暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第10話 〜異世界〜



「……珍しいですね」


ジール君はそう言って、掴んでいた襟首を離した。
特に体制も崩さないまま立ち上がる私を忌々しげに見ながら、服に付いた埃を払ってくれる。

払うくらいならそもそも引きずらないでほしいなぁ……。

と、思いつつも言葉には出さない。
私偉い。


「くだらないこと考えてないで返事をしてもらえますか」


時々、彼は本当はエスパーではないかと疑っている。
心を読まないでほしいなぁ。


「私が一人に固執することが、かい?」

「それもありますが、あなたのあれほど楽しげな顔、久しぶりに見ました」

「……そう」


確かに、久しぶりに笑ったかもしれない。
いつもは作り笑いしか浮かべていない顔が、久しぶりの本当の笑顔のせいで、少し表情筋が痛い。

それほど、彼は面白く、また彼の話も面白かった。


「どんな話をされていたのです?」

「彼らの世界の話さ。その代わり、私からはこの世界のことについて話した」


アキラ君の話は、暗雲の立ち込めた中の一筋の光のように感じた。


ここだけの話だが、私は彼らの事を少し疑っていた。

勇者召喚という秘術が代々王家に伝わっていることも、過去に異世界から勇者が召喚され、魔王を倒したことも知っている。
だが、現物を見ないと信じない性分のせいか、王女と数人の宮廷魔道士が、勇者召喚に成功したとの知らせを受けても、信じられなかった。
この目で見ても、心の奥底では信じていなかったように思う。

どれだけ頑ななんだ、我が心。

彼の話を聞いて、ようやく喉の奥のつっかえが取れた気がした。


「それほど面白かったのですか?」

「うん。その昔、“賢者”とも呼ばれた私が全く知らない、未知の話だった」

「サラン様が知らない……」


団長呼びが昔の呼び方に変わっているほど衝撃を受けたらしい。


「ちなみに、その内容とはどのような物なのでしょう?」

「そうだね、……魔法ではなく、科学という物が栄えている世界の話さ」


そして、私はアキラ君が話した通りの言葉をそのままジール君に話す。

ようやく話し終えたとき、ようやく王城内の自室に辿り着いた。


「にわかには信じられませんね。……動く鉄の箱に、空飛ぶ鉄の塊。一瞬で世界各地に伝わる情報、遠く離れた場所でもリアルタイムで声を届けられる薄い板」

「私もそう思うよ」


事務室の椅子に腰掛けて、眉間を揉む。
ジール君が気を利かせて入れてくれた水を、有難く一気飲みした。


「ありがとう。……でも、アキラ君の目は、嘘をついている人の目じゃなかった」


これは自慢だが、虚偽を見分けられる位の目は持っている。
伊達に騎士団長をしていない。


「貴方がそう言うのであればそうなのでしょう。……それで、彼をどうするおつもりで?」

「彼ね、自分の実力を隠してる。本当は勇者よりも強いんじゃないのかなぁ。気配遮断をMAX状態で持ってるらしいし」

「Lv.MAX……ですか?ですがそれは伝説の勇者様だけにしか辿り着けなかった領域では……」


そう、この世界の住人はLv.9が最高スキルレベル。
そもそもLv.7以上に上がる人すら稀である。

だが、異世界から来た者はその壁を平然と越えていく。
モルガン人と異世界人との決定的な差はそれだ。


「私は〝観察眼〟系のエクストラスキルは持っていないから定かじゃないけど、これも嘘ではない」

「しかし、何故国王達が介入に動かないのです……なるほど。」

「そう。彼は“気配隠蔽”を使って水晶の儀を受けなかった。スキルを使い慣れているばかりか、頭もいい」


もしここに彼がいたら、きっと全力で首を振っていただろう。


「彼を、こちらの陣営へ入れるおつもりで?」

「うん。それと、彼を鍛える。鍛えると言っても、彼が自らに課しているメニューの、無駄な部分を削ぎ落として、必要なことをさせるだけだけど」


一応メニューは聞いたが、おおよそ信じられない内容だった。
かなりストイックな子だ。

ジール君は私の決定に異論を挟まず、頭を下げて退出していった。


さて、明日からも忙しくなるなぁ。



「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く