暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第64話 ~宿~



「それでは、アメリア様御一行様一部屋で宜しいですね。朝食はどう致しますか?」
「ああ、屋台でとるからいらない」
「かしこまりました。部屋を案内させますので少々お待ちくださいませ」


今、俺達はある宿の受付に立っている。
そこはしっかりしていそうな宿で、俺達は揃って肩をなでおろした。

実は先ほど、アメリアが小腹がすいたと言い出して、近くにあった飲食店っぽい店に適当に入ったのだ。
マスターは猫系の獣人族で、種類で言うと三毛猫だろうか。
イギリス風のなかなか洒落た、喫茶店っぽい店だった。
獣人族が食べるようなもの、例えばマタタビなど以外にも食べ物があり、人族の冒険者らしき人も客として居る。
客の入りもまずまずの様だな。
男の俺より食べるアメリアが色々と頼んでいるうちにそこのマスターと仲良くなり、マスターオススメの宿を聞いてみるとここだったという訳だ。

マスターも、街で俺が意図的に流している噂を知っていたらしく、アメリアの正体がハイエルフだということを分かっていての紹介なのだろうが、冒険者ギルドがそうであったように、獣人族の建物は外装と内装が真逆なことが多く、外装は悪くないのに内装やサービスは最悪・・・なんてことがザラにあるらしい。

まあ、ちゃんとした店もあるらしく、マスターオススメの宿、“とり万。”は一階が居酒屋の清潔そうな宿で、なで肩の鳥系獣人族の亭主は良い人だった。

獣人族では恐れられている夜にもあまり怖がることはなく、アメリアにもそれ相応のもてなしがされた。


「初めまして、ハルだよ。部屋を案内するね」


案内役としてなで肩亭主の後ろから出てきたのは八重歯が可愛い、人族の女の子だった。
しかも、髪が黒く、これで瞳も緑ではなくて黒だったらまるっきり日本人だっただろう。
名前も日本っぽいしな。


「コラ、エルフの王女様なんだぞ!?」


ハイテンションで気さくに挨拶をするハルになで肩亭主が慌てて窘めた。
頭を下げようとする亭主を、アメリアが止める。


「こちらはまだ獣人族の王にも挨拶をしていない、完全にお忍びで来ている状態。そこまでもてなしてもらう訳にはいかない」
「ですが・・・」


釈然としないような表情をする亭主に、アメリアは一つ提案をした。


「なら、あなたオススメの飲食店を教えて。それでいい」
「はい、では数軒リストアップさせてお部屋にお届けさせて頂きます」


アメリアは頷いて、ハルを促した。
ハルは先程とは打って変わって真面目な表情で俺達を案内した。


「では、こちらになります」


ハルは食事をする広間などを案内しながら、明らかに特別仕様の大きな部屋の前で止まった。


「・・・ここがアメリア様方のお部屋でーす。万が一の事があった時の非常出口はこちら。何か御用がある時にはそちらのベルを鳴らしてね」


案内されたのは恐らく、この宿で一番安全でなおかつ清潔な部屋。


「あ、壁は完全防音仕様で夜も気にせずにお楽しみいただけますよー」


最後にそう言い残して、ハルは戻っていった。
あいつ、なで肩亭主の前ではちゃんと敬語に直していたのに、もう普通に戻っていやがる。
反省の色ゼロだな。


『・・・主殿、俺は空気が読める魔物故にちゃんと夜には出ていくから安心しろ。あ、念話でこっそり聞くような無粋な真似もしないぞ』
「夜、俺がアメリアにそんなことをすると思うか?」
『思わんが、据え膳食わずには男が廃るとも言う言葉があるのでな』
「どこで覚えてきたんだそんな言葉」
『魔王様が言っておられたのだ!』
「まだ会ってすらない魔王に対する評価ただ下がりなんだが」


夜をモフりながら二人で会話していると、アメリアが目の前にニュッと出てきた。


「二人で何コソコソしてるの?」
「『何でもない』」


シンクロナイズドスイミングの選手もビックリのぴったり具合で返事をすると、アメリアはふーんと、納得のいかない顔をしていたが、引き下がってくれた。
俺と夜は息を吐き出す。
今度からはこういう会話は念話でしよう。
そう決意して、それほど多くはない荷物の荷解きを始めるアメリアの隣で同じく荷物の整理をした。


「・・・アキラになら食べられてもいいのにな」


そう隣でアメリアが呟いていたのを俺は知らない。



「アメリア美味しいか?」
「ん!」


口いっぱいに食べ物を頬張るアメリアに、俺は口角が上がるのを感じた。
あのあと、ゴロゴロして長旅の疲れを癒した。
一応部屋は隅々まで調べ、魔力を使って何か仕掛けられていないかも見たが、何もなかった。
こちらに来てから死にかけたり殺されかけたりが多かったために神経質になりすぎているのかもしれないな。
まあ、普通にこれ位の警戒は必要だろうが・・・。


「あとはあのギルドマスターの厄介なスキルをどうするかだよなぁ」



「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    ( ^ω^)おっおっおっ

    0
  • ノベルバユーザー231017

    年頃の男と美少女…おっと鼻血がでてしまっt…

    3
  • YUKI.N

    主人公が学生ということをすっかり忘れていた...

    7
  • トモ

    ゆうべはおたのしみでしたね

    3
  • 三日月

    夜も楽しむ(意味深

    8
コメントを書く