引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

みんながいるから

「――さん! シュンさんってば!」

 意識が覚めたのは、そんな可愛らしい声に呼ばれてだった。
 うっすら目を開ける。
 滂沱ぼうだの涙を流し、顔をくしゃくしゃにしている妻が、視界いっぱいに映った。

「ロ……ロニン。うっ」

 思わずシュンは顔を引きつらせた。動こうとすると激痛が走る。喋るだけで精一杯だ。それでもなんとか、口から言葉を捻り出した。

「勝ったのか……俺たちは」
「う、うん。熾天使も……あと、他の天使たちもいなくなったから……どうしたのかと……思って……」
「そうか……」

 痛みをこらえながらも、シュンは妻の頭に手をまわした。
 その可愛らしい髪を、ゆさゆさと、撫でてみせる。

 ちらりと視線をずらすと、そこに勇者アルスがいた。動けないシュンの代わりにトルフィンを抱えてくれているようだ。彼はこちらの視線に気づくと、
「心配するな。このガキはそんな簡単にくたばりはしない」
 と言った。違いないとシュンも思った。

「……アルス。とっくに二時間は経ってるよな」
「ああ。どうやら創造神の死亡とともに、世界消滅も取り消されたようだな」
「そうか……」

 ならば、ここまで苦労してきた甲斐があったというものだ。
 シュンの――いや、みんなの頑張りにより、世界は真の意味で救われた。
 もういたずらに人間たちが消されることはない。その元凶たる神族は、残らず消え去ったのだから。

 ――だが。

「おまえたち。これからどうするつもりだ」
 アルスの小さな声が、いやに周囲に響き渡った。

 そう。
 神を滅したとはいえ、シュンたちはもう日常には戻れない。あまりに大きな被害が出てしまった。それは人間・モンスターのみならず、建物などの資産も同様だ。

 長らくシュンたちが築きあげてきた国は、ほとんど振り出しに戻ってしまったといえる。

「大丈夫だよ……」
 シュンの手のひらの下で、ロニンがぽつりと声を発した。
「みんないるんだもん。きっと……どんなことだって乗り越えられる」
「ああ。……そうだな」
 シュンも同意の頷きを返した。

 たしかに当分は苦しい生活が続くだろう。
 でも、いまはみんないる。
 ロニン、セレスティア、アルス、トルフィン、リュア……これだけ有能な人材が集まれば、どんな試練だって乗り越えられそうな気がする。

 そして、今度こそ作るのだ。争いのない、真に平和な世界を。

「また国をつくるのか。本当に元気だな、おまえたちは」
 苦笑いを浮かべるアルス。
「……だが、それでこそ国王シュンだ。是非とも……協力させてくれ」
「当然じゃねえか。おまえには貸しがあるからな。馬鹿みてえに働いてもらうぜ」

 シュンは冗談混じりにそう言うと、改めて、ロニン、アルスを見渡した。

「休んだのち、国を立て直す。苦しいこともあるだろうが……俺たちはもう、神にすら対抗しうる力を身につけた。どんな敵がきても蹴散らせるだろう。最強ステータスで、世界統一ってやつだ」
「うん……!」
「任せておけ」

 ロニンとアルスの声が、星合の間に大きく響きわたった。
  



 引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します― 《完》

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー264161

    眠いのに続きが気になって読破♪面白い作品を有り難うございました♪
    (≧▽≦)

    0
  • ノベルバユーザー163932

    お疲れ様です!

    0
  • ノベルバユーザー172092

    楽しかったです、アフターストーリー期待してます!!!!!

    2
  • マナルーク

    すごく面白かったです!
    筆者さんお疲れ様です。

    0
  • ノベルバユーザー216933

    1日ずっと読んでたから眼が死にそう筆者さんお疲れ様!

    3
コメントをもっと見る / 書く