暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第35話 〜不思議な男〜



私は、自分が可哀想であると思ったことがない。
だけど周りの大人達は私が可哀想な子だと言う。

可哀想とは何なのだろうか。
可哀想は、周りの大人が決めることなのだろうか。
それとも、私が決めていいことなのだろうか。


髪が白いと可哀想なのだろうか。
瞳が赤いと可哀想なのだろうか。
妹の方が優秀だと可哀想なのだろうか。


私には、もう分からない。
確かに、妹の方が綺麗な髪で綺麗な瞳で、とても強い。
昔から、妹に全てを取られてきた。
味方だったはずの両親に友達、愛を囁いてくれた婚約者。
いつの間にか、全ての同族が妹の元にいて、なぜか私が妹を虐めていたことになっていた。
妹はみんなの前で泣いて、私がどれだけ酷いのかを熱弁した。

同族は皆、妹に味方した。

そして、私はエルフ族領を追放され、神聖樹から離れることを選択させられた。

誰も、私の言葉を信じてくれなかった。
私も、誰も信じられなくなった。


それから、“フォレスト”を出て、人族の大陸“カンティネン”に流れ着いたのだと思う。
知らない森で混乱しているところをあの黒いスライムのようなドロドロの魔物に喰われたのだ。

死を覚悟した。
というか、死んだと思った。


次に目が覚めたのは人族の迷宮の中。
確か、名称はカンティネン迷宮だっただろうか。
黒髪の、あまりぱっとしない男が食べ物を与えてくれた。

私は、あのスライムのような魔物は、最近エルフ族領を騒がせている誘拐犯が放った、エルフ族を捕獲するために改造されたスライム亜種ではないかと考えている。

理由は二つ。

一つ目は、喰われる寸前に、微かだがたしかに人の気配がしたから。
それも、一つや二つではなかったように思う。
たぶん村が近かったのだろう。
もしあの魔物が人間を食べる肉食だったのなら、私一人ではなく、村を襲った方がいいはずだ。
多少苦戦しても、あのスライムは非戦闘系の職業である村人くらい問題なく捕食出来たはずである。
もし、たまたま冒険者がいたとしても、あのスライムなら相当な実力者でなければ、返り討ちに出来る。

二つ目は何故かカンティネン迷宮にいたこと。
それも、自分の実力に合わないような下層に。
迷宮の魔物は基本的に自分の実力の階層を動かない。
例外は数年に一度起こる。
魔物が迷宮からあふれかえるとき。
あのときは、我先にと魔物は階層を上がって地上に現れる。
このことから立てられる仮説は、私を捕らえたあとに、もう一人連れて帰ろうとした。
体の大きさからすると、もう一人くらいは入る余裕があったし、誰かの命令に従っているあのスライムもどきが実はエルフという種族ではなく、魔族並みに魔力の多い人という条件で標的を捕捉していたのなら、魔力がかなり高いであろうこの目の前の男は、その条件に合致する。
その考えが正しいとして、どうしてエルフ族を狙っていたずの誘拐犯が人族の大陸に魔物を放ったのかは分からないが……。


もしかしたらこの男の方に理由があるのかと思って、私は何もかもを見透かしてしまうため、同族の皆が嫌った世界眼で、男のステータスを見た。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・アキラ-オダ
・種族/人間
・職業/暗殺者Lv.68

・生命力23000/23400
・攻撃力15600
・防御力10400
・魔力8400/9100

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スキル
・算術Lv.5
・交渉術Lv.5
・暗器術Lv.8
・暗殺術Lv.8
・曲刀技Lv.9
・短刀技Lv.5
・気配隠蔽Lv.MAX
・気配察知Lv.9
・危機察知Lv.8
・威圧Lv.7
・咆哮Lv.3
・二刀流Lv.3
・魔力操作Lv.8
・幻惑魔法Lv.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エクストラスキル
・言語理解
・世界眼Lv.2
・影魔法Lv.7
・幸運

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


少しの間、私は絶句した。
明らかに、おかしい。

冒険者ギルド、最高ランクの金ランクである妹のステータスよりも遥かに強い。
攻撃力だけで言うと、先代の魔王を凌いでいる。
それなのに、どこか気配が薄い。
強い者独特の気配というものが、この男からは感じられなかった。

じっと見つめていると、不思議に思った男がこちらを見てきたので、不審に思われないようにとりあえず悲鳴を上げておいた。
随分と長い間食べ物も水分もとっていない喉には重労働だったのか、少しすると掠れ始めた。

それを知ってか知らずか、焼かれた魔物の肉とパンが差し出される。
その直後に、私のお腹がなった。
はしたないが、私はそれを奪って迷宮の隅で食べる。


アキラと出会ったのは、そんな場面だった。
見ず知らずの、しかも魔物の中から出てきたような女に食料と水を与えてくれたアキラは、私の顔を見ても目をそらさず、顔を顰めなかった。

それどころか、“完璧”が嫌いだと言ってくれた。
同族に信じてもらえなかった私としては、それだけでも嬉しいセリフだった。


「アキラ、私の髪と瞳、変?」


そうやって聞いても、アキラは絶対に目をそらさない。
そして、不思議そうに、いかにもそれが当たり前のように答えるのだ。


「何を言ってるんだ?お前以上に綺麗な髪と瞳を俺はまだ知らない」


アキラはまだ妹のことを見てはいないが、それでもアキラならと思ってしまう。
アキラなら妹を見ても、私の味方をしてくれそうだ。

それに、近くにいるとドキドキするし、肌が触れ合っただけで心臓が跳ねる。

きっと、これが恋なのだろう。

同族のエルフ達の綺麗な顔にも反応しなかった頬は、アキラが頭を撫でた途端に赤く色づく。


ずっと、アキラのそばにいたい。
何があっても、私はアキラの味方をする。
例え、アキラが世界を敵に回しても、私だけはアキラのそばに居る。


そう、心に強く誓ったのはいつだっただろうか。
その誓いは薄れることなく、心の中にある。


「アキラ、ずっと一緒にいようね」
「あー。そばにいてくれんだろ?」
「うん」


この時だけ、妹に感謝をしていなくもない。
同族達に裏切られていなければ、私はアキラと出会うことがなかっただろう。


だから、キリカ・ローズクォーツとその他大勢の同族達、裏切ってくれてありがとう。


「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゆるりんX

    ユキ どうでもいいけど異世界最強じゃなくて世界最強な

    0
  • 真砂土

    キズナアイここまで2時間もかかったのかw

    1
  • ノベルバユーザー204569

    ユキ それな!まじ思う

    0
  • ユキ

    少しありふれた職業で異世界最強に似てる気が、、、まあ面白ければよし

    12
  • ノベルバユーザー209717

    メインヒロインかわいいのになんでBL枠があるんだろう。。

    11
コメントをもっと見る / 書く