無名の最強魔法師(WEB版)

なつめ猫

ダブル・スタンダード(前編)

 海の港町カレイドスコープから無事に脱出した俺は町の東側で、イノンが従者となっている帆馬車に近づく。

「ユウマさん、お帰りなさい」
「いま、戻った。何かおかしな事とかなかったか?」

 俺の言葉にイノンがかぶりを振る。

「特には――それで、身分証を提示していた理由は分かりました?」
「いや、身分証を提示していた理由は分からなかったが、町はとにかく酷い有様だったな」

 俺は町での出来事を思い出す。
 浮気ばかりしていた奴らが女性陣に殴られ蹴られ踏みつけられる様を……。
 まったくひどいものだった。

「そうですか……つまり、規制をかけていたのは町の出来事を外に漏らしたくないからという事でしょうか?」
「それはどうだろうな……」

 はっきり言って、町の様子がおかしな事は一目見れば分かるはずだ。
 そんな状態で、余計な火種を町に入れるかどうかと言えば、俺ならノーと言う。
 ただでさえ、妙な花で住民同士が喧嘩をしてしまっている。そんな場所に旅人を入れたらどうなるか分かった物じゃない。
 それに、俺達に身分証を提示してきた兵士は町で問題が起きてる事を知ってるにしては落ちつきすぎていたと思う。
 そうなると、今回の身分証提示は町での異変とは別件と考えられるわけだが……。
 結局、仮定の域を出ない。

「それでどうしますか?」

 イノンは上目づかいに俺に聞いてくる。

「そうだな……とりあえず、リネラスが市長とギルド契約を結んでいるみたいだから勝手に行動したらマズイからな。まずはリネラスに確認してからだな……」
「でも、リネラスさん。たぶん、引き籠ってると思いますよ?」
「そうだった……」

 俺のイノンの間に微妙な空気が流れる。

「どちらにしても、宿屋に一戻ろう」
「はい! わかりました!」

 イノンは俺の言葉に答えてくると馬の手綱を操り帆馬車を走らせ始めた。



 しばらく帆馬車を走らせた後、移動式冒険者ギルド宿屋が見えてくる。

「イノン、帆馬車はいつものように中庭に……」
「はい」

 イノンが操る帆馬車は、宿屋を半周して宿屋の裏側から中庭に入っていく。

「ユウマさん、中央の花壇が消えてます」
「ん?」

 イノンの言葉を聞いて中庭を見ると、俺が海の迷宮リヴァルアで手に入れた宝玉を隠した花壇が綺麗さっぱりと消えている。
 さらには中央に存在していた花壇を中心に20メートル程、円を描くように切りぬかれている。

「こ、これは一体……!?」

 俺は驚きながら中庭に停止した帆馬車から下りる。
 イノンもすぐに帆馬車から下りてくると一緒に宿屋の中に入っていくと、酒場兼食堂にセイレス、リネラス、セレンの3人が一つの席に座ってうなだれていた。

「セイレス、リネラス、セレン、この有様は一体どういうことなんだ?」

 俺に話しかけられた3人は俺に視線をむけてくる。

「あ、ユウマ……」
「3人とも……イノンが両親から受け継いだ宿屋の裏庭がどうしてクレーターになっているんだ?」

 俺の言葉にセイレスが黒板にチョークで、「表の掃除をセレンと行っていたら爆発音がした」と書いて見せてきた。

「お姉ちゃんの掃除をしていたら、いきなり爆発音が聞こえたの。そしたらリネラスさんが中庭から現れて……」

 セレンが小さな声で語ってくる。
 まぁ、原因は分からないが――。

「リネラスが宿屋を破壊したのか?」

 俺の言葉にリネラスは――。




「無名の最強魔法師(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く