無名の最強魔法師(WEB版)

なつめ猫

ハーフエルフ

「あらあら……泣き疲れていたと思ってたのに、やっぱり気になる人が来ると目が覚めちゃうのかしら?」
「お母さん! そのことは!」

 俺の見てる前で、リンスタットさんに何やら言われているリネラスは、顔を赤く染めると階段から降りてくると俺に近づいてくる。

「ユウマ! そんなんじゃないんだから! 勘違いしないでよね!」
「いや……勘違いも何も、お前と俺の中はギルドマスターとギルドに雇われてる冒険者だろう? 勘違いもするも何も……」

 俺の言葉を聞いたリネラスが違う意味で顔を赤くすると俺の腕を取ってエルフガーデンの元冒険者ギルドの建物の外に連れていこうとすが、リネラスの力では男の俺を動かすには無理がある。

「ユウマ! 立って!」

 リネラスは自分の力では動かすのは無理だと理解したようで、俺に命令してくる。

「いや、お前を追ってきたばかりだからメンドクサイから動きたくない」
「何ですって―!」

 まぁ、少し思い詰めた様子も伺えるが、返答の仕方がいつものリネラスだから問題ないだろう。
 それよりも外がやけに騒がしいな……。

 気がつけば、いつの間にか部屋の中からリンスタットさんは消えおり、外から「ユウマさんとお仲間の方々ですか? どうぞ、中に入ってください。お茶をお出ししますので!」と、言うリンスタットさんの声が聞えてきた後に「あ、そんないいです……」というイノンの謙遜した声も聞こえてきた。
 イノンのそんな謙遜した言葉が、「そうですか……無理に薦めるのもあれですよね」と言う言葉をリンスタットさんから引き出していた。さすがは、宿を経営していた娘だけのことはある。激マズ緑汁を回避するとはさすがだ……。

「ユ、ユウマ……あなた……あのマズイ……エルフですら緊急事態でも飲まない【キラー・オヴ・グリーン】を飲んだの?」
「キラーってなんだよ……暗殺用なのか? とりあえず……すげー不味かったぞ……」
「――でしょうね。お母さんくらいしか飲める人いないし……」

 一瞬、リネラスにそんなマズイ飲み物出すなよ! 親に言い聞かせろよ! と言いたくなったが何とか堪えたが「リネラス、お前はリンスタットさんに飲み物出さないように言っておけよ」と、遠回しに言ったら額に青筋を作っていたが、まぁ問題ないだろう。

 しばらくすると、ユリカが部屋に入ってくると「リネラスさん! ここにいたんですか?」と、部屋内を歩いてくるとリネラスに抱きつくと「ユウマさん、サマラさんが話があるらしいですよ」と報告してきた。俺は、面倒だと思いながらも「分かった。それで他のやつらは?」と聞こうとしたところで「おにいちゃん、近くの湖に主がいるらしいの!」とセレンが元気よく建物の中に入ってくる。
 その後ろにはセイレスが「無事に合流出来て何よりです」と言う文字が書かれている黒板を見せてきた。

「あれ? イノンは?」

 リネラス、セイレス、セレン、ユリカがいるのにイノンだけが居ない。

「お兄ちゃん、言い忘れてたの! イノンお姉ちゃんは、宿を出すって言ってたの」
「なるほど……」

 しかし、人のエリアで勝手に家と言うか宿なんて立てて良い物なのだろうか?

「すごい! 魔法みたい!」

 俺は、少し気にしているとリンスタットさんの声が聞えてくる。
 外に出ると、リンスタットさんが手を叩きながら目の前に現れた移動式冒険者ギルド宿屋を見て喜んでいた。

「お母さん……」
「リネラス、お前のお母さんは一応は冒険者ギルドマスター代行なんだよな? 知らないのか? 宿屋が移動できたりするってこととか……」
「……知ってるはずなんだけど、お母さん、少し抜けてるところがあって……」
「そうなのか……」

 つまり、リネラスのお母さんは天然なのか。
 仲間たちと合流した後、俺達は今後の事を話あったが結論は出なかった。

 そして、部屋数が少ない事もあり、イノンが出した『移動式冒険ギルド宿屋』で俺達は休むことになった。
 日が暮れ、夜の帳が落ちる頃に俺の部屋の窓が数度、外から叩かれた。
 窓越しに外を見ると、そこにはリンスタットさんが立っていた。

「こんな時間帯にどうかしたんですか?」

 俺の言葉にリンスタットさんは頷きながら。

「ユウマさんに、お話ししておかなければならない事があります。少しお時間いいでしょうか?」

 リンスタットさんの真剣な表情を見てとって俺は頷くと窓から外に出る。
 そしてしばらく歩いた後に、リンスタットさんは振り返って俺を見て来た。

「娘のいる時にはお話できませんでした。それにユウマさんがどういう方なのかも分かりませんでした。ですが、ユウマさんの人と也は、およそ理解出来たと思っています……そこでお聞きいたしますが、サマラから娘は出来そこないのエルフと言う言葉を聞きましたか?」

 俺は、リンスタットさんの問いかけに頷く。

「そうですか。やはり……」
「だが、どこが出来そこないか俺には分からないんだが?」

 いろいろと問題は起しているリネラスだが、そもし問題を起こす事が出来そこないなら俺は迷わずイエス! と答えるだろう。
 だが物事の本質はそこではない気がする。

「ユウマさん、エルフは土地神つまり世界と契約することで触媒を使用せずに魔法陣と詠唱だけで魔法が使えるようになるのです。そして契約するためには、精霊眼と呼ばれる物が必要になります。エルフなら誰もが持っているものです。精霊眼は土地神を見て契約を交わすのに必ず必要となり、契約を交わすことで世界の魔力を見る事ができるようになる魔力眼へと至るのです。ですが、娘にはリネラスにはその眼はありませんでした」

「無かった?エルフなら誰もが持っているのに?」

 俺の言葉にリンスタットさんは頷く。

「娘の……私の夫は人間でしたから……」

 リンスタットさんは憂いを帯びた瞳で俺を見つめながら言葉を紡いだ。 



「無名の最強魔法師(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く