無名の最強魔法師(WEB版)

なつめ猫

エルフガーデン(9)

 【探索】の魔法を発動し、先行しているエルフ達までの距離を調べた後にエルフ達との距離を縮めていく。

 音速の壁を瞬間的に超えて移動をしている俺と比べて、エルフ達の移動速度は成人男性が走る速度より若干早いくらいだ。
 すぐにエルフ達との距離は詰まっていく。

 俺は、ブツブツと呟いているアンネを抱き上げたまま森の中を走っていく。

「大丈夫か?体調が悪いようだが少し移動速度落とすか?」
「――!? だ、大丈夫です!」

 アンネは、身体を震わせながらも俺の問いかけに答えてくる。

「そうか? なら少し速度を上げるか――」
「!? ま、待ってください! これ以上、早く走るとエルフガーデンの木々に影響が出たりしますので――あまり早く走らない方がいいかと……お、思います! で、ですから! は、早く走らないでください!」
「ふむ――」

 俺はチラッと通ってきた道を振り返る。
 すると通ってきた森の木々が倒れていた。

「たしかに……」

 俺は、速度を緩めることはせずに一人呟き森の中を駆け先行してるエルフ達との距離が100メートルを切ったところで移動速度を落としつつアンネに掛けていた【身体強化】の魔法も一緒に解除する。

 一気に移動速度が落ちたところで、先行していた3人のエルフを追い抜いた。 

「う、うそ……」
「まったく気配を感じな――」
「え……そ、そんな……」

 3人のエルフ達は、それぞれ溜息をつきながら呟いているが――。

「さて、まだ勝負をするか?」
「い、いえ――」

 俺の問いかけにアンネは、首を横に振りながら諦めたように項垂れてきた。



 ――10分後

 俺と案内人であるエルフ達は、ようやくエルフガーデンの村の入り口へと差し掛かった。  エルフガーデンに住まうエルフの村は、20メートルを超える大樹の中をくり抜いた中に家に住んでいるようだ。

「ここがエルフガーデン――エルフが住まう村か……」

 俺の言葉に「はい、そうなります」と、アンネが頷きながら答えてきた。
 エルフガーデンの村の中に入ると大半の家は、地面より遥かに高い位置に住居を構えており木の外周に沿って階段が住居まで続いてる様子が見て取れる。
 そして樹上には、木の橋が巨木と巨木を繋いでおり樹上に町が形成されているようだ。

 俺は、疲れきったエルフ達を横目で見ながら「で、これからどうするんだ?」と、聞くとアンネはエルフの村の奥を指さし「族長は、この先の広場で待っています」と告げてきた。

「なるほど……」

 アンネの言葉に俺は一人呟きながらも、周囲の様子を確認していく。
 樹上で生活してるエルフは、リンスタットさんに聞いたとおり女エルフばかりで、その中には男性の姿を見受けられない。
 まぁ、希少である男奴隷を購入して利用しているのだ。
 逃げられる可能性がある外にだすような事はしないか。
「ユウマか? 族長が待っているぞ?」

 樹上から声をかけてきたのは、いつぞやのエルブンガストから初めてエルフガーデンの敷地に入ったときに接触してきたサマラであった。

「お前たちの族長が会いたいと聞いて来たんだが……やっぱり男はいないのか?」
「そうですか……ユウマさんがそう聞いてくるということはエルフの問題はすでに聞いているのですね?」

 俺は、サマラの言葉に頷く。

「はい、それもありますが……突然、巨大な魔力の高まりを感じたこともあり――」
 サマラはそう言うと、呆れた目で俺を見てきた。
 その目には、少しだけ非難の色が見て取れる。

「なるほど……巨大な魔力か――。それは大変だな!」
「ユウマさんの魔力でしたけど?」

 確信に満ちた声色で、サマラは問いかけてくる。
 俺は肩を竦めながら「知らないな。それよりも族長に会いにいく必要があるんだろ? ならさっさと連れていってくれないか?」と、告げる。

「…………わかりました」

 サマラはしぶしぶ頷くとそのまま村の奥に向かって歩きだす。

「それではユウマ様、私達はこのへんで――」

 アンネを筆頭としたエルフ達は、その場で頭を下げてくる。
 俺は彼女らを見た後にサマラの後をついていく。
 しばらく歩くと、大樹に囲まれた広場が存在しており広場の中央には、ストーヘッジのような物が見える。

 そして広場と思われる場所――石畳の床をサマラが手を掲げると一瞬、足元の石畳の床が淡く青色に光ると石畳がスライドすると同時に地下へ通じる階段が姿を現した。 
「ユウマさん、こちらになります」

 サマラは一度だけ俺の方を見たあとに階段を下りていく。
 俺も地下へと通じる階段をサマラの後を追うようにして降りる。
 すると階段は思ったよりも長く、どこまでも続いてるように思われたが唐突に石の床が現れた。

「ここで、お前たちの族長が待っているのか?」
「はい、それではここから先は我々も滅多に入る事を許されてはおりませんので、先へ――」

 サマラは、俺へ先へ進むように言葉を紡いでくる。
 俺はサマラの言葉に頷きつつ、前方に見える扉へ向かって歩いていく。俺は部屋の扉を開けて中に入る。 そこには、長い耳、緑色の長い髪をした15歳くらいの美少女が床に座っていた。 
 すると美少女は「ようこそ、聖人様。私はエリンフィートと言います」と俺を見上げて言葉を紡いできた。




「無名の最強魔法師(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く