引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

神をも弄ぶ男

「はぁ……はぁ、はぁ……」
 荒い呼吸が、室内に響き渡る。
「参ったなぁ……本当に……負けちゃうなんて……」
 仰向けに転がり、震える腕で自身の顔を隠す熾天使ミュウ。

 その身体は傷にまみれていた。
 白銀のローブは各所が切り刻まれ、肌を露出させている。足や腕にに至っては無数の切り傷が存在し、彼女の周囲には、赤い液体が円上に広がっている。

 激しい戦いだった……
 魔王ロニンは闇の剣を地面に突き刺すと、そこに自身の体重を支えた。こうでもしないと、まともに立つことさえできそうにない。

 ――勝った……
 開放感を胸に感じつつ、ロニンもかすれた声で呟いた。大きな声を出す体力はまったく残っていない。

「シュンさんたちのおかげだよ。私だけの……力じゃない」
「あっそ……」
 ミュウは興味なさそうに答えると、声に若干の邪気をはらませた。
「どうでもいいけど。ねえ、早く殺してくんない? こんな格好するくらいなら、イッたほうがまし」
「《殺し合い》はしない……言ったでしょ」
「……ふん」

 ミュウはつまらなそうに顔をそむけると、ふいに、ぽつりと呟き声を発した。

「知ってる? ディストはなんで、このタイミングで世界を消そうとしたのか」

「え……」
 返答に窮し、口をもごもごさせてしまう。
 いきなり天使が現れ、人間・モンスターを殲滅せんめつさせていく――この一連の流れそのものは、ディストの悪趣味な娯楽のためだと聞いている。
 自分の創造した《箱》に生命体をつくり、ある程度繁栄したら絶滅させる――その足掻くさまが好きなのだと。

 でも。
 そういえばロニンは知らない。
 ディストが特殊な性癖を持っているとしても、なぜ《いま》なのか……

 ロニンがなおも黙りこくっていると、熾天使は大きく息をつき、語り始めた。

「一言にいえば、シュン……彼があまりにイレギュラーな存在だったからよ」
「えっ……」
「人間とモンスターは、《憎しみ、殺し合うようにする》。ディストはそんなふうに世界を創ったの。あなたも悩んできたでしょ? なんで人間はこんなにもモンスターに冷たいのか」
「あ……」 

 記憶の糸をたぐり寄せたロニンは、知らず知らずのうちに目を見開いた。

「そう。ディストはその戦争を見て楽しんでいた。なのにそのシステムを作り替えた人物がいたのよ」
「それが……シュンさん……」

 ミュウはこくりと頷いた。

「シュロン国を創って、人間とモンスターを共存させる。それって、神に対するとんでもない反逆なのよ。最初は建国に苦しむみんなを鑑賞してたようだけど……でも、だんだんそうも言えなくなってきた。エルノスも死んじゃったからね。実質、シュンに刃向かえる人はいなくなった。本当に平和な世界が創られてきて、ディストにとってはつまらなくなってきた」

「そっか……そういうこと……」 

 得心がいった。
 つまりは、ディストをあそこまで駆り立てた人間も、またシュンだったというわけだ。あの規格外な国王は、神さえも振り回していたということになる。

「ねえ、ロニン」
 改めて名前で呼ばれ、ロニンは
「え……?」
 と小さな声で返事する。 

「正直、あたしは世界がどうなろうが興味ない。だけど……シュンはたしかにすごい人だよ。あんたが惚れるのもわかる」
「あ……」
「あいつなら、本当にディストさえ倒しそうな気がする。だからまあ……せいぜい頑張りなさいな。ディストがいなくなって、世界が変わるのも面白そうだかんね」
「ミュウ……あなた……」

 ――そうだ。
 私はシュンの妻。
 だったら、彼を支えるのもまた、私の役目……
 ロニンが感謝の言葉を述べようか悩んでいると、ふいに、ミュウが激しい悲鳴をあげた。身をよじらせ、両手を空に掲げ、空気を求めるように口を痙攣けいれんさせる。

 ――なんだ!?
 ロニンは大きく目を開き、思わず身構えてしまった。しかしなにも起こらない。熾天使の苦悶の叫び声だけが、室内に響きわたる。

「あはは……ディスト……あんたって奴は……私まで取り込む気……!」

 取り込む。
 いったいどういうことだ。
 ロニンがしどろもどろしている間にも、ミュウの身体はさらに蝕まれていく。気づけば、熾天使の身体が、下半身から上半身にかけて徐徐じょじょに消滅している。
 ミュウの全身はあっという間に破壊の波に呑み込まれ、ついに頭部のみが残された。

「じゃあね……ロニン……」
 死に際、ミュウはただそれだけを言った。
「あたし……あんたたちは嫌いじゃなかったよ。せいぜい……頑張り……なさ、い……」

 残り時間 ――0:01――

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く