引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

引きこもり

 ――ここまでなのか。
 息子と剣の押し合いを続けているうち、シュンの胸に諦観ていかんが浮かんできた。

 ――君は弱くなったんだよ。昔よりずっとね――
 ディストの言葉には不思議と説得力があった。
 普段ならこんな妄言などには動じなかったかもしれない。だが、実の息子に本気で殺されんとされている現在、シュンの心には揺らぎが生じていた。

「トルフィン……思い出せ。おまえがいたから――おまえが元引きこもりだったから、俺は助けられた」
「…………」
 シュンの言葉には構わず、トルフィンは殺意を帯びた剣を押し込んでくる。
 シュンは諦めずに説得を続けた。
「おまえがいたから、アルスは正気を取り戻した。わかるだろ? おまえとアルスがいなきゃ、今頃俺たちはディストに殺されてた」

「ふん。なにを言うかと思えば」
 ディストが呆れた声を発する。
「お涙頂戴なみだちょうだいでも狙っているのかな? がっかりだよ。そんなことでトルフィン君は戻らない」

 ディストは玉座から立ち上がると、どこから出現させたか、巨大な杖をトルフィンに向けた。

「もういい。トルフィン君。君の親は潮時だ。さっさと殺したまえ」
「…………」
 トルフィンは無言で頷いた。

 直後。
 全力を出したのか、トルフィンはかつてないほどの膂力りょりょくを解放した。まさに常識を超えた力。かなりディストにステータスを上げられたようだ。

「しまっ――」
 息子に押し負けた。
 シュンは仰向けに倒れ、無惨にも尻餅をついてしまう。下半身に鋭い痛みが走るが、そんな痛みなど些末さまつなものだった。

「…………」
 トルフィンは無言のまま、闇の剣を逆手に持った。完全に首を狙っている。彼がこのまま剣を降ろせば、いかにシュンとはいえ看過できぬダメージが通るであろう。

「くくく……あっはっは!」
 創造神の邪悪な哄笑が響きわたる。
「どうだねシュン君! 実の息子に殺される気分は!」
「て、てめぇって奴は……!」
「そう、その顔だよ! 君のその顔を見たいがために、君たちにトルフィン君を授けたのだ! まさに傑作の表情だよ!」



「――じゃあ、今度はおまえがそんな顔をする番だな」



 突如として。
 さっきまで虚無の顔つきだったトルフィンが、くるりとディストの方向を向いた。そのまま猛然と創造神へ向けて疾駆し、剣を振りかぶる。

「……な、に!?」
 ディストは当然のごとく驚愕するが、反応速度はさすがだった。勢いよく振られたトルフィンの剣を、杖で弾き返す。

「ちっ、駄目か」
 舌打ちをかましながら、トルフィンは大きく後方に飛び退き、シュンの隣に並んだ。片腕を掲げ、謝罪のポーズを取る。
「わりぃ父上。駄目だった」
「……はっ。目覚めただけでも及第点ってもんだ」

 シュンは不敵に笑うと、地面に片腕をつき、素早く立ち上がった。そのまま二人で創造神と対峙する。

「ば、馬鹿な……どういうことだ!?」
 ディストは大きく顔を歪め、叫び声を放った。そこにさっきまでの余裕はない。

 シュンはふうと息をついた。
「ディストさんよ。あんた、神様の割には察しが悪いな」
「な、なんだと……?」
「考えてたんだ。おまえの《洗脳》がどういう種類のものなのかをな」

 かの武術大会において、トルフィンはアルスの記憶を取り戻させた。
 その手段は実に単純だ。
 アルスは過去のコンプレックスを指摘され、正気を取り戻したのである。
 実際にも、アルスは劣等感に打ちひしがれてたとき、ディストに心を奪われたのだ。これが大きなヒントになった。

「……おそらく、おまえは心の隙につけ込むことで、人を支配していたんだんだろう。だったらそれを解消すりゃいい」
「くっ……さっきの陳腐なお涙頂戴はそのためか……!」
 ディストはぎりりと歯を食いしばった。
「しかし、やはりありえない! そんなことで人のコンプレックスが解消されるわけは……!」

「そこが見当違いだったんだよ」
 と言ったのはトルフィンだった。
「たしかに昔の俺は《引きこもり》であることに引け目を感じていたさ。死のうと思ったこともある。だが……そんな俺を変えてくれた奴がいるんだよ。リュア、っていう名前のな。もう俺は、過去の自分を恥じたりはしない」

「馬鹿な……。引きこもりの分際で……!」
「引きこもりだからこそ、さ。だから父上は俺の気持ちを察したんだ。俺の心傷を癒す、一番いい方法を知ってたんだ」
「お、おのれ……!」
「どうだ創造神さんよ。俺の言った通り、いまのアンタもだいぶ変な顔してるぜ?」
「ぐ……!」

「煽るなよおい」
 シュンは息子の肩を叩くと、凛と燃える瞳をディストに向けた。
「《いまの俺は弱くなった》と言ったな。これを見て本当にそう思うか? 引きこもりがそんなに出来損ないに見えるか?」
「ふん。なんとでも言うがよいさ」

 ディストはつまらなそうに首を横に振ると、杖を親子に向け、再び片頬を吊り上げた。

「ならば証明してみるがいい。引きこもりの可能性を。世界を創りしこの神に、引きこもりごときが勝てるかを!」

 残り時間 ――0:13――

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Erlk

    ヒッキーの可能性w

    1
コメントを書く