暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

第6話 〜騎士団長〜



バカ達がこの世界を救うと決めてから数時間後、俺達は各々の職業に合った武器を手に、グラウンドどころか、学校丸々入りそうな訓練場に集合した。
俺も不自然ではないタイミングで気配を現す。
訓練場一つで剣術も弓術も槍術も魔法も、何か分からない訓練もしている。
何だあれは……モーニングスター?


「初めまして、勇者様方。私はサラン・ミスレイと申します。この国の騎士団長であり、“最後の砦”です。これ、自分で言うと恥ずかしいなぁ」


騎士団長と名乗った優男は、そう言ってへらりと笑った。
こんな騎士団長で大丈夫なのだろうか。
と言うか、イケメン滅べ。


「団長、そのままでは舐められてしまいますよ!」


俺の心を読んだのか、副団長と思しき真面目そうな男が後ろからコソッと言っているが、サラン団長は笑ったままである。
王様達の笑顔を思い出すと、団長さんの方が暖かい気がした。
多分だけど、この人達は大丈夫だろう。
でも、一応警戒はしといた方がいいよな。


「大丈夫、大丈夫。さて、勇者様方には1ヶ月後に近くの迷宮に潜ってもらいます。その為に、今日から毎日、この時間から訓練。……というのが王様からのご命令ですよ」


ニコリと笑っていたかと思うと、急に真面目な話をしだすサラン団長。
出会ったばかりだが、この人は本当に掴みにくい人だな。
ざわりと空気が揺れた。
訓練かぁ。
俺は自分のペースでやりたいんだよなぁ。
よし、サボろう。
ふと横を見ると、勇者達の顔が恐怖に歪んでいる。
あれ、君ら世界救うんじゃなかったっけ?
団長さん達はそんな勇者達を見て、呆れた顔をしていた。


「い、一ヶ月後ですか?」
「何か不満でも?」
「一ヶ月で強くなるものでしょうか」
「むしろ、私達が指導して強くなれなかったのなら、それは君達の方に原因があると思いますね」


サラリと宣言する団長さんにへっぽこ勇者は顔を顰めた。
そういえばこいつ、他人からバカにされるのが凄く嫌いだったような。


「ハッキリ言いますと、私達騎士団はこの国の“最後の砦”であることに誇りを持っています。魔法もないような世界から来た、しかもたかが子供に、負けるわけにはいかないんですよ」


再びあの食えない顔でニッコリと微笑む団長に、勇者とその他は額に筋を浮かべる。
簡単に挑発に乗りすぎだろ。

ふと、団長と目が合った。
一応、お返しの意味でニッコリと笑っておく。
こいつらはともかく、俺まで舐められているのはちょっとムカつく。
……何だかんだ言って、俺が一番子供っぽいな。

俺のお返しをちゃんと受け取った団長さんは、少しだけ目を見開いて、今度は優しく微笑んだ。
くそう、イケメンが笑うんじゃない。
女子達の視線がそれだけでサラン団長に釘付けとなった。

サラン団長からの話はそれだけらしい。
騎士達に従って、勇者達は扱う武器ごとに散らばり始めた。
よし、サボるか。
頑張れよー、勇者様達。
俺はちょっと蔵書室行ってくるからー。
え、禁止されているって?
知らないね。
昨日の会話を聞いた後だと、王様達の命令には片端から反抗したくなる。




「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く