暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第38話 〜ドラゴン3〜



影魔法がドラゴンの内部を破壊し尽くした。
脳を掻き回し、再び刀身まで戻ってくる。
ドラゴンから力が抜け、完全に事切れた時、突然その巨体が光りを発し始めた。
普通の魔物はもちろん、死んでから光りなど出さない。

薄暗いボス部屋に、ドラゴンの光りは少し強いくらいだった。

俺は〝夜刀神〟を抜いてドラゴンから飛び降りた。
遠くから見ていたアメリアが駆け寄ってくる。
アメリアの方に攻撃が行っていないところを見ると、アメリアがいたあたりがやはり遠距離攻撃の射程圏外だったようだ。



「アキラ、怪我は?」
「大丈夫だ。ドラゴンの鱗で出来た擦り傷しかない。」
「でも、右足の怪我、悪化してる。」



ちらりと右の太股をみると、
「今はアドレナリンが出てるから大丈夫だ。」
「あどれなりん?」
「・・・後で話す。」



それより、とドラゴンがいたあたりを見た。
光りがどんどん薄れていき、ドラゴンの巨体が消え、代わりにドラゴンとは比べ物にならないが、大きな黒い猫の魔物が横たわっていた。



「・・・これがドラゴンだった魔物?」
「多分な。ステータスのエクストラスキルに変身ってあるから、それじゃないのか?」
「一度見たものに変身出来るっていうスキル。エクストラスキルなら、ちらっと見ればステータスでさえも、ほとんど真似出来たはず。でも、強度は自分で攻撃して確かめないと真似できない。」
「ドラゴンに攻撃する程の馬鹿じゃなかったってわけだな。そのお陰で俺達が救われた訳だが。」



俺は、ブラックキャットという名前らしい、魔物に近づいた。

名前がまんまだな。
神様がもし名付けてるなら、もうちょいマシな名前をつけてやれよ。


アメリアもそれに続く。
黒い毛並みに黄金の瞳を持つ魔物は薄く目を開いて俺たちを見た。
まだ息があったらしい。



『・・・人間がこの階層まで来るのは初めてだ。』



薄く開いた口から音が漏れた。
渋めの、深く頭に響くような声が、目の前の瀕死の魔物から聞こえるとは思えなくて、俺とアメリアはキョロキョロとあたりを見回す。



『こちらだ、馬鹿者共。・・・はぁ、俺を倒した者がこのような馬鹿だとは、至極残念。』
「誰が馬鹿だ、馬鹿猫。」
「馬鹿って言う方が馬鹿なの。」



悪口に間髪入れず返答すると、ブラックキャットは少しだけ目をすがめる。
笑ったようだ。

結構元気じゃねーか。



『・・・その論法でいくと、その男が馬鹿だということになるな。まあ良い。お前には魔王様から伝言を受け取っている。聞くか?』



ブラックキャットは、俺の目をまっすぐ見て言った。
俺は首を傾げる。
魔王など、まだ名前を聞いたことある程度のお知り合いだ。
むしろ、あちらが俺のことを知っていたことに驚きなんだが。



「・・・魔王?俺に何の用なんだ。」
『さあな。俺にもあの方のお心は分からん。』
「・・・アキラ、聞くの?」



アメリアは不安そうに俺を見上げた。
俺はアメリアの頭を撫でる。



「大丈夫だ。アメリアがいてくれれば大丈夫だろう?」
「・・・うん。」
『・・・ゴホン。』



居心地が悪かったのか、ブラックキャットはその渋い声で咳払いをした。
その瞳には憎しみの光が浮かんでいる。
やはり、どこの世界でも男女がイチャイチャしているのを見ると怒りが湧き上がってくるものらしい。



『・・・〝魔族の大陸、〝ヴォルケーノ〟。そのさらに奥にある、魔王城で待っている。〟』
「・・・・・・それだけか?」
『ああ、俺が受け取った伝言はこれだけだ。』
「色々謎なんだが、その伝言はどうやって受け取った?」



ブラックキャットは首を振る。



『俺達は魔王様より創られし魔の物。俺達はみな魔王様の目となり耳となり、手足となる。受け取らずとも、分かるのだ。』
「・・・俺の聞いた話だと、魔物は神が創ったんだが。」
『では、その話が誤りだ。俺は魔王様の御手によって自分が創られたことを昨日のように覚えているからな。』
「・・・。」



誇らしげに言うブラックキャットに、俺は黙った。
ブラックキャットが嘘をついているようには見えない。
でも、サラン団長が俺に嘘をついたとも思えない。

では、どちらが正しいのだろうか。



『さあ、男よ。俺を殺せ。』
「は?何でだよ。」
『魔王様より賜った変身のスキルを見破られた俺に、戦術的価値はない。あのドラゴンはよく出来ていたと思うのだが。』



どこか悔しげなブラックキャット。
俺は首をかしげた。



「今更だが、お前なんで動けないんだ?」
『俺の動きを最後の最後まで止めた重力のせいに決まっているだろう。無理に抗ったために骨が軋んで立ち上がれん。』
「・・・へえ。重力だということは知ってんのか。」
『俺達の魔王様は博識であらせられる。』



再び胸をはるブラックキャットに、俺は頷く。
なるほど、魔王は俺達の世界から召喚、もしくは転生した人か。

この世界に科学はない。
サラン団長からも聞き、アメリアとの会話からもその事は伺える。
そもそも、アメリアが重力を知っていたことに驚きだったが、召喚、転生によってこちらの世界にきた人に教えてもらった、またはそういうのが記録として残っている可能性もあるのだ。
不思議なことではないのかもしれない。

それに、レイティスでも電灯やカメラを見た。
まだまだ市民の方には普及していないようだが、使い方も間違ってはいない。
王城で見つけたカメラの方は使い方が巧妙だった。
きっと教えた者がいるのだろう。



『分かったのなら殺せ。』
「断る。」
『なぜだ!!』



ブラックキャットはくわりと牙を剥いた。
俺はブラックキャットが動けないのをいいことに、屈んでさわさわとその毛並みを撫でた。
暖かいその毛はとてもフサフサで、掌を置いただけで数センチ沈んだ。



「こんな美しい毛並みの猫を俺が殺れるわけないだろ。」
「そういえばアキラ、猫は魔物であろうと撫でまくってた。」
『何っ!?』



そう、俺は猫が好きである。
黒猫は災いを呼ぶなどと言われていたりするが、猫を悪者扱いするなど言語道断!
自分の不幸は全て自分が原因だ。
という持論を持っている。



『・・・どうしたものか。これで帰っては俺は一生笑い者だ。』
「なら、俺達と行動すればいい。俺のことを知ることが出来て魔王も万々歳、俺は常にモフることが出来て万々歳だ。」



な?とアメリアに目を向けると、アメリアはブラックキャットの毛に手を滑らせてうっとりとしていた。
返事は聞かなくても分かる。



『俺は別にいいが、同族、つまり魔物は殺せんぞ?』
「そりゃそうだろ。とりあえず、一日三十回はモフらせろ。」
「私も。」
『・・・お前ら、変わってるな。・・・・・・まあ良いだろう。ついて行ってやる。』
「まあ、勝ったのは俺たちだから、最終的な決定権は俺とアメリアにあるんだけどな。」





かなり不純な理由で旅の仲間が一匹増えました。


「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    ホモモ?

    0
  • ノベルバユーザー222517

    徐々にBL要素が消えてきて安心して読める…良かったε~( ̄、 ̄;)ゞフー

    0
  • ヽ(゚∀。)ノウェィwwww

    この猫むっちゃモフりてぇ

    23
コメントを書く