暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第30話 〜家族〜




『……お兄ちゃん、どこにいるの?早く帰ってきて。お願い!もうわがままも言わないし、家のお手伝いもするから!!』
『……まったく、あの人といい、私の周りの男はみんな消えちゃうんだから……ゲホッゲホッ!』


妹と母が心配そうに俺のことを探していた。
顔を見るのも随分と久しぶりだ。
母の顔はまた更にやつれただろうか。
……ああ、帰りたい。
帰りたい。

帰るためなら、俺は手段を選ばない。


「………夢か。随分とリアリティのある夢だったな」
「……あ!アキラ、起きた?ご飯、まだ?」


すぐ隣から聞こえるゆるい声に、俺は思わず半眼になった。
起き上がると、アメリアがお腹を抑えて恨めしげにこちらを見ている。


「お前はシリアスクラッシャーか?」
「しりある?美味しそうね」


こいつにシリアスを求めた俺が馬鹿だったよ。
俺はサラン団長が用意してくれたパンと、予備としてとっておいた肉を包んでいる布を取り出した。


「……アキラ、魘されてた。悪い夢でも見た?」
「いや、むしろ幸せな夢だった」


母と妹の姿を思い浮かべて、首を振った。
一ヶ月も帰っていないのだ。
ホームシックにもなる。


「そう。向こうの世界に置いてきた家族の夢でも見たの?」
「ああ」


パンを少し炙り、肉を焼く。
アメリアは口の端からじゅるりと涎を垂らす。
……まだ生肉なんだが。

俺、異世界から来たことを言っただろうか。


「世界眼を使えば何でもわかる。アキラが夜、何をオカズにしていたかも……」
「おい!下らないことで目を使うなよ!」
「下らない?アキラとの距離を縮めるのに必要なこと」


パンに伸びる手を叩き落とし、肉をひっくり返した。
肉の匂いに釣られて魔物が現れる。
豚の様な顔をした二足歩行の何かだ。
レベルは五十二か。
アメリアが立ち上がろうとするのを抑えて、俺は無造作に暗器を投擲した。


「……アキラ、肉ゲット」
「そいつは美味くないぞ」
「そう。食べれない肉は消滅するべし」


アメリアは重力魔法で魔物の死骸を押しつぶした。
魔法の無駄使いだ。
魔力が無限に近い位あれば普通の行為なんだろうか。
ちゃんと暗器を避けているあたり、一応は考えて行動しているらしい。
でも、朝からスプラッタかよ。
まあもう慣れたが、流石に臭いがキツイな。


「……そいつを遠くに捨ることができた人には、より大きい方の肉をやろう」
「行ってくる」


ちょろい。


「いただきます」
「……それなに?」
「ああ、この世界には食べ物に感謝するっていう習慣がないんだったか」


エルフ族は知識に対する執着が凄いという。
こいつが俺といるのもそういう理由からかもしれないな。

俺は食べながら日本のことを教えた。
思いのほか食いついてくる。
もちろん食べながらだが。


「神が八百万もいるの?」
「一応、全ての万物に神が宿っていると考えられているんだよ」


そう言えば、サラン団長ともこんな話したな。
まだ数週間まえの事なのに、妙に懐かしい。
勇者はちゃんとやっているだろうか。
クラスメイト達の呪いは解けたのだろうか。


「……アキラ、アキラの家族の話、聞きたい」
「まあいいか。家は、病弱な母さんと妹が一人いる。母さんの名前はゆかり。妹の名前はゆいで、一個下だ」
「父親は?」


……父親。

俺は、小さい頃に一度見た広い背中を思い出して、歯をきしませた。


「俺が小六の時に失踪した。病弱な母さんと子供の俺たちを抱えきれずに逃げ出したんだよ」
「……そう 」


それ以来、母さんは家で内職を、俺は学校に内緒でバイトをかけ持ちをしてどうにかこうにか家計を繋いできた。
唯だって、部活に入りたかっただろうが、それを我慢してバイトをしてくれている。
食事を含め、家事は全部俺がやっていた。
ちゃんと食べれているだろうか。
俺が帰る前に、食中毒や栄養失調で家族が死んでいたらシャレにならない。


「……私も妹いるよ」
「へえ、意外だ。お前姉だったのか」
「うん。私なんかよりずっと綺麗で、何でもできて、完璧な妹」
「へぇ……」


雲行きが怪しくなってきた。
俺はじっとアメリアの赤い瞳を見つめる。
肉を前にするとキラキラと輝く赤も、今はくすんでいる。


「私、何も出来ないから。家事も、何でも。妹は一度見たら何でもできる」
「その妹は、肉が好きだったりするのか?」
「ううん。何でも食べる。スキルも、私より多いし強いし……なんで肉?」


やっと読めてきたような気がする。
要は、出来損ないの姉と優秀な妹がいて、親に優秀な妹だけが優遇されているってことか。
いつもいつも姉は妹と比べられて、卑屈な性格になるっていうやつだな。
俺と妹はそんなことなかったな。
まあ、別の意味で特殊な家だったから、母親がそんなこと絶対に許さなかったし。


「場を和ませようとしたんだよ。とにかく、俺は“完璧”と言う言葉が嫌いだ」


アメリアが、下を向いていた顔を上げた。


「完璧ってことはこれ以上にはなれないってことだからな。人間、欠点を持っていた方が成長するし、面白くともある。エルフであっても一緒だろ?……だから、もしその妹が完璧というやつなら、俺はそいつが嫌いだ」


同じ理由で、勇者も嫌いだ。
確かに欠点も多いが、それを完璧で覆い隠している。
だから俺の知る勇者は完璧の上で胡坐をかいていた。
凡人からすると、面白くともなんともない。


「……そう。じゃあ、アキラに妹は会わせられないね」
「こちらから願い下げだ。……それより、食ったら迷宮探索開始するぞ」


慰めるのとかは専門外な上に苦手なんだよ。

俺はアメリアの頭を少し撫でて、立ち上がった。
“夜刀神”を整備しておかないとな。


「…なんでありがと」


だから、本当に小さな感謝の言葉など聞こえていない。
ないったらない。




「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー55278

    なんでありがとって、どうゆうこと?

    8
コメントを書く