無名の最強魔法師(WEB版)

なつめ猫

託された思い(4)

「さて? それに答えを見出すのは君自身なのではないのかな?」
「……つまり、現状を変えるための答えは――」
「――そう、君の中にあると言える」

 俺の問いかけを肯定しリネラスの祖父と思われる男性は、その場から煙のごとく姿を消した。
 そして世界も――。

「また、ここか……」

 見覚えのある景色、そして場所を見ながら俺は考える。
 リネラスの祖父と思われる人間が言っていた言葉。

 それは、俺の記憶を基礎として――この世界が作られている話。

 それが本当か、どうかは俺には判断がつかないが――。
 顎に手を当てながら、今までのループから推測する。

 まず気になったのは、リネラスの祖父の名前だ。
 どうして、リネラスの祖父の名前だけが、俺には聞こえてこないのか。
 おそらく、それは基礎。
 世界の根幹を為すデータベースに、俺が知らない人間の名前が入ってないからと推測される。
 ただ、問題は――。

「どうして、リネラスの祖父の姿を認識できるかどうかなんだよな」

 エルフガーデンの集落では、エルフと言う事は判別はついたが途中からは、エルフ達の姿が形骸化されていて、ハッキリと認識する事ができなかった。
 つまり、名前と姿かたちは一致しないと言う事になるが……。・

「そういえば――」

 ふと顔を上げる。
 景色や人間の表情、姿かたちを覚える場所と名前を覚える場所――つまり脳内の処理は別になっていると、生まれた時から持っていた記憶には存在していた。
 つまり――。
 いや、だが……。
 でも、そう考えればすべての辻褄があう。
 そう考えると、やはりこの世界は……。

「お兄ちゃん、大丈夫?」

 声が聞こえてきたと同時に振り返る。
 やはり、そこにはリネラスが立っていた。
 リネラスの恰好をした幼女は俺を見上げながら、まっすぐに伺うようにしている。
 そして、その隣にはサマラが立っている。

 俺は、サマラがリネラスに話し掛ける前に「リネラス、お前は――俺に何か言いたい事があるんじゃないか?」と、問いかけた。

 そんな俺の言葉を聞いて――。

「お兄ちゃん、何を言っているの?」
「だから、俺に何かを伝えたい事があるんじゃないのか?」
「お兄ちゃんが何を言っているのか分かんない」

 俺との会話を拒絶するように、サマラと伴ってリネラスは走り去ってしまう。

「失敗か……」

 どうも話の道筋が読めないな。
 この世界が俺の記憶を基礎として成り立っているのなら、普通なら俺の考えに沿う道筋になるはずなんだが――。

「はあ……どうしたらいい……んだ」
「どうしてエリンフィートは、深層心理世界に入る際に、何もアドバイスをしなかった? 仮にでも土地神であろうに……そして、リネラスの祖父と思われる男。あれは、どう考えても俺の記憶とは無関係……だと思う……が――」

 俺はその場に座りこむ。
 どちらにせよ、会話の道筋が変わってしまったことでループに入る事だろう。

「…………ん? ループが始まらない?」

 今までの会話の流れから、間違いなく世界が再構築されループが始まるはずであったのに、始まる様子がない。

「――まさか!?」

 すぐに立ち上がり、サマラを連れてリネラスが走り去った方角へと俺は走る。
 魔物が攻撃してくると言っていた森の中を走るが、魔物の姿は見られるが攻撃されることがない。
 しばらく走ると森が開ける。
 視線の先には、湖があり冒険者ギルドのエルフガーデン支部が存在していた。
 建物に近づいていくと、中から叫び声が聞こえてくる。

 その声は、リネラスの母親の声だというのが分かった。
 早鐘を打つ心臓の鼓動を意識しながら抑え込み建物の中に入る。
 部屋の中を見て俺は目を見開く。
 そこには、「あなたのせいでお父さんが死んだのよ!」と、リンスタットが5歳の姿をしたリネラスに対して問い詰めている場面であった。






「無名の最強魔法師(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く