暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第31話 〜世界最強〜



アメリアは、思いのほかよく動いた。
王族だからてっきり悲鳴をあげて逃げ惑うと思っていたのだが、俺はどうもアメリアをなめていたらしい。


「アメリア、そっちに三匹行ったぞ」
「ん。問題ない。『グラビティ』」


重力魔法で三匹をまとめて押しつぶした。
大きなネズミのような魔物は三匹仲良くぐちゃっと潰れた。
グロい。


「美味しくなさそうだったから」
「いや、別に怒ってないぞ」


俺の視線に、目を逸らして口を尖らせたアメリアは俺の一言で表情が輝く。
相も変わらず分かりやすくて何よりだ。


「今、何階層くらい?」
「六十二だな。今日で七十は行きたいが、流石にキツイか」
「私とアキラなら行ける。最強コンビ」


どこからそんな自信が出てくるのやら。

俺は黙ってアメリアの頭を撫でた。
こうすると、アメリアは途端に機嫌が良くなる。
少しだけ頬も赤くなるのだが、俺は自意識過剰ではないから勘違いはしない。
きっと、迷宮内が暑いのだろう。


「さて、水分補給はしたか?」
「うん。……何でこまめに水をとるの?」
「脱水症状になったら困るからな。まあ、こんな迷宮の中は脱水症状よりは魔物の方を警戒しないといけいが。気をつけとくに越したことはないだろう」
「だっすい……しょ?」


この世界に熱中症の概念はないようだ。
医療関係の技術も進んでいないらしい。


「暑くて水を飲んでいない時、具合が悪くなったりしないか?」
「……する」
「それが熱中症って言うんだよ。下手したら死ぬぞ」
「暑い日に若いエルフ達が突然具合が悪くなってそのまま死ぬことがあったけど、流行病じゃなくて、だっすいしょーじょーだったんだ」


納得してくれたようだ。

俺も一度、バイトが忙しくて水分補給を怠ったから熱中症になりかけたからな。
あれはキツかった。
俺にベッタリだった妹はずっと泣き叫ぶし、母に家事を全部させてしまったし。
あれから自分の体調管理には人一倍こだわるようになったのだ。


「分かったらこまめに水を飲んどけ」
「分かった」


俺は暗器を投げる。
遠くの曲がり角から顔を出した魔物の額に命中した。

スキルレベルもプレイヤーレベルも順調に上がっている。
目標達成するのが早いか、迷宮攻略が早いかだな。


「アキラのいた世界……と言うか、国?に似た国知ってる」
「へえ?俺達の前に召喚された勇者が国でも興したか?」
「そう。確か、人族のエルフ族領側にある国だった」


アメリアから聞くと、どうやら江戸時代位の日本がそのままあるような国が人族にあるらしい。


「国の名前は、〝大和〟(やまと)。アキラが食べたいって言ってたお米が主食の国」
「よし、迷宮から出たらそこに行こう」
「ん。アキラならそう言うと思った」


米食べたい。
パンもう嫌だ。
日本人は米と味噌汁でできているのだ。
俺は米がなければ生きていけない。
米ラブ。

ゲフンゲフン、秘めていた思いが爆発したようだ。
あぶないあぶない。


「人気の“おんせん”があるらしいから一緒に行こ?本当は男女別らしいけど“こんよく”っていうのがある」
「アメリアさん、混浴の意味知ってて言ってるか?」
「一緒に裸でお湯に浸かること?」
「……」


いや、ダメでしょう。
フツメンの俺にはアメリア程の美少女と混浴なんてハードルが高すぎる。
それに、周りの視線が辛い。
それに、この子、自分がエルフだということを忘れてないかな。

だが、アメリアは本当に楽しみにしているようだ。



「と、とりあえず保留で」
「迷宮を出るまでに答えを聞かせて」
「ぜ、善処する」


迷宮がずっと続けば良いのに。


そんな会話をしながらも、俺達は確実に魔物を屠っている。


「……今まで、人族がたどり着いた迷宮の最下層は二十階層。しかもレイドを組んでだったから、アキラの戦闘力は人族の比じゃない」


突然何を言うのかと俺はアメリアの顔を見た。
アメリアは真剣な顔でこちらを見ている。
俺は、その真剣さに促されてクラスメイトにさえも言っていないことをアメリアに告げた。


「……何でかは分からないが、俺のステータスは明らかに勇者よりも強いんだよ」


アメリアは察していたのか、少し頷いただけであまり反応を示さない。
そして、言いにくそうに重々しく口を開く。


「アキラ、四種族最強の魔族でさえ、一般人の基本攻撃力は九〇〇が限界。先代の魔王の攻撃力が一〇〇〇〇くらいだった。間違いなく、アキラはこの世界最強」

「……そうかもな。『世界眼』を使わなくても、俺がおかしいことくらい分かってるよ。それに、俺はある人との約束でレベルを一〇〇まで上げるために迷宮に潜っているんだ。外に出た時、間違いなく俺は歩く破壊神のようなものになるかもしれない」

「一〇〇まで上げたらどうなるの?」

「さあな。俺も正確には分からない。でも、俺の望むことが起きるのは確かだと思う」


前の世界なら、きっと即射殺許可が降りるだろう。
危険人物として実験モルモットになるかもしれない。


すると、アメリアはぎゅっと俺の手を握った。


「世界がアキラを化け物だって言っても、私はそばにいるよ」
「ありがとう」


少しだけ、アメリアに救われた気がした。


そう言えば、前にこんな事があったな。
俺はアメリアの位置だが。

元気かな、京介きょうすけ


「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゆるりんX

    ホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモ

    0
  • 真砂土

    ホモホモホモホモうるせぇよてめぇらはホモしかいえねぇのかよ



    ホモ

    1
  • ノベルバユーザー235774

    作者はBLが好きなのか

    2
  • ノベルバユーザー226215

    まともなヒロインができたかと思えばすぐホモw

    5
  • ノベルバユーザー204569

    お前らホモホモうるせぇ

    0
コメントをもっと見る / 書く