無名の最強魔法師(WEB版)

なつめ猫

姉妹の思い出(8)

「――え? と、特訓ですか?」
「ああ!」

 俺の言葉に、サマラの体が小刻みに震えるのが見て取れる。
 どうやら、俺の特訓が受けられると思って武者震いをしているというところか?

「ふむ――」

 俺は、顎に手を当てながら一人呟きつつ、サマラを筆頭としたエルフ達を見ていく。
 どのエルフも、ある程度は鍛えられているようだが、戦いに連れていくには心もとない。
 間違いなく戦いに連れていけば、怪我人――運が悪ければ死人が出るかもしれない。
 そして、そんな事態になれば誰の責任になるかと言えば――。

 自発的だったとしても、親しい者がなくなっとき、その怒りの矛先がエリンフィートに向けば問題ないのだが、間違いなく俺や仲間に向けられるだろう!

 そうすれば、厄介な事、この上ない。
 それなら、最初から断ったほうがいいのだが……。

 本人達のやる気を加味してしまうと無理矢理ついてきてしまうこともありうる。
 いや! 確実についてくるだろう!

「あ、あの……私達、そこまで――」

 エルフ達が、尻込みしてしまったようだ。
 何故か俺が特訓をつけると言ったら彼女達は遠慮したいような雰囲気を見せてきた。

 そんな彼女達を見て、なるほど! 俺は納得してしまった。

 つまり、村を再建してくれるだけでなく、自分達に修行までつけてくれる恩人に向けて彼女らは引け目を感じてしまっているのだろう。
 まったく、なんというか男に植えていたサキュバスのような頃と打って変わって、そんなに奥ゆかしくなられると俺としても、どう距離感をとっていいか分からなくなってしまう。

「大丈夫だ! 俺に任せておけ!」
「ユ、ユウマさん!? 大丈夫ですから! 特訓しなくても大丈夫ですから!」

 俺はエリンフィートと話しているつもりはないのだが、どうして外野がとやかく言うのか……。
 ふむ――。
 つまり、あれだな?

「なるほど、エリンフィートも鍛えてほしいってことか? まぁダンジョンすら攻略できなかった雑魚神だからな!」
「――いま……いま、貴方は何て言いましたか? 雑魚って言いましたよね? 雑魚って言いましたよね?」

 大事なことだから2回聞いてきたのか……。
 相変わらずプライドの高い奴だな。
 雑魚は、本当のことなんだから、受け入れればいいものを――。
 戦わないと行けないぞ? 現実とはな!

「別に言ってないぞ? お前、耳が遠くなったんじゃないのか?」

 とりあえず煽っておくか。
 俺、こいつ嫌いだし――。

「ムキーッ! もういいです! こんなところに居られません! 私は村に帰ります!」
「おいおい、それ死亡フラグだが大丈夫か?」

 俺の言葉を聞いたエリンフィートが、額に血管を浮かべなら微笑振り返ってくる。
 そして、食堂兼酒場に追いかれていた椅子を両手で持ち上げると俺に投げてきた。
 もちろん、片手で受けとめる。
 すると、彼女は近くの椅子を蹴って建物から出ていった。

「やれやれ――。本当に短気な奴だな……少しは落ち着いて話をするってことは出来ないものなのか?」
「ユウマさんは、わざと、あの方を怒らせていませんか?」

 振り返るとユリカが溜息をつきながら話しかけてきた。

「いや――。別に本当のことを言っただけで、怒らせるつもりなんてまったくないんだが……」
「そ、そうですか……」

 何かおかしな事をしたか?
 よくは分からないが――。

「そ、それで……私達は、ユウマさんのお時間を取るのは好まないというか何と言うか……」

 話がひと段落つくのを待っていたからなのかサマラが話しかけてきた。
 どうも、ダンジョンが吹き飛んでから、エルフ達は遠慮がちになっている気がする。
 ここは、俺が気を利かせてきちんと説明して安心させてやったほうがいいだろう。

「大丈夫だ、そこそこ強くなるくらいまで戦い方を教えるくらいだからな!」
「そこそこですか?」
「ああ! そこそこだ!」

 ワイバーンとかドラゴンを素手でぶっ殺せ! とまでは言わないが、武器を使って倒せるくらいまで鍛えておけば問題ないだろう。
 せっかく、俺が作ったユウマダンジョンもあることだしな。
 それに、リネラスの件を考えると、ユウマダンジョンを調べておくのもいいかもしれないし。

「それは、よかったです。そこそこですよね? 本当に! そこそこですよね?」

 何故、何度も聞いてくるか不思議に思ってしまうが、まぁワイバーンやドラゴン程度なら素手で倒せるからな。
 武器で倒せるならそこそこだろう。

「ああ、俺は嘘をつかないからな! そこそこの強さになってほしい!」

 俺の言葉にサマラをはじめとしたエルフ達が安堵の溜息をついているのが見えた
 どうやら、何か勘違いしているようだな。

 俺に、苦労をかけさせないように考えるのは立派なものだが、知らない仲ではないのだ。
 そんなに気にしなくてもいいのにな!





「無名の最強魔法師(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く