柔らかいものは。このとき俺はうすうす気づいていた。そして

「あっ、んっ……」

 ティナの艶めかしい声を聞き、一気に意識が覚醒した。
 そーっと目を開けるとそこには案の定ティナがいた。
 背中にいたはずのティナがなぜか目の前に。
 俺の手を見るとティナの豊かなそれをしっかり揉んでいた。

「んーあっユウ様おはようご……」

 きっと何かの刺激で目を覚ましただろうティナは固まった。
 目の前に俺の顔があったのにも驚いたのだろう。だがそれ以上に俺の手が置かれている場所に驚いているのだろう。
 そして、状況を確認したティナは顔を真っ赤にして俺にこういった。

「いっいつまで触っているおつもりで?」

 俺はその言葉を聞きすぐに手をどかし謝った。

「ご、ごめん」

 ティナはよっぽど恥ずかしかったのか、すぐに起き上がり荷物の整理を始めた。

《ますたーはえっちですね》

 (うるさい!)

 俺はエルに冷やかされながらも町へ向かう準備をした。



「さて、じゃあとりあえず町に向かうってことでいいか?」
「はい、それでいいと思います。私もあいさつしなければいけないところがありますし」

 朝の出来事のせいか、若干まだティナの顔は赤いが気にしない。
 そして俺は疑問を口にした。

「あいさつ?」
「はい、もともと私はオルディナの町にて伯爵のもとにお世話になる予定だったのです。なので今の状況を説明しにいかなければならないので」

 まぁ理由もなく盗賊の出る道なんか通らないか。

「わかったよ、ちなみにオルディナの町まではどのくらいかかるの?」
「今からですと、もう結構近いので歩いても夜には着けるかと」

(エル、俺がティナを担いで走った場合、オルディナの町にはどのくらいで着きそう?)

《ますたーが走って向かった場合、昼過ぎには着けます》

(じゃあそうしようかな)

《マスターの速さはこの世界では異質なので、人に見られるのは少し危険だと思います。ですので人目には注意してください》

(ん、りょーかい)

「どうかしたのですか?」

 エルとの会話が聞こえていないティナが声をかけてくる。

「いやちょっと考え事をね?」

 訳も分からず、首をかしげているティナ。

「ティナ、今ある荷物を抱えてくれる?」
「え?あっはい、持ち物は少ないので大丈夫ですが」

 そう言って鞄などを集めだす。
 集めた荷物を両手に抱える。俺に荷物はないから全部ティナのものだ。

「これで全部だと思います」
「じゃあちょっとこっちに来てくれる?」

 俺が手招きするとすぐにティナがよってきてくれた。俺はティナの横に陣取ると、声をかけた。

「今から急いで町に向かうんだけど、怖がらないでね?」

 意味をよく分かっていないティナはまた、首をかしげる。そんな様子をお構いなしに俺はティナをお姫様抱っこした。

「えっえ?あ、あの」

 状況を理解できていないティナをよそに森から歩いて道に出る。

「町ってどっちだっけ?」
「えっとあっちです」

 ティナはお姫様抱っこの状態から右手を町のある方向へと指さした。

(じゃあエル、周りの警戒をお願い)

《了解です。ますたー》

 俺は町の方へ向き走り始める。

「危ないからつかまっててね」

 俺は徐々にスピードを上げていく。ティナを助けに入るときよりかは遅いがそれでも十分早かった。
 ティナはというとあまりの速さに驚いているのか、俺の首に腕を回ししっかりくっついている。
 ティナのいろいろな部分が当たってやわらかいなんて思っていると……

《ますたー、周りに魔物の気配、数4です》

 とっさに地面を思いっきり踏み込み、急ブレーキをかける。

「ど、どうしたのです?」

 急に止まったことに驚いたのか慌てているティナを地面へと降ろす。

「ちょっと待っててね」

 ティナに手を向け静止させる。
 俺はそっと右手を刀の柄へ添える。すこし腰を落とし目をつむる。
 すると、目の前の草が揺れ、2匹の魔物が出てきた。それは狼型の魔物だった。
 鋭い爪をこちらに向け、飛びかかってきた。だがしかし狼型の魔物はいつの間にか2匹とも真っ二つに両断され地面に横たわっていた。

 俺の手には抜刀した刀、その刀身は黒く紅い液体が付着していた。俺が行ったのは、盗賊戦でも使った居合切りだ。鞘に納めてある刀を高速で抜刀、その軌道上にあるものを斬る技だ。
 確か4匹って言っててよな、エルの言葉を思い出し、抜刀した刀を構える。すると頭の中にエルの声が聞こえた。

《ますたー、残り2匹の魔物の気配は遠ざかっていきます》

 とりあえず、危険はなくなったみたいだ。俺は抜刀した刀を、血を振り落としてから鞘へと収める。
 昨日の夜ティナから話を聞き、魔物を倒したあとは討伐部位と魔石を剥いでギルドに持っていくことでお金になることを知った。俺は魔物の死体がある場所へと向かい、討伐した証の耳と魔石を2個回収した。もちろん、そこまでの大きさはなかった。
 今の一連の行動を見たティナは、驚いた表情をしていたが、すぐに我に返った。

「さ、さすがです」

 と言い、笑顔を向けてくれた。

「それじゃあ、行こうか」

 俺は少し照れながらティナへと近づき、回収した魔石をティナに預け、そしてティナをまたお姫様抱っこした。すると、今度は最初からしっかりと腕を首へと伸ばしつかまってきた。
 ティナに視線を向けると、ちょっと顔が赤くなっていた。俺がティナを見ているのに気が付くと、より一層、顔を赤くしそっぽを向いた。それでも腕にはしっかり力が込められていた。
 俺はまた町へ向かい走り出した。
 俺たちがオルディナの町に着いたのは、本当に昼過ぎぐらいだった。

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    ティナさん可愛すぎ!

    0
コメントを書く