暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第25話 〜キメラの肉〜




「……ん?」


俺は六十層のボス部屋で飛び起きた。
体にとてつもない違和感を感じる。


「……傷がない」


キメラと戦ってついた傷も、サラン団長との稽古でついた打撲痕も、慣れない地面での雑魚寝で痛めた腰や背中も、すっかり完治している。

周りに人の気配がないことと、傷があった所から魔力が感知されないことから治癒師が治癒魔法をかけたのではないことは分かる。
そもそも、治癒魔法に全ての傷を癒してしまうような魔法はなかった筈だ。
かと言って、俺に自己再生のようなスキルはない。
俺の腹時計的にバトルしたのは昨日のことだし、自然完治は有り得ない。

久しぶりに思っきり伸びをして、思考を止めた。
どうせ考えても分からない。
ならば、考えるだけ無駄だ。
知る時が来たら自ずと分かるだろう。


「……さあて、キメラの肉で腹ごしらえしたら、また潜るかなぁ」


バラバラ殺人事件ならぬ、バラバラキメラ事件の現場が出来上がってる場所にスキップで向かう。

迷宮には虫がいないらしく、生肉を一晩ほど放っておいたのに一匹も虫が集っていない。
ボス部屋だから他の魔物に食べられる心配もなく、綺麗に倒れる前の状態で残っている。
肉の方は新鮮とは言い難いが、まあ食べれなくもない。

魔石で火を起こしたいが、燃やすものがないので肉を直接炙る。
直ぐに香ばしい匂いがボス部屋全体に広がった。


「いただきまーす」


手を合わせてかぶりつく。
肉汁が口いっぱいに広がり、甘みが広がった。

結論を言うと、キメラの肉、めっちゃ美味い。

後で知ったが、魔物の肉は強ければ強いほど美味しくなるらしく、キメラの肉など高級食と言うより誰も食べたことがないと言う方が正しいくらいレアな肉だったらしい。

流石に全ての肉を食べる事は出来ず、荷物になるため泣く泣くボス部屋に置いて出た。


「さて、今日はどこまで行けるかなぁ」




「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    そもそも新しいボス出てこないの?

    0
  • ソーニャ

    まずキメラの大きさから考えて鯨見たいに中に「肉」が大量に詰まってたら多分血?みたいなのが爆発みたいな感じではじけて充満してくのでは?べつにさほどおかしくはないかと(まぁ200メートルもの部屋がある時点で可笑しいのですがね)

    1
  • ベベックス

    ボス部屋って200メートルくらいある設定なのに、匂いが充満するのはおかしくない?

    2
コメントを書く