無名の最強魔法師(WEB版)

なつめ猫

絡み合う思想と想い(14)




 フィンデイカの村――その冒険者ギルドで魔法を教えると言う依頼を受けた俺は、イノンやユリーシャの両親が経営をしている宿屋の前に、ギルドマスターであるコーク爺に案内されてきていた。
 現実世界では、リネラスや冒険者ギルドとして建物を使っている。
 そう考えると、イノンはよく両親の思い出が詰まっている宿屋を冒険者ギルドに貸し出してくれたものだと思ってしまう。

「こっちにきてくれ」

 コーク爺は、俺に語りかけてくると宿屋の中に入っていく。
 建物内は、以前にフィンデイカ村に来た時に立ち寄った内装とほぼ変わらない。

「コークさんに、そちらの方は?」
「ああ、魔法師を頼んでいただろう?」
「――あっ!? 忘れていました! そういえば、そうでしたね」

 コーク爺の言葉に答えていたのは、金髪碧眼のイノンに良く似た美人さんであった。
 唯一違う点と言えば胸の大きさだろう。
 大きい……、と、そんなことを考えている場合ではないな。

「おじさんが魔法師なの?」

 気がつけば、幼女にズボンの裾を引っ張られていた。
 年齢的には7歳から8歳くらいだろう。 
だが……、俺が接近に気がつかないとは……。
 やはり既存の世界とは物理法則が違う。
 精神世界だけのことはあると気を引き締める。

「ああ、そうだよ?」

 町ではお子様に人気者な俺は笑顔を向ける。
 すると幼女は「へー」と、呟くと母親の元へと向かっていく。
 おそらく彼女に魔法を教えることになるのか?
 だが、俺は……まだ16歳なんだが……。おじさんという年齢ではない。
 ここは、きちんと訂正をさせたほうがいいのか? ……いや、余計な干渉は避けたほうがいいだろうな。

「あなた、本当に魔法師なの?」

 もう一つの声が、カウンター側から聞こえてきた。
 カウンターの影から現れたのは金髪碧眼のツインテール幼女!
 しかも見た目はまったくの同じだ。
 どっちがどっちか判断がつかないぞ? 

「ユリーシャ、こっちに来なさい」
「はーい」

 母親の元へと向かうツインテールの少女がユリーシャらしいな。
 そして、俺をおじさん呼ばわりしてきたのがイノンということか……。
 しかし、イノンもユリーシャも見た目からは、判断がつかないな。
 顔の作りから幼女体型までそっくりだ。
 今度からツインテールのことをユリーシャ、セミロングのほうをイノンと呼ぶことにしよう。

「ユリーシャ、彼が今日から貴女に魔法を教えてくれる人よ?」
「俺の名前はユウマと言う。よろしく頼む」

 俺は手を差し出す。
 まずは人同士の付き合いは挨拶が大事だからな。
 そんな俺の手を彼女はジーッと見てくると、「手を洗ったの?」と語りかけてきた。

 手か……。
 そういえば、この精神世界に来てから一度も手を洗ってないな。
 まぁ精神世界だから、それほど重要こともないだろう。
 適当に答えて問題ない。

俺は、軽い気持ちで「ああ、手は洗っておいたぞ」と言った瞬間、周囲の風景が変化した。

「あれ? さっきまで冒険者ギルドの建物上に居たのに……、あれ? ユウマ? どうしてここにいるの? ――って!? ええ? ここって最初に来た場所?」

 リネラスが混乱した様子で俺に問いかけてくる。

「ああ、どうやら……俺はミスを犯したらしい」
「――ええ? どんなミスをしたの?」

 リネラスが驚いた表情で俺に聞いてくるがミスらしいミスをした覚えがない。

「わからない。手を洗ったのか? と聞かれて洗ってないとしか言っていない」
「そう……、それでユウマは手を洗ったの?」
「いや、洗ってないな。そもそも精神世界で手を洗う必要性がないからな……」
「何となく私、分かったわ!」
「何がだ?」

 俺の問いかけにリネラスは無い胸を強調して自信ありげに「嘘をついたから駄目だったんじゃない?」と答えてきた。
 
「なるほど……、つまりイノンの精神世界は嘘をついたらいけないってことか? いや……冒険者ギルドで話をしたときに素性は隠したからな……一概には、そうは言えないか……」

 考察を口に出しているとリネラスが両手をパンと叩いて「そうすると、嘘は言わないほうがいいかもね?」と提案してくる。

「いや、そうは言ってもな……、嘘は言ったら駄目だと言われても困るぞ? そもそも、人間は常に隠し事をする生き物だろ? 俺みたいな聖人君主であっても隠し事はいくつかあるからな」
「……ユウマ。私、自分で自分のことを聖人君主って言う人間ほど信じられない人間はいないと思っているわ」
「奇遇だな、俺もだ。俺のはあくまでも例えだ」

 俺の言葉にリネラスは大きく溜息をついていたが、とりあえず放っておくことにする。
 問題は、今回のイノンの精神世界は嘘をついたらいけないという点だ。
 
「どうしたものかな……」




「無名の最強魔法師(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー245206

    わからない。手を洗ったのか? と聞かれて洗ってないとしか言っていないの部分なんですが、洗ってないとは答えてないのですが、どうですか?
    これって間違いですか?

    0
コメントを書く