無名の最強魔法師(WEB版)

なつめ猫

エターナルフィーリング(後編)

 俺は思わず振り返るが、そこにはイノンやセイレス、リネラスがほほ笑みながら立っている。
 おかしい。今、何か酷い事を言われた気がするが――セイレスは話せないしリネラスとイノンが、言う訳がないよな? そうだよな?
 俺が一人、心の中で仲間を擁護していると、セレンが俺の洋服を引いてきた。

 下へ視線を向けると、俺に抱きついてきたので思わず頭を撫でる。
 ふむ……セレンも、セイレスの妹だけあって将来は美人に成長するのは分かるし、今でも十分かわいい。
 さすがはお兄ちゃんと呼んでくる妹キャラだ。
 もしアリアがいなかったら、きっと俺の中の妹キャラベストTOPに入っていたかも知れないな。

 「やっぱり小さい子が好きなんですね!」とか「本当変態!」と後ろから聞こえてくる。
 俺は急いで振り返るが、そこには当たり障りのない話をしている仲間の姿が……。
 どうやら、俺は疲れているようだな……。 



 それから俺達は、装飾品店を見ていく。
 どうやら、クルド公爵邸炎上のあとは重税を課す貴族が居なくなり適正な税だけ払えばいい事になったことで町の経済は回復しつつあるようだ。
 それと、解放軍もほぼ撤退した事から船もそろそろ出そうかという話も出ているらしい。

 とりあえずはと……。

「ユウマさん、本当にいいんですか?」
「ああ、誤解を与えたからな……」

 まぁ金貨は、まだ数千枚あるし問題ないだろう。
 俺はイノンに天然のサファイアが使われているブローチをプレゼントした。

「お兄ちゃん! 私はいらないよ!」

 セレンに上げようとしたらアイテムボックスを貰ったからいらないと言われた。
 そして、セイレンには意匠が凝らされた弓を購入してあげた。

「ユウマ! ユウマ!」
「なんだ?」

 リネラスは、俺の腕を掴むと市場の通りを歩き始めた。
 すると通り道に花屋がある。

「ユウマ、ここが花屋にだよ!」

 そういえば、宿屋でイノンから花壇を借りてたな。やっぱり何か植えないとせっかくの宝玉が誰かにバレたら事だな。
 俺は畳20畳ほどの花屋に足を踏みいれる。
 すると若い女性の店員さんが俺達に気がつく。

「いっらっしゃいませ」

 若い女性の店員さんが俺を見た後にリネラスを見ると意味ありげに微笑んでくる。
 どうやら、俺とリネラスが2人で花を購入しにきたことで勘ぐりをしているのだろう。

「実は、花壇で植えるような花が欲しいんですけど何か手頃に育てられる花とかありませんか?」

 俺の言葉に女性店員はしばらく考え込んだ後に。

「そうですね。それではエターナルフィーリングと言う花は如何でしょうか?」
「エターナルフィーリングですか?」

 俺は首を傾げる。

「はい、好きな異性に贈る花です。3日間、夜の間に水を上げることで花を咲かせるものです。しかも、互いの状況が分かる花なんですよ?可愛らしい彼女さんにはピッタリではないでしょうか?」
「そうですか」

 チラッとリネラスの方へ視線を向けると目をキラキラさせている。
 ふむ、なるほど。そういう迷信とか女性は好きだからな。

「分かりました。何株か売ってください」

 俺はギルドカードを差し出すと女性店員は受け取ってから返してくれた。
 ギルドカードは、冒険者ギルドと提携している花屋や店舗での支払いが出来る。

 支払いが終わりエターナルフィーリングの株を7つ受け取った。

「さてと、買うモノも買ったし戻るとするか!」

 俺の言葉に全員が頷いてきた。
 どうやら、この2週間の間ずっと宿屋で缶詰になっていたセイレス、セレン、リネラスにとっていい気分転換になったようだ。

 宿屋に戻り俺とリネラスは、エターナルフィーリングの株を植えるために中庭の花壇に向かった。

「イノンさん、お姉ちゃん。あれは……」

 3人とも俺が購入してきた花を見てコソコソと話しながら、花壇にいる俺達の方へ視線を向けてきていた。



 ただ、ユウマは知らなかった。
 エターナルフィリング。別名、浮気探知花。
 離れていても夫の浮気が妻に筒抜けになると言う男性恐怖の花。

 ユウマだけが、その花の特性を知らなかったのだった。


 

「無名の最強魔法師(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く