暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第53話 〜散歩〜



『主殿、主殿!』


夜の声で目を覚ますと、木の上だった。
お腹の上には小さくなった夜が座って俺の顔を心配そうにのぞき込んでいる。
夜を見たのは久しぶりな気がした。
決闘の時も、興味がなかったのかずっとアメリアの膝の上で爆睡していたし。
主の応援をしろよと言うと、不敵に笑って、主殿があのような者に負けるはずがありませんからと、謎の信頼を見せた。
嬉しいが、素直に喜ぶべきか悩む。

俺は木から降りてぐっと伸びをする。
夜は隣に鮮やかに着地した。
さすが猫。
木の上は確かに寝心地が悪かったが、迷宮のゴツゴツした床よりもマシだった。
俺は寝返りをめったにうたないから落ちる心配もあまりないし、虫も気にならない。
こちらの世界には蚊がいないのか、うざったい羽音にイライラして眠れないということもない。


「おはよう、夜」
『ああ、おはよう主殿。よく眠れたようで何よりだ。まだ皆は起きておらんから、俺と散歩しないか?』
「お前が誘ってくるなんて珍しいな」


意味有り気な瞳に、散歩だけの用事ではないのは分かったが、寝ていた俺を起こす程の重要な用事なのだろうか。

夜は変身で自らの大きさを調節した。
少し光ったかと思うと、子猫ほどの大きさだった夜は一瞬にして大型犬よりも少し大きいくらいまでになった。


「そのエクストラスキル、便利だよな」
『便利か不便かで言えば確かに便利ではあるな』


その言葉の後、しばらく無言が続いた。
夜は肉球が音を吸収するから足音がせず、一人分だけの足音が響いた。
いや、喋れよ。

俺の心の声が聞こえたのか、夜が話しだす。
念話は聞かせようとしないと通じないはずだから、偶然だな。


『主殿は、これからどうするつもりだ?』
「・・・それは、魔王の部下としてか?それとも、俺の従魔としてか?」


そう聞くと、夜は驚いたように目を見開いて、苦笑した。
心做しか、歩調が軽くなった気がする。


『もちろん、従魔としてだ。今や魔王様との繋がりはこの五感のみ。裏切るつもりもないが、協力するつもりもない』
「いいのか?お前、魔族の中では結構いい地位にいたんじゃねぇの?」


左遷だったという線もあるが、真面目な夜のことだからヘマをしたという訳でもないだろう。
だったら、魔王からの信頼故にこの仕事を任された可能性がある。
エクストラスキル『変身』と会話が出来ることから、きっとそれなりの地位だったはずだ。


『前に主殿には何かあった時には魔王様についても良いと言われたが、そのつもりはないぞ。もし行くところがないのなら、行きたいところがあるのだ』
「お前が希望を言うのは珍しいな。どこだ?」


流したが、夜の言葉に少し感動したのは内緒だ。


『獣の大陸、“ブルート”だ』
「獣人族の大陸か。何でまたそこなんだ」
『獣人族には優れた鍛冶師が多い。主殿のその刀、一度見てもらった方が良いだろう』


俺は夜の視線を辿って肩口から漆黒の柄をちらりと見た。
魔法くらいしか効かないはずの魔物相手に幾度となく死線を共にくぐり抜けてきたサラン団長からの贈り物は死にかけたのと同じくらい消耗していた。
もちろん、刀の手入れを怠ったことは無い。
それでも無茶をしたのは確かで、それなりにボロボロだ。


「そう、だな。確かに、見てもらった方がいいな」
『そうであろう?』


得意げに胸をはる夜に、俺は苦笑する。
獣人族領に向かう理由がそれだけではない気がするが、またあとで聞けばいい


「じゃあ出発するぞ。今日」
『今日!?』


自分でも爆弾発言だとは思うが、それでも今日出なければならない。


「そもそも、キリカの事でゴタゴタしたから遅くれただけで、本当はすぐにこの島を離れるつもりだった。タイミングが悪かったから今まで留まっていたが、もうこの島に用はない」
「・・・・・・そう、なら準備してくる。」


夜ではない、女性の声が響いたかと思ったら、美少女が白い髪をたなびかせてそこに居た。
た赤い瞳がいたずらっ子のように輝いている。
俺がすこし驚いたところが見れて満足らしい。


「アメリア」
「私だけ置いていこうとしてない?私、最後までアキラに付いていく」


アメリアはそう言って微笑んだ。
エルフ族領に来てからその笑顔は曇っていたが、ようやく復活したようだ。


「もちろん、置いていくつもりもない。王がなんと言おうと、お前は俺と一緒だ。もちろん、夜もな」


夜からのジト目に慌てて付け足す。
二人は満足げに頷いた。


「次いつ帰って来れるか分からないから、ちゃんと王とキリカに言っとけよ?」
「何も言わなくても大丈夫。心配しなくてもちゃんと帰ってくるから」


力強く言い切るアメリアに、俺は微笑んだ。


「そうだな」


その言葉に、少しばかり胸騒ぎがしたのは俺だけだろう。
大丈夫、きっと何も起こらない。
そう、呪文のように心の中で繰り返した。
大丈夫。


「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 顎の長いくう

    夜のベッドの方かと思ったわ

    1
  • NULL

    最後フラグや笑笑

    14
  • ノベルバユーザー13485

    刀の名前がファイアーなエンブレムしか連想させねぇw

    15
コメントを書く