暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第46話 〜大和の国3〜 佐藤司目線



鶯亭の近くにある柊屋ひいらぎやと言う食事処ののぼり旗に“丼”と言う文字を朝比奈君が見つけ、俺達七人はその店にぞろぞろと入った。


「うわぁ・・・うな丼あるぜ!」
「海鮮丼も!!」
「生きててよかった・・・。城を出てよかった・・・。」


ほかの客が食べている丼を見て、俺達は歓声を上げた。
クオリティこそ日本に劣るが、今の俺達にはきっと、給料日前の母特製、天かす丼でも美味しいと涙を流すに違いない。


「お客さん何にします?見たところ、丼飯を食べたことあるようだけれど。」


愛想の良さそうなおばちゃんが奥の方から注文を取りにやって来た。
髪と目の色こそ俺達と違うが、服装はまさに俺達が生まれる前の日本人の服装で、注文の取り方などは現代の俺達と同じだった。


「お品書きってありますか?」
「おしながき?なんだいそれは。」


お品書きはないみたいだ。
細山さんは気を取り直して再び聞いた。


「メニューと言うか、品物を書いたものはありませんか?」
「ああ、メニューだね。メニューならここにあるよ。」


雰囲気的にお品書きの方が通じると思ったのだが、どうやら何代目かの勇者は随分と大雑把なようだ。
外来語と混ざってしまっている。


「ありがとうございます。・・・俺は、海鮮丼にしようかな。」
「じゃあ俺もー。」
「私はわさび丼で。」
「栞ちゃん、聞くからに辛そうなんやけど。あ、まぐろ丼で。」


みんな次々に頼んでいく。
細山さんの注文だけ、どこかおかしい感じがしたがまあスルーだ。
そう言えば、細山さんはこれまでの旅でもどこかおかしい食事をしていたような・・・。
いや、忘れよう。
顔とのギャップが凄すぎて、記憶がかなり曖昧だ。


「俺はねぎトロ丼。おい、あと頼んでないの佐藤だけだぞ。」
「あ、悪い。えっと、親子丼で。」
「あいよー。」


俺はふと、あいつの事を思い出した。
晶は、ちゃんと食べているのだろうか。
・・・いや、心配しているのではなくてだな。
きちんと食べていないと倒しがいがないからな。
あと、帰った時に晶のお母さんに晶は餓死しました、なんて言えない。

晶のお母さん、怒ったら怖いんだよな。
いや、人は誰だって怒ったら怖い。
だけど、晶のお母さんはひと味違う。
普段大人しい人程怒ると怖いというが、正しくそれと言うか、一度晶と殴り合いの喧嘩をして、次の日に晶のお母さんとうちの母親の両方から怒られた。
晶の方は俺を覚えていなかったが、晶のお母さんは俺を覚えていたらしい。
そもそも、喧嘩の理由が晶が俺を覚えていなかったことに対する俺の怒りだったわけだから、あながち無関係とは言えない。
その時、俺は自分の母よりも晶のお母さんから怒られた方が怖かったのを覚えている。
ただ淡々と、俺と行動のどこが悪かったのか、どうすれば良かったのかを懇切丁寧にニコニコしながら説明された。
まだ幼かった俺は、怒っているのに笑っている晶のお母さんが理解出来ず、ただただ怖かったのだ。


「お待ちどうさまー!えっと、親子丼は誰だったかね?」
「あ、俺です。」


思考がちょうど途切れた時、注文の品が来た。


「「「いただきまーーす!」」」


そして俺達は、本当に久しぶりに米を食らう。


「ああ、米だ。」
「生きててよかった・・・。」
「お前、それしか言ってなくね?」
「美味しいな。」


いつも通り表情の変わらない朝比奈君を除き、幸せそうな顔で丼飯を食べる。


晶は米が好きだから、きっと何がなんでもこの国に来るに違いない。
朝比奈君は晶との合流を望んでいるが、俺は先に進ませてもらう。
人族の大陸を東から大きく回って半周し、実力をつけながら魔族の大陸、ひいては魔王の城に乗り込む。

勇者は晶ではなく俺だ。
俺が、成し遂げなければならないのだ。
朝比奈君には悪いが、俺は魔王を晶より先に倒す。
倒して、皆が俺のおかげで帰れるのだ。
みんな俺に感謝するに違いない。
もちろん、晶もな。



「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 見習いにゅーびー

    魔王を倒した奴が魔王になるんじゃね?

    1
  • 真砂土

    どう言うことだってばよ?

    0
  • アン・コ・ロモチ

    そう、戻れないから魔王が居る…⁇

    0
  • うぇーい乁( ˙ω˙ 乁)

    たしかに

    2
  • 水樹 悠莉

    テンプレでいくと、魔王倒しても元の世界に帰れないかもだよな。

    29
コメントを書く