暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第21話 〜迷宮再び〜



          〈とある書斎にて〉


「上手く邪魔者を追放出来たようだな」

「はい。〝夜鴉〟どもには褒美を持たせましょう」

「ああ。……にしても、あのサランがよくもまああっさりと殺られるものよ」

「国王陛下がお望みになったのですから失敗するはずがありませんわ。勇者以外の者の呪いも完成いたしましたし、後は東国との戦争理由待ちでしょうか」

「そのうち、指名手配犯を匿っているなどをでっち上げればいいだろう。あの小僧はどうせどこぞでのたれ死んでいるだろうしな」

「はい。全ては国王陛下の御心のままに」


計画は着々と進んでいく。
当事者達の知らない場所で。

          ==========


城から出た俺は、そのまま迷宮に潜った。


『もし何らかの罪を着せられて逃げる時、迷宮程良い隠れ蓑はありません。通路はほぼ迷路ですし、姿を隠せる場所は沢山ありますからね。そうならないようにこちらも注意はしますが、もし不可抗力でそうなってしまったのなら、カンティネン迷宮に潜ってレベル一〇〇を目指しなさい。君であればあるいは……』


頭の中でサラン団長の言葉が浮かぶ。
もう会えないと思うと再び目の端に水が滲んでくるが、首を振って意識を切り替えた。

今は一瞬一瞬が命取りになる迷宮内である。
常に気を張り詰めておかなければ、パーティーを組んでいない今の俺はすぐに殺されるだろう。
ただでさえ多対一が苦手な職業だ。
囲まれたら、いくら低級の魔物といえども命取りとなる。


「っ!……はぁ、やっと五階層か。朝早い時間は人が多いと思ったけど、意外と居ないもんだな。」


横道から飛び出してきたゴブリンを、城から盗んできたナイフで瞬殺して、ホッと一息ついた。

Lv.4の気配察知は半径約五十メートルほどの距離が有効範囲だ。
気配隠蔽Lv.5を持っていて気配を消している魔物なら見つからないが、こんな上層でスキルレベル3以上はそうそう居らず、半径約五十メートル以内に魔物が居なければ安心していい。

前に迷宮で騎士団の人に教えてもらった方法でゴブリンの心臓部にある魔石を剥ぎ取る。
人間に似た形の魔物は心臓部に魔石を持っている場合が多く、獣型の魔物もあるにはあるが、人型の方がドロップ率は遥かに高い。
それは、この前の迷宮遠征でも実証された。
そして、魔石は大きければ大きいほど高値で売買される。
主に魔術師の魔法媒介の為だが。
魔石には魔力が宿っており、魔法を使う者なら幾らか取り出して自分の魔力に変換できる。
ゴブリン程の低級の魔物では、小指の爪程のサイズが通常サイズだ。
これだけで、スキル欄にすら表示されない、誰でも使える生活魔法で火が起こせる。
これからの事を考えると、魔力の消耗を抑えるためにも是非とも大量に欲しい物だ。


「持っといて損はないからなぁ」


そう呟いて、紫色の魔石を黒装束の普段暗器を仕舞っている場所に入れる。
暗器は後の回収が面倒くさいから、数本しか持ってきていない。
いざとなれば影魔法でどうにかするし、大丈夫だろうと思う。

気配隠蔽をカンストしているお陰で、目の前を魔物が通り過ぎても平然としている事ができる。
もちろん、サラン団長のような目を持つ魔物が居ない訳がないので警戒はするが、持っていないよりは随分と楽だ。

姿を隠していれば、通りすがりに首をはねることも出来る。
誰に殺られたのか、どうやって殺られたのか分からないまま死んでいく魔物が俺の前で大量発生している。
魔石も七匹に一つはあり、余裕が出てきたのでスキルレベル上げのために気配察知を常時全開にしておく。
レベルアップすると範囲が広くなるので、ある意味レベルアップがわかりやすかった。


つい数日前に来たばかりだったので道順も大分覚えていて、一度も迷うことなく下の層に降りる階段をみつけた。

今日中に三十階層までは降りたい俺は、躊躇うことなくその階段に足を踏み出して、止まった。
危機察知のスキルが警鐘を鳴らしている。
小さい魔石を一つ取り出して投げると、地面に当たった瞬間にその魔石の近くに矢が刺さった。


「怖っ……。こんな上層で初見殺しもいいとこだろ」


毒が塗ってあったり、矢が急所目掛けてセッティングされているわけではないが、それでもとても危ない。

前来た時はこんなのなかったのだが、いつの間に設置されたのだろうか。


その後、俺は三十階層まで一度も休憩することなく降りた。
その間に、前のモンスターハウスのようなトラップが七箇所、先程の矢や初級魔法が飛んでくるタイプのトラップが二十箇所あった。

全て回避したが、危機察知のスキルレベルを上げるのにいい鍛錬かもしれない。
途中で数組の冒険者らしきパーティーと会ったりしたが、気配隠蔽を気付くことなく通り過ぎた。


「さて、ここからが未知の世界だな」


ミノタウロスを倒したあたりで立ち止まって、ぐるりと周囲を見渡す。

迷宮の中は大体薄暗く、壁際に均等に並んでかかっているランプが黄色い光を発している。
天井まで大体十メートル位で、ミノタウロスが五メートル程だったので、もしかするとミノタウロス以上にでかい魔物も出てくるかもしれない。

そんなことを考えていると、ドキドキと鼓動が早まった。
冒険にワクワクするとは、俺も男だということだろうか。




「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    (˶ ̇ ̵ ̇˶ )

    0
コメントを書く