暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第28話 〜アメリア-ローズクォーツ〜



寝起きのようにぼーっと俺の顔を見た女の子は、次の瞬間口をOの形にして悲鳴を上げた。
表情に動きが見られず、口だけの悲鳴なだけあってさらに不気味さを増している。

うわぁ、女の悲鳴ってこんなに甲高いものなのか。

うるさいからとりあえず落ち着かせようと、目の前に魔物の肉を焼いたものと、残り少ないパンを差し出す。

ピタリと悲鳴が止み、続いて誰のとは言わないが、お腹がなった。
単純かつ素直で助かる。


「……」


女の子は光の速さで俺の手から食べ物を奪うと、野生の猫のように俺を警戒しながら隅の方に逃げた。
なかなかいい動きだ。

感心していると、すごい速さで食べ終わった女の子が目線でもっとくれと催促してくる。
俺は仕方なく自分の分としてとっておいた肉を女の子に渡した。


「……あ、ありがとう」


掠れた声で言う礼に、俺は頷いてコップに水を注いでやる。
便利だな、生活魔法。
これさえあれば火種と水分には困らない。
例えガスも水道も通っていない迷宮の中でも自炊が可能だ。

女の子は素晴らしい食べっぷりで、最後に水を一気飲みしてやっと息をついた。


「……助けてくれてありがとう」


水のおかげで大分マシになった声で女の子がまた礼を言ってくる。



「ああ。どうして魔物の中にいた?」

「知らない」

「あっそ」


お互いに無口なためか、会話がすぐに途絶えた。
聞きたいことは山ほどあるが、とりあえず目の前に浮かんでいる女の子のステータスプレートにツッコミたい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・アメリア-ローズクォーツ
・種族/ハイエルフ
・職業/神子Lv.51

・生命力/500/25000
・攻撃力/400
・防御力/350
・魔力/測定不能

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スキル
・王族の気品Lv.4
・魔法生成Lv.4
(重力魔法・蘇生魔法・呪詛返し・回避魔法)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エクストラスキル
・弓術Lv.8
・神舞
・軍師
・世界眼Lv.3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   


エルフはエルフでもハイエルフだったか。
しかもなんだよ、チートかよ。
魔力の測定不能って何!?
魔法生成ってチートかよ!!

しかも、こいつも世界眼持ちか。
俺のステータスプレートもバレてんのかな。


「……アキラ、は何でいるの。」


とっくに名前バレしてんのかよ。
一応名前は聞けよ。
俺じゃなかったら思いっきり不審な目で見られるよ。


「スキル上げ」

「そう」


また、会話が途絶えた。

そう言えば、エルフの髪は総じて金色だと聞いていたのだが、アメリアは真っ白だった。
瞳も青ではなく、赤い。
いわゆる、先天性白皮症と言うやつだろうか。

普通は気味悪がるところなのだろうが、生憎普通の感性は持ち合わせていない。
とても、神秘的で綺麗だと思っていた。
初対面のやつにそんなことは言わないけどな。


「アメリアはエルフの島に帰りたいのか?」

「……いや、帰らない。アキラといるつもり」


勝手に決定されていた。
まあステータスプレートを見る限り邪魔にはならなそうだからいいが、こんな美少女を連れ歩いたら、周囲が面倒くさい。


「俺はこの迷宮を攻略したら帰るつもりなんだが」


俺がそう言うと、アメリアは僅かに首をかしげて感情のない瞳で俺をじっと見た。



「……ないよ」

「は?」

「アキラの居場所、人族の城にはないよ」

「……っ何でわかるんだ?」


全員、洗脳されているのは分かった。
王様と王女が隠している水晶を割れば、勇者の時みたいに解呪が可能なはずだ。


「……分かるよ。私も、アキラと同じ目を持ってるから」

「世界眼のことを言っているなら、俺のはまだレベルが足りない」

「……ううん。アキラが、拒んでるだけ」

「……っ」


きっと、未来を見ないという俺のさっきの決心のことだろう。
俺は、何もかもが見透かされている気がして、アメリアから目を逸らした。


「……寝る」

「おやすみなさい」

「……おやすみ」


自分用の布をアメリアに投げると、俺は迷宮の壁に背中を預けて座った。

迷宮の迷路の突き当たりの為、何かが近づいてきたらすぐに分かる。
経験から、迷宮の壁から魔物が出てくるのは何かしらのトラップを発動した時だけだと分かっていた。

一応気配察知の範囲を広げてアメリアまでをカバーする。
アメリアは既に寝息を立てていた。
順応しすぎだろ。
一応エルフの王族なんだよな?
ステータスプレート表記ミスじゃないよな?

……はぁ、これからに不安しかない。



不本意だが、俺の旅にも同行者ができた。


「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • トゥルントゥルン5331

    ホモなんだろ?

    2
  • 影狼

    ホモであってくれ笑

    1
  • ノベルバユーザー204569

    同意だな(確信)

    0
  • Lily

    やっぱりホモじゃないか(歓喜)

    7
  • ノベルバユーザー179102

    不本意だが(重要)

    13
コメントを書く