妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~

創伽夢勾

2:初めて人を殺した日

 目の前で人が死んだ。知らないやつだ。
 襲われている女の子を助ける。きっと、アニメや漫画みたいにかっこよく助けられる。そんなことを思っていた。でも現実は違った。
 俺は今、きっと怒っているのだろう、だって今俺は、盗賊を殺したいと思っているから。

 刀の柄に手をかけ、森を出る。静かに1歩ずつ、確実に盗賊に近づいていく。

 1歩 2歩 3歩、俺の靴に小石がぶつかった。ようやく盗賊の一人が俺に気づいた。

「なんだてめぇ」

 盗賊はこちらに振り返り、腰にあるダガーを構えた。
 それでも俺は足を止めず、確実に近づいていく。
 5歩目あたりだろうか、ついに盗賊の一人が近づいてきた。もちろんダガーをもって、俺を殺す気で。だんだん俺と盗賊との間の距離はなくなっていく。
 盗賊はダガーを振りかぶった。その時点で盗賊は俺の刀が届く範囲内に入っていた。右手で持っている刀を抜刀する。居合切りと呼ばれるものだ。刀は盗賊の首めがけて進み、何の抵抗もなく首を切り落とした。

 ごとん

 そんな音と共に首は地面に落ち、体は俺とすれ違い、後ろで倒れた。俺は今日初めて人の命を奪った。だが不思議と心は穏やかだった。
 思った以上に簡単に切れてしまった。この刀を振るったのは初めてだ。それでもやはりしっくりくる。黒い刀身には盗賊の血が流れていた。
 俺が盗賊の一人を殺した。そんな光景を見た盗賊たちは、驚きはするもののすぐに意識を切り替えた。俺が敵だと。
 そして盗賊の一人がまた俺に向かってきた。仲間の静止も聞かず。

「こいつっ!」

 そしてそいつはダガーを振りかぶった。そしてそれを見たもうひとりの盗賊が後に続く。
 右手で持った刀で盗賊の武器を狙った。
 ダガーは刀とぶつかると、ぶつけたはずのダガーの方が砕けてしまった。
 武器を無くして驚いている盗賊を、刀を左上から右下へと振り下ろし命を奪った。
 いつの間にか俺の横に回り込んでいたもう一人の盗賊は、ためらいもなくダガーを振り下ろした。
 俺はそれをバックステップで回避した。
 そして体を後ろに倒しながら、刀を上に切り上げた。刀は盗賊の首を捉え、また首を切り落とした。

「これで、あと二人」

 俺は状況を確認するため、周りを見渡した。盗賊が二人、そして女の子とその近くに護衛が一人。地面には盗賊の遺体が三つ、護衛の遺体が二つあった。

「おいそこの、護え……」

 俺が女の子の横にいる護衛に話しかけようとしたとき、俺の横を一本の矢が通り過ぎた。振り返ると、その矢は護衛の頭に刺さっていた。その護衛だったものは、力なく地面に倒れた。
 盗賊の方へ向き直ると盗賊の女が弓を構えていた。そいつはもう一本矢をつがえると、それを女の子へと放った。俺はすぐに少女の前まで移動、その矢を刀で切った。
 どうやら女の子はおびえているようだ。俺は安心させるために声をかけた。

「ちょっと待ってろ、あいつらを先に片づけるから」

 女の子は俺の言葉を聞くと、静かにうなずいた。
 俺は矢を放った、女を睨む。すると女は後ずさった。

「くそっなんなんだよ!おまえは!!」

 するともう一人のダガーを持った男が、ダガーを構えこちらに向かって走ってくる。その表情は怒りだった。俺は少し前に進むと男のダガーを持つ手を切り落とした。

「ぎゃぁぁああああ」

 そんな叫び声をあげるが、俺は次に足を切り落とした。もちろん両足だ。そして俺はいま思っていることをそのまま男に伝えた。

「お前に怒る資格なんてないんだよ」

 俺はそういって男の心臓を貫いた。そして最後の目標へと目を向ける。
 今の状況を理解した女は、地面に座り込み足を引き摺りながら後退する。

「い、いやだ、死にたくないっ」

 俺はそんな言葉を聞いても何とも思わない、そして確実に女との距離を詰める。

「お前はそういった人を何人殺した?、助けた奴なんているか? いないだろ。だから俺もお前を助けない」
「わ、私を助けてくれたら、この体を好きにしていいから、男ならうれしいだろ?」

 俺はそんな言葉を聞いて、吐き気がした。

「お前みたいに汚れた女なんかいらねーよ、諦めろ」

 俺の言葉を聞き、女は体を起こし、俺から距離を取るために走った。だが次の瞬間、女の胸から一本の黒い刀が生えていた。そう、後ろから心臓を貫いたのだ。女は声も上げることなく、その場に倒れた。

 《スキル:解離魂の停止を確認》

 エルの声が聞こえ、我に返る。
 俺は刀を振り、刀身についた血を払い鞘へと仕舞う。

 周りを見渡すと道には倒れている人が8人と武器が数本。それと一人の女の子。
 女の子を見ると目が合った。そして少し震えていた。

「君、大丈夫?」

 俺の声を聴くと女の子は座り込んでしまった、緊張が解けたのだろう。殺されかけたのだ仕方ない。
 俺はそっと女の子に手を差し出した。

「妖刀使いがチートスキルをもって異世界放浪 ~生まれ持ったチートは最強!!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く