暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第72話 ~アメリアとクロウ~



ーーー迷宮内にてーーー

「やばいやばいやばいやばい!!は、早くこのことをギルマスに知らせないと、大変なことにっ!!!」


薄暗い迷宮内に、男が慌てて駆け出す音と、喉の奥から唸るような獣の呻き声が響いた。
そして、それに混ざるようにして高い幼い男の子の声も。


「ふふふふふふ。全部全部、壊れちゃえ」








「そう。なら、あなたは今何をしているの?」


明らかに言うべきでない言葉をスッパリと言うアメリアに、夜がハラハラと落ち着きなく体を揺らした。
そう言えば、アメリアは前から思ったことを率直に言うことが多々あった。
その上、アメリアは人に傅かれることに慣れた王族。
人の気持ちを考えてものを言った事は数える程しかないのだ。
そして、それは全て晶の為だった。
幸いにも、今回はアメリアのその性格がいい方向に転んだようだ。


「何も」


そう言って、クロウは自嘲気味に笑った。
クロウが、あの丘の上での一件以来初めて自分の内を他人に打ち明けようとしているのだ。


「俺は所詮妹も助けられない弱虫だ。それに、とっくに気づいてんだよ。妹が復讐なんか望んでいないのを」


クロウが机を殴り、修繕し終わった武器であろう重そうなメイスが机の上で跳ねた。
アメリアはそんなクロウを冷めた目で見ている。
夜はそんなアメリアの目を見てゾクリと背中に冷たいものが流れた気がした。


『あ、アメリア嬢?』


呼びかけるも、アメリアからの返答はない。
アメリアの赤い瞳に確かに魔力が宿ったのを夜は見た。
晶とアメリアが持っているという“世界眼”については仲間になったその日に聞いている。
何でも、相手のステータスが見えるとか。
晶は夜に、人間には過ぎたスキルだと言っていた。
そのスキルは常時発動しているのだが、魔力を込めると更に別のものも見えるとか。


「・・・私なら、何がなんでも復讐してほしいけど」


クロウが静かに目を見開いた。
そして、アメリアの怪しげに光る瞳を見て息を呑む。


「エクストラスキルか。今、お前には俺がどう見えている?」


クロウはアメリアのそれが“世界眼”であることに素早く気づいてそう言う。
アメリアは静かに目を閉じた。


『知らないわ。自分で考えて。・・・でも、全てを見る者として助言を一つ。自分が逃げるのに妹を使うのはやめた方がいい。虚しいだけ』


アメリアの瞳にはハッキリと、悲しげな顔でクロウに寄り添う黒猫の獣人族の女の子が映っていた。
“世界眼”は全てを見せるエクストラスキル。
幽霊が見えたとしても不思議ではない。
最も、レベルの関係で晶にそんな芸当は出来ず、アメリアも意識して魔力を込めないと長時間は見えないのだが。
クロウは静かに瞳を伏せた。


「・・・美味かった。今日のところは帰れ」


そう言って、背中を向けるクロウに、アメリアは一礼してその場を去った。
夜はアメリアについて行きながらチラチラとクロウのいる工房の方を気にして何度か振り返った。
完全に工房が見えなくなってからようやくアメリアを見上げる。


『アメリア嬢、良かったのか?』
「いいの。立ち止まって下を向いている人に技を教えて貰っても晶に届かない。あの人見かけによらず優しい人だから」


出会って数日だろうとその人をさらけ出してしまう“世界眼”に寒気を感じながら夜はそうかと呟いた。
そして、珍しく晶関係でない人に気を使っていたかと思えば、やはり晶本位なアメリアにいっそ尊敬の念さえ浮かぶ。


「ふふふふふふ・・・。行け。行って、地上の人間は皆殺しだ」



やれやれと嘆息の息を吐く音が途中で止まった。
アメリアも少したってそれに気づく。
二人は揃って地面を見つめた。


「・・・・・・・・・何これ」
『・・・アメリア嬢、これはやばくないか?』


魔物である夜と“世界眼”を持つアメリアはそれにいち早く気づいた。
少しばかり獣が混ざっている周りの獣人族も首をかしげて地面を見る。

まるで、おぞましい何かが誰かの号令で一斉に動き出したかのような。


『っ!アメリア嬢、あれを!!』


夜の声に指された方向を見ると、黒い何かが吹き出しているのが見えた。


「お、おい、あれって迷宮の方向じゃ・・・」
「まさか百年前の災厄が来たのか!?」
「嘘っ」


周りの獣人族達が口々にそう言って、空を見上げる。
吹き出した黒い何かは一瞬にして空に登り、澄んだ青空を黒く染めた。


『・・・“アドレアの悪夢”』


夜は忌々しそうにそう言った。
百年前に同じようにして獣人族領の首都、アドレアを襲った魔物は今は襲われる側として黒い空を見上げる。


「・・・状況を把握したい。夜!」
『了解!』


アメリアの一声で夜は自分のサイズを調節して巨大化した。
アドレアを襲った黒猫の大きな魔物が突然出現したことで周りの獣人族がパニックに陥っているが、今は気にしている場合ではない。
夜はひとっ飛びで彼らの頭上を飛び越え、近くの高台を目指した。


「・・・ついに来たか、百年前の悪夢の再来が」

「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く