暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが

赤井まつり

プロローグ 〜闇の暗殺者〜



とある建物の、斜めに傾いた屋根の上に闇に溶け込むような黒づくめの影がいた。
首には黒布が巻かれ、余った布と外套が風に靡いている。
まるで何かを待っているかのように、影は屋根を凝視してじっと動かなかった。

意識していても気づかないくらい完全に闇に溶け込んでいる影を見つけられるのは、きっと影の同業者だけだろう。

しばらくして、黒づくめの影はため息をついて立ち上がると、左足を下げ、短刀を抜いて突然戦闘態勢にはいった。
視線の先には何もないかのように見えたが、その瞬間に空気が揺らいで一人の男が浮かんでくる。
その男も影と同じく黒づくめの軽装だった。
違うところは得物と首に巻かれた黒布、そして漆黒の外套を羽織っているくらいだろうか。


「……同業者か。なぁ、お前はこいつを守ってるのか?それともお前のような大物が、こいつを殺りに来たのか?」
「こいつと、俺の邪魔をするやつを殺りに来た」


男の質問に、影は簡潔に答える。
元より、真面目に返答するつもりはなかった。
明確な殺意を相手に伝える。
その殺気に男はぶるりと体を震わせた。
男も裏の世界ではそれなりに名の知られた人物だ。
その感覚には覚えがあった。
本気で気配を消せば何人たりとも見つけることは叶わず、万を超える魔物を音もなく葬る人類最強の暗殺者――。


「そうか。あーあ、あの“闇の暗殺者”と依頼がかぶるとか、ついてねぇ」


と、男は心底残念そうにため息をつく。
一応は戦闘態勢をとるも、逃げ腰となっていた。
小柄な同業者の出す圧倒的な殺気に、冷や汗すら滲んでいる。
影はそんな男に気にもとめず、ただ獲物を眺めるような目で観察し、一閃。


「…………!?」


何をされたのかも分からないまま、自らの血潮が吹き出していくさまを、地面に倒れ込みながら呆然と見ていた。
影は前に出していた右足を引いて、短刀の血糊を男の黒布で拭うと、本命へと視線を投じる。


「………」


短刀を持つ手が僅かに震えた。
反対の手で震えを押さえつける。
そして静かに、気配を消してターゲットの部屋に滑り込み、その首筋に短刀をつきつける。



少しためらったあと、影は力いっぱい刃を引いた。
鮮やかな朱色が影を濡らした。
それはさながら雨のように影に降り注ぎ、影もその雨を避けない。
その雨がやんだ頃には、忽然と影の姿は消えていた。




「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー277405

    漫画も頑張って

    0
  • ノベルバユーザー249689

    血潮が血糊になってますよー

    0
  • ノベルバユーザー47507

    面白い☺

    1
  • ノベルバユーザー263635

    おもしろい

    1
  • 真砂土

    かっくいい

    0
コメントをもっと見る / 書く