暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第62話 〜質問〜



「君たちが何を話しているのか、俺にも分かるように説明してくれ」


唇を尖らせるリンガさんに、俺は世界眼のことをぼやかして説明した。
いくらギルドマスターとは言え、全てを話すわけにもいかない。
まあ、本当に信用できるかどうか分かってから、全てを話そうと思う。
そんなに隠すこともないけどな。


「まあ、いいだろう。こちらが把握すべきは二つのみ。オダアキラ、君は勇者召喚で異世界から呼び出された勇者か?」


人族のある国が勇者召喚を成功させたと噂が広まっているらしい。
俺は言ってもいいことか、夜と目を合わせた。


「・・・なるほど。で、続いての質問だが、」


俺と夜の反応を見て、察したリンガさんは次の質問に移る。
ポーカーフェイスを保ってないと、やはり俺はこういう駆け引きは苦手だ。


「そこのヨルとかいう名の従魔、お前は魔王の右腕だったな?」


夜が魔王に近しい地位だったのは薄々察していたが、右腕だったのか?
だとしたら、どうして魔王は自分の右腕を俺に差し出すような真似をしたのだろうか。


『その通りだが、今の俺は主殿の配下。やんちゃであった若い頃のようにこの国を滅ぼそうなどと考えてはおらんから安心しろ』


おい、今さらっと爆弾発言したよな?
説明を求む。


「そこにいる従魔は魔物出会った頃、魔王の右腕としてこの国・・・いや、この大陸を滅ぼそうとしたのだ。当時の勇者様が奮闘したお陰で獣人王が住まれている城の一角が崩れ、街が崩壊しただけで済んだが、それから我らは黒い猫を怖がるようになった。誇り高き獣人族の名が泣く」


ちらりと夜を見ると、明後日の方向をむいて決して上手くはない口笛を吹いていた。
こいつ、反省してないな。
通りで街の住民達が俺を見て逃げていく訳だ。
さっきのチンピラ共は酔っていて気づいていなかったのだろうが、一般市民が俺の方を見て逃げていくのは、精神的にくるものがあった。


『魔王様のご命令だったからな。そして、あの時は戦争中。俺は悪かったとも思っていないし、謝るつもりもないぞ』
「分かっている。ただ確認がしたかっただけだ」


外見だけ純粋無垢な夜が本当は破壊神だったと言う事実にアメリアは呆然としている。
いや、見た目に騙されていはいけない。
こいつは、会って早々にドラゴンブレスをしてくるようなやつだ。
思い出してもみろ。
最初の頃は本当に破壊神だったじゃないか。


『あ、主殿、途中から念話で丸聞こえなのだが・・・』


そんなふうに思っていたのだな。
と、夜が拗ねてしまった。


「やはり、従魔とその主人が念話というスキルで繋がっているというのは確からしいな。貴重なサンプルだ」


ふと視線をを巡らせると、天井にカメラのようなものがあった。
こちらの世界に来たばかりの時に見たカメラのように悪意のあるものではなかったため、見逃してしまっていたらしい。


「自分の部屋にカメラとは、厳重な警備なだな」


たかが一介のギルマスにしては厳重にしすぎやしないだろうか。


「ここにはしばしば獣人族にとって最も大切な宝が置かれる時がある。その為だよ」
「・・・宝ねぇ、俺たちにそんなこと言ってもいいのか?」


俺達が実は強盗で、その宝を盗るためにやってきたとは思わないのだろうか。


「思わないな。もし強盗なら、従魔は連れない。ましてや黒猫の従魔なんて目立つに決まってる」


目立つのを嫌う強盗犯にしては堂々としすぎているな、たしかに俺達は。
アメリアがいる時点でもう目立ってしまうのだが。
そうだ、目立つといえば、その逆。


「お前のそのエクストラスキル、“不干渉”ってもしかして、自分を全く他人に認識させないという効果か?」
「ああ、そうだが。言っとくが、俺は根っからの文官だ。おまけに先端恐怖症で、ナイフもまともに見られない。だから暗殺者という立派な職業を蹴ったんだよ」


フォークも無理で、箸は大丈夫だから、大和の国から箸を取り寄せているらしい。
俺はリンガさんのステータスの表示を見つめた。
たしかに、職業欄には暗殺者と書いてあるのだ。
俺と全く同じやつ。
つまりは、同職者ってやつだな。
スキルの“不干渉”は、こっそりとこの部屋に来て書類整理をするために使用しているらしい。
通りで、あんなに変な評価になるのだと思った。
もし他の同職者がいたとするなら、きっと宝の持ち腐れと言うだろう。
実際、俺も一瞬そう思ったしな。
だが、こういう生き方はこういう生き方でいいな。


「さて、閑話休題だ。本題に入ろう」


リンガさんがそう言うと、ぴしりと空気が引き締まった気がした。

「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 旧ネオン道理

    まいにちとーこーがいいなぁーーー

    8
コメントを書く