暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第65話 ~イチャイチャ?~



夜はどこか行きたいところがあるらしく、晩ご飯を一緒に食べた後に別れた。
行きたいところって、知り合いでもいるのか?

俺達は宿に戻って再びゴロゴロとベットの上を転がる。
王族を泊まらせる部屋なだけあって、ベットはふかふか、とても寝心地が良い。
迷宮に潜ってからは硬い床で寝ていたから尚更そう思う。
アメリアも隣のベットでうつらうつらとしていた。
寝る前に体拭かせないとな。

そう言えば、別れる際に夜にサムズアップされたのだが、あいつ、まだ俺がアメリアを襲うと思っているのか・・・。
確かに、こんな美少女を抱くなんて全世界の男のロマンだろう。
だが、俺とアメリアでは容姿に差がありすぎだし、俺もそういう経験がある訳じゃない。
あっちでは、生きていくためにお金を稼ぐのに精一杯で、毎日夜遅くまでバイト掛け持ちしていたから彼女なんか作る暇もなかったし、いたとしても俺の家にはいつも母さんがいるからイチャイチャも出来なかっただろうと思う。
まあ、する相手もするつもりもなかったけどな。

悶々と考えていたために、アメリアが起き上がって隣に寝転んだのに気づかなかった。


「・・・アキラ。考え事?」
「あ、ああ。あのギルドマスターについてな」


眠たそうな目をこすってアメリアが俺の顔をのぞき込む。
少しだけドキッとした。


「スキル『無干渉』?」
「『不干渉』だ。とても厄介なスキルだよ」


猫のように擦り寄ってくるアメリアの頭を撫でる。
アメリアは、まるでゴロゴロと喉を鳴らしそうな顔で更に擦り寄ってくる。


「・・・アキラ、私美味しそうじゃない?」


一瞬、思考が止まった。
んん?


「どういう意味だ?」


思わず体を起こしてそう聞くと、アメリアは口を尖らせて寝たまま俺を見上げた。


「だって、こんなに近くにいるのにアキラ襲ってくれない。魅力ないのかな」


ションボリと悲しそうな顔をするアメリアに、俺は唖然とした。
アメリアの口からそんな言葉が出てくるとは思わなかった。
俺は額に手を押し当てて息を吐く。


「魅力がない?まさか。魅力がありすぎて一緒にいるのが辛い」


ぽろりと口から本音が溢れ出る。
アメリアは静かに目を見開いた。
なんてこと言ってんだ、俺。
顔に熱が集まってくるのを感じた。


「ふふふ。ならいい」


アメリアは恐らく耳まで真っ赤な俺を笑って、後ろから抱きついてきた。
そして、後ろから耳元に囁く。


「アキラが食べたい時に食べていいから」
「~~~~っ」


ああ、男として女に手玉に取られるなど情けない。
でも、これだけは譲れなかった。
俺は首だけを後ろに回してアメリアの頬に口付ける。


「魔王からの用事とやらが終わったら思う存分抱いてやる。覚悟しとけよ?」
「うん!」


出来るだけ威圧的に言ったつもりなのだが、アメリアには頬を赤く染めて元気よく頷かれてしまった。


「よし、寝るぞ。明日から“夜刀神”を修理してくれる鍛冶師を探しに行くんだからな」


くるりと体の向きを変えてアメリアと向き合う形をとる。
アメリアは既に俺にしがみついてウトウトとしていた。
そう言えば、さっきから眠たそうだったなと思い出す。
二人で抱き合いながら、ベットに倒れ込む。
眠気で靄のかかった意識の中、体は明日の朝拭こうと考えていた。



ーーーーーーーー


『主殿、ただいま帰ったぞ・・・・・・?』


それから数時間後、行きたかった場所から帰ってきた夜はやけにモッコリとした晶のベットと、無人のアメリアのベットを見て首をかしげた。
とっくに消灯時間は過ぎており、真っ暗闇だったが、一応は猫である夜には関係ない。
昼間のように見える視界の中で、ゆっくりとベットに近づき、布団を捲る。


『ほほう、これはこれは。良かったな、アメリア嬢』


そこには、お互いを抱きしめて眠る晶とアメリア。
服の乱れ具合から一線を越えていない事は分かるが、アメリアが晶の事で悩んでいたことを知っている夜は幸せそうなアメリアの顔をみて優しく微笑んだ。
布団を元通りにかけ直して、夜は空いたもう一つのベットに横になる。
小さい体だとベットの範囲が勿体ないので、わざわざベットの大きさに合わせて自分の体のサイズを調節した。


『・・・おやすみ、主殿、アメリア嬢。明日から忙しくなるぞ』


そう呟いて、夜は静かに目を閉じた。


「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    なんだと!?

    0
  • 篇音移霧

    書籍化おめでとうございます!

    12
コメントを書く