暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第48話 〜溺愛〜



いつまでも広場にいる訳にもいかず、俺達はエルフの城・・・と言うか、神聖樹の側に作られた建物らしきものに入った。
建物というより、成長した木をいい具合に使って住んでいるというか、木が複雑に絡みあって城のようになっていると言うか・・・。
とにかく形容し難い。

雨が降ったら大変そうだが、代々王にはエルフ族領の天候を操る術が受け継がれているとか。
是非ともその術を教えて欲しいものだ。
俺は雨でじとじとするのが一番嫌いなんだよ。


「さて、一応君達は不法侵入者と言うわけなのだが、何か言い訳はあるかね?」


長テーブルの上座で指を組み、こちらを見る王とその隣でこちらを睨みつけるキリカ。
王は先程よりかは落ち着いたようだ。
こちらを睨みつける視線は変わりないが。


「それより、俺はそこの妹さんがそっちにいることが一番の疑問なんだが?」


自分の父親であろうと、王を操って姉を追い出したのだ。
反逆とまではいかないが、それなりの罰は与えられるべきだろう。
俺がそう言うと、王はすっと目を細めて微笑んだ。


「キリカにはもう既に罰を与えた。それに、我が部下達は長らく戦がなかったせいか、大分腑抜けてしまっていた。今回のことは良い反省となるだろう。魅了も明日で解けるから問題はない。」


随分と、甘い。
俺がなおも反論しようとすると、今度は思わぬ方向から待ったがきた。


「アキラ、もういい。」
「アメリア。」


俺の腕をつかみ、静かに首を振るアメリア。


「いつもの事だから。私は忌み子。もとより親から愛されるはずもない。」
「・・・どういう事だ。」

知らずのうちに声が固くなるのがわかった。
キリカは醜い顔でニタリと笑い、王は無表情だ。

アメリアは俯きながら語りだした。

「私とキリカは双子。双子はこの世界では良くないものとして言われている。必ず双子の片方、もしくは両方が災厄を持って生まれるから。」


自分から望んでそう生まれた訳では無いのに散々な言い伝えだな。
俺は無言で眉を釣り上げた。


「大体は髪や瞳が両親とは全く違う色で生まれてくる。見ての通り、キリカはお父様似の金髪碧眼。だけど、私は白髪赤眼。お母様とも似ても似つかない色。本来なら、生まれた瞬間に殺されていたはずの私を生かしてくれたのはお父様。忌み子である私を、他のエルフ達がなんと言おうと生かしていてくれている。だから、感謝してる。」


王は無表情のままアメリアを見ている。
その瞳には、何の色も浮かんでいなかった。
もしアメリアが忌み子で、本当に災厄をもたらすとしても、父親として子供を生かしたいと思うのは普通ではないだろうか。
それに俺が見る限り、王はちゃんとアメリアの事も愛しているように見えた。
と言うより、溺愛しているように見える。
もし本当に愛していなかったら、アメリアが帰ってきたと聞いて飛び出してくるだろうか。
キリカがアメリアを殺しかけた時、怒るだろうか。
謝るだろうか。

俺には、アメリアの思考が理解出来ない。
俺が馬鹿だからとかじゃなくて、きっと生き方も考え方も違うからだろう。
と言うか、アメリアは悪い事ばかりを覚えすぎているのだ。


「なあアメリア。俺の嫌いな性格って知ってるよな?」


なんの脈絡もなく俺がそう言うと、アメリアは戸惑いながらも頷いた。
いつか、迷宮で俺はアメリアに言った。


「“完璧な人”が嫌いだったと思う。けれど、それがどうしたの?」


俺はキリカと王に視線を移した。


「お前はあいつの事を完璧だって言うけど、俺にはそうは見えない。むしろ、欠陥だらけだ。」
「な、なんですって!?」


キリカがヒステリックな声をあげる。
ほらな、欠陥だらけだよな、性格が。


「それに、お前は親から愛されてないって言っていたけど、王は逆に親バカと言うか、お前のこと大好きだと思うぞ?溺愛って言うのかな?だから、俺にはお前がなんで親から嫌われているって言う考えに至るのかが分からない。」
「・・・アキラ君、君は本当に後で捻り潰すよ。」


今まで静かに聞いていた王が額に青筋を浮かべてそう言った。
おお、怖い怖い。


「どういう事情があるなんか知らないけど、とりあえず俺はそう思った。」


俺が人質にとっていた──名前は忘れた──あの偉そうなエルフは、確かにアメリアに怯えていた。
それはもう、殺らなければ殺られるとでも言いたいようなくらい。
他のエルフ達もそうだ。
本気で殺気を飛ばしていた。
キリカ以外。
もしかすると、忌み子と言う言い伝え自体、アメリアの髪と瞳を見た民衆が流したデマなのではないだろうか。
でも、それならなぜそれをアメリアに教えないのだろう。


「でも、キリカは魅了で私を追い出して、皆に裏切られて・・・。」


流石に俺もエスパーではないから、全てが分かる訳ではない。
でも、ちゃんと理由がある気がする。
いや、交渉術のスキルがそう言っている。


「・・・あーあ、台無しよ。」


突然、長テーブルの反対側にいたキリカが片手で髪をかきあげた。
その顔からは、先程まで浮かんでいた性格の悪そうな表情が消えている。
髪と瞳の色こそ違うが、双子なだけあって本当にアメリアとそっくりだ。
性格は真反対だけどな。

アカデミー賞女優も真っ青な見事な変化に、アメリアは一人戸惑っている。
王もまた、ため息をついてテーブルに頬杖をついた。
先程までの完璧な王の雰囲気では考えられないくらいだらけた姿勢だ。
そんな父親を初めて見たのか、アメリアは絶句した。


「流石は我が愛しの娘が連れてきた男だよ。だけど、もう少しアメリアがオドオドする姿を見たかったなぁ。」
「お父様、流石に性格が悪いですわよ。お姉様が可哀想です。」
「それ、キリカが言う?」
「私のは完璧に演技ですもの。」


突然張り詰めていた空気が萎み、だらけだした。
流石の俺も何が何だか分からない。


「ど、どうなって・・・なんで?」
「ほらお父様、お姉様がおどおどしていらっしゃいますよ。」
「あ、本当だ。」


先程とはうって変わって、キリカはアメリアに敬語だ。
王は組んだ指の上に顎を載せて、優しく微笑んだ。


「大丈夫、きちんと説明するよ。流石にそろそろ言ってあげないとと思っていたのだよね。なのにキリカのせいでアメリアはなぜか人族領に行っちゃうし。」
「それにつきましては申し訳ありません。ですが、あれは私ではなくリアムが暴走した結果ですわ。」


きちんと説明するよと言いながら全くの無視。
いい神経しているよ。


「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く