暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第76話 〜魔族〜



それは、夜がアメリアの元を離れてから数分のことだ。


「……はぁ、はぁ、流石に、数が多い」


アメリアの魔力が尽きることは有り得ないが、大量に魔力を消耗すると流石に疲れてしまう。
その前に夜が帰ってくるのがいいのだが、夜はまだ帰ってきていなかった。
まあ、彼のことだからすぐに帰って来るとは思うが、それでもが安全な所に老人達を運び、全員を下ろすのにはかなりの時間がかかるだろう。


「それまで、ここはなんとしても死守」


アメリアはかすり傷で傷ついた両腕を水平に上げた。
その傷も数分で跡形もなくなくなってしまうのだが、それでも付けられる傷の方が多い。

現在、アメリアの目の前には、見えるだけでも千程の大軍。
見えないところ、放棄された家の中や別の魔物の後ろなどの死角を合わせれば二千は超えるかもしれない。
死んでも自身に蘇生魔法をかければいいのだが、蘇生した後は魔力がごっそりと取られ、なくなることは無いものの、しばらくは動けなくなるのだ。


「『グラビティ』」


前方数十メートル程の地面と魔物が沈んだ。
沈んだ地面の中には、上からとてつもない質量の何かに押し潰されて、ぺちゃんことなった魔物が数十匹ほどが内蔵をぶちまけてこと切れていた。
完全にR指定のはいる光景だ。
とても子供には見せられない。

ちなみに街には、家まで考慮していられないアメリアが中途半端に押し潰した家などが大量にあり、例え魔物から逃げきれてもこれから生活するのは難しいだろう。


「……ヨル遅いな」


何もなければいいけど、と思いながら、仲間の死も気にせず、猪突猛進に突っ込んでくる魔物に再び重力魔法をかけた。


「へぇー。そっか、その重力魔法はあのときの……君がエルフ族のお姫様ー?」


どこからか、落ち着いてはいるが幼い子供特有の高い声がした。

アメリアは首を巡らせる。
ここには自分以外の人間の声はないはずだ。
あってはならない。
だって、それは逃げ遅れたということなのだから。

でも、アメリアにはその声にどこか聞き覚えがあった。
どこだっただろうかと考えながら探す。


「こっちだよぉ。君、気配察知とか危機察知系のスキル持ってないのー?」


再び声のした方を見ると、髪と瞳がエメラルドのような緑色をした、エルフ族までとはいかないものの、可愛らしい顔をした、幼い子供が首の長い魔物の頭の上に座っていた。
きっとこの場に晶がいたのならその魔物を見た瞬間にキリンだと言っただろう。

緑色の瞳はこの状況を楽しんでいるように感じた。
そして、思い出す。


「あなたは……昔エルフ族領を襲った魔族?」


晶にも言っていないが――父親である王にも言ってなかったので――キリカが原因で迷宮から現れた魔物の中にはそれを統率する魔族がいたのだ。
ほんの一瞬、“またねー”と言う声と、緑色の光がみえた。
そのときはまだ子供で、魔族の存在なんて分からなかったが、大きくなって魔族が何たるかを知ってからは、あれが魔族だという確信を強くしていった。
いかんせん一瞬だったもので、王に報告すべきか迷っていたのだ。

魔族が出てくるということは魔王が動き出したということなのだから。
もし見間違いだったら大変なことになる。
エルフの大陸、フォレストだけでなく、魔族が現れたとなれば、いくら他族とのかかわり合いを嫌っているとはいえ、協力体制を敷かずにはいられなくなる。
そんな一大事、一瞬見ただけでは判断しきれなかったのだ。


「おっ!あったりぃ!いやぁ、君の妹ちゃんには本当に感謝してるよぉ?わざわざ僕達が出てくる場を作ってくれてさ!」


アメリアが魔族だと警戒を始めると、急に嬉しそうに声のトーンを上げだす魔族。
その頬は、まるで新しい玩具を与えられた子供のように紅潮していた。

いつの間にか、魔物の侵攻が止まっている。
まるで、アメリア一人に標的を絞ったように魔物がアメリアを囲んだ。
四方八方、見渡す限り魔物だ。
晶と共に潜っていた、人族のカンティネン迷宮のトラップ、モンスタールームでもここまで多く、大きな魔物は出てこなかった。
アメリアを囲んでいる魔物は下手するとドラゴン状態となった夜に匹敵するような大きさのものまでいる。

重力魔法が一気に殲滅できる魔法だとはいえ、完全に不利だった。


「君にはちょっとした仕事があるんだよねー。だから、殺すわけにはいかないのがちょっと残念」


急に声のトーンを低くする魔族の少年。
その緑色の瞳が怪しく光ったと思ったら、今まで静かだった魔物達が一斉に動き始めた。
それも、これまでのような猪突猛進ではなく、なにかに統率されて命令に従っているような動きだ。

アメリアは思わず舌打ちをしそうになって、やめた。
もし晶に知られたら、とこんなときでも晶本位なアメリアは、その代わりに大きく顔を顰めた。


「君の魔法は知ってるよ?だから、とりあえず君を殺すね?」


魔物の少年はニッコリと笑った。
その瞳はどこまでも純粋で、その体から出る強烈な魔力のプレッシャーがなければ、普通にそこら辺にいる子供と変わりない。


「あと、君の仲間の勇者召喚された暗殺者君だけど、魔王様は邪魔だって言ってたから殺すよ。僕もあいつきらーい。なんか気味が悪いし。目的を果たされる前に殺さないとね」


可愛らしい顔を顰める魔族の少年。
アメリアも顔を顰めたい気分だった。
晶のことを魔王が知っているのは、夜が伝言を届けに来たから知っている。
だけど、晶がここにいる目的は、魔族領で生き残るためにクロウに剣を修復してもらうこと。
自分が呼んだくせにその邪魔をするとは、なんて身勝手な魔王だろうか。


「じゃあ、僕に殺されるかもしれない暗殺者君の為にも、蘇生魔法使って自分も生き残らなきゃね。あ、暗殺者君を殺すのは今日じゃないから安心して使っていいよー」


少年は手を挙げた。
魔物たちの輪が狭まる。


「あ、そうそう、僕の名前はアウルム。アウルム・トレース。覚えておいてよね」


少年が手を下ろすのと同時に魔物たちが飛びかかってきた。



「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く