無名の最強魔法師(WEB版)

なつめ猫

狙われたギルドマスター(前編)

 俺が持てる技術の粋を尽くして魔改造した【新・海の港町カレイドスコープ】は、結構町の人間から高い評価を得られており冒険者ギルドの評価はウナギ登りのようだ。

 俺は、カレイドスコープの大衆浴場に浸かりながら自分が行った作業について満足している。
 何せ、俺が作ったのは温泉を原料とした大衆浴場が10か所。
 そして上下水道を利用とした各家庭のトイレと中世時代よりも文明・文化が劣ってる世界において画期的だと言ってもいい!
 おかげで近所の子供たちからは、ユウマさん、ユウマさんと大人気だ。
 まぁユゼウ王国で市民に唯一味方しているSランク冒険者だからな。

 ただし、飴を上げるのを渋ると途端に子供達は離れていく。
 そこがまた子供らしいというか何と言うか……。

「そういえば、今日だったな……」

 俺は大衆浴場から出ると、細い木の板をより合わせて作った網籠からタオルを取り出して体を拭いた後に洋服を着る。

 そして大衆浴場から出ると、10歳以下の子供たちが俺を待っていた。
 まったく、人気者も困ってしまうな……。
 俺は手に持っていた袋から、飴玉を投げると子供たちが一斉に取りに走っていく。

「ふ……俺も甘いものだぜ」

 俺は、一人で突っ込みを入れながら歩く。
 レンガ通りだった道は、今ではアスファルトに代わっている。

「あぶなーい!」
「ん?」

 後ろを振り返った瞬間、俺は馬車に跳ね飛ばされた。
 空中を回転しながら家の壁に頭から激突する。
 俺は、壁にめり込んだ頭の周辺の壁を破壊して事なきを得ると俺を跳ねた馬車の方へ視線を向ける。
 そこには銀髪の髪をした娘がこちらに近づいて来る所だった。
「申し訳ない。まさか、このようなところにこのようなものがあろうとは……」

 銀髪の美少女は俺に頭を下げてくる。
 たしかに……見た事がないような材質の道だと、このようなと言ってしまうよな……。
 俺は、曲がった首を【肉体修復】の魔法で回復させると溜息をつく。

「まぁ、気にするな。人間、誰でもミスはあるもんだ。だから次回から気をつけてくれ」
「ええ? 本当に大丈夫なのか?」

 銀髪の美少女が驚いた声で俺に話しかけてくるが、俺は頷きながら。

「ああ、問題ない」
「そ、そうか……そうだ! お主はこの町の者か? 実は、冒険者ギルドを探しているのだが?」
「ああ、客か。冒険者ギルドなら、建物は建築中だぞ?」
「そうなの……か……」

 俺の言葉が予想外だったのか落胆した様子を見せてきた。

「ああ、もしよかったら……」
「いや、すまない。本当に助かった! それでは失礼する!」

 それだけ言うと銀髪の少女は帆馬車に乗り込むと、そのまま町の外に向かう方向へ向かって行ってしまった。
 ここに、冒険者ギルドの関係者がいるというのに……まったくせっかちな人だな。
 さてと今日は、町の外の冒険者ギルドに戻って休むか。



 翌日。
 俺はカレイドスコープに到着して眉をひそめた。
 海の港町カレイドスコープの各所には、クルド公爵邸で見かけた大軍の旗が立っていた。
 嫌な予感がして俺は町の中に入ろうとした所で、「ユウマ?」と俺は名前を呼ばれた。

 振り返るとそこには――赤い髪を後ろで纏め騎士の甲冑身に纏ったエルスが立っていた。

「ひさしぶりだな。一体どうしてここに?」

 俺の言葉にエルスは、突然俺の腕に手を添えてきた。
 そして、引っ張ってくる、

「ユウマ、少し話がある!」

 エルスの言葉に俺は溜息をつきながらもついていく。
 しばらく歩き港の一角まで移動すると中身が入ってない木箱の上に俺は腰を下ろした。


「無名の最強魔法師(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く