暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第77話 〜怒り〜



『……アウルム・トレース』


辺りに漂っている魔力の斬新に覚えがあった。
そして、アメリア嬢が攫われたときにちらりと見えた緑色。
十中八九奴だ。


「……おい、アメリアがどっちに攫われたかは見たか?」


いつもよりも低い声で主殿が声をかけてくる。
きっと、荒れ狂った感情を表に出さないためだろう。
今にでも駆け出したい気持ちをぐっとこらえているに違いない。


『分かる……が、今の主殿では奴にはかなわない。俺は、力を溜めるべきだと思う』


自分の声がいつもよりも幾分か低いことに気づいた。
自分でも少し驚いているのだ。
奴が動き出したということは、魔王様が動いているということ。
現在は主殿を主君と定めているとはいえ、生みの親である魔王様の動きに嫌悪感を抱くなど、ブラックキャットだったときからは考えられないことだ。


「アメリアを攫ったのは誰だ?」


夥しい量の血が飛び散った場所の真上に立って主殿は声を絞り出す。
血液にも、僅かに魔力は宿っている。
魔力が強いものほど、血液に宿る量は多くなり、しばらく経ったあとでもその血液が誰のものであるかが分かることがある。

明らかに致命的な量のその血は、アメリア嬢の魔力を宿していた。


『魔族で三番目に強い者に与えられる“トレース”の名を持つ男。アウルム・トレースだ』


主殿はしゃがんで、足元の血が大量に染み込んだ砂を拳に握り込んだ。


「……ひとまず、ここいらの魔物を一掃する。出し惜しみはもうしない」


アメリア嬢の血の匂いを嗅ぎつけてか、それとも主殿と俺の気配を感じてか、殲滅しきれなかった魔物が辺りに集まりだしている。


『了解した』


最後まで、主殿は俺に顔を見せなかった。


「影魔法、起動」


主殿の怒りに触発されてか、今まで以上に魔力を込めているからか、アメリア嬢が作ったと思われるクレーターの中からも影たちが躍り出て主殿の影に合わさる。
これまでの影魔法は最高でも自身の近くにいるものの影を使うくらいしか出来なかったはずだ。
メリットも大きいが、日が当たりやすいところでは使いずらいというようなデメリットもでかい魔法であったのに、今の主殿は影魔法をコントロール出来ていなかった。


『……変身』


俺は息をついて、体の形を変える。
ドラゴンはまだ攻撃をしたことがないために鱗の強度がイマイチだが、こちらは違う。
俺が直々に手を下してやった魔物なのだから。

光が俺を包み、造形や力の種類に至るまで変わる。
光が晴れたあと、俺の目線は猫型のときよりも幾分か高くなっていた。
そして、視野が三つに別れている。


「ケルベロスか……。カンティネン迷宮といい、有名どころ出しすぎじゃないか?」


主殿が何かを呟いていたが、この魔物特有の凶暴性の為に口から涎がとどめなく出て、思考がぐちゃぐちゃになっているのが分かる。
言葉が半分も今は理解出来ていなかった。

この魔物の変身はブラックキャットだったときよりも遥かに強大な力が手に入る上にとても動きやすく、普通の攻撃ならば傷一つはいらないような頑丈な作りをしているのだが、考慮しなければならないことが多すぎるのだ。
攻撃力としては迷宮下層くらいで申し分ないのに、まるで薬漬けとなったかのように思考が安定せず、ずっと何かを破壊したいような衝動が起きている。

そして、一番面倒なのは、誰かに止めてもらわないといけない。
今は主殿がいるから何とかなりそうだが、軍を率いる立場だったときは絶対に使えなかった。


『主、殿。俺は今から、暴れる。終わったら、俺を、止めてくれ』


主殿の返事も聞かずに体が勝手に動き出す。
一瞬にして一番近くにいた魔物に飛びかかり、喉を食いちぎった。
その魔物が息絶えたのも確認せずに、ただ血を求めて次の魔物に飛びかかった。
血に飢えていた自分が、どんどん潤されていくのが分かる。


「おーおー、なるほどな。お前、その姿のときは自分をコントロール出来ないのか」


麻痺したような頭の中で、主殿の声だけが響く。


「俺も影魔法を制御出来てなかったが、ようやく少しは出来た。お前の時間稼ぎのお陰だよくやった」


ただ、その声だけが俺の中に染み渡った。
今は何を言っているのか理解できないけれど、元に戻ったらじっくり考えることにしよう。







「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く