引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

守るべきモノ

 ――あれはトルフィンじゃない。
 一目ひとめでシュンはそう直感した。

 寝癖まじりな黒髪も、六歳児らしい小さな身体もそのままだ。
 だが、彼の瞳、表情――そのどれもが、シュンには見覚えがなかった。あろうことか双眸は紅く染め上げられ、表情もまた、感情を忘れてしまったかのように凍り付いてしまっている。

「てめえ……! トルフィンになにをしやがった……!」
 シュンは激情に燃える自分の声を聞いた。
「ふふ……なにを怒っているのだね」
 ディストは眼鏡の中央を指で抑えると、口の片端を吊り上げ、醜悪な笑みを浮かべた。
「君も覚えているだろう? 記憶をなくし、復讐者と成り果てた勇者の姿を。トルフィン君にも同じことをやってみただけさ」
「なんだと……!?」
「どうだね。記憶を失った息子。くくく、これ以上に楽しい余興はあるまい? だが君も人のことは言えないよ。その昔、君は親不孝にも両親を怒鳴り――」
「黙れ!」

 シュンは大声を発し、一人語りを始めようとするディストを黙らせた。
 これ以上、奴の御託ごたくを聞く気には毛頭なれない。

 ディストは肩を竦めると、
「やれやれ」
 と言ってため息を発した。
「しかしどうするつもりかね? トルフィン君には強力な暗示をかけてある。私に服従を誓え、とね」
 そこでディストはトルフィンを横目で見やり、指を鳴らした。パチン、という弾ける音が、いやに大きく室内に反響する。

「――殺せ。君の親を」

 こくり、と小さくトルフィンが頷くのが見えた。
 瞬間。
 生気のない瞳はそのままに、トルフィンは両腕を高く掲げた。
 直後、彼の両手に漆黒色の剣が握られる。
 その禍々しさ、威圧感――見間違えようもない。

 闇の双剣だ。

 ある程度引きこもりを極めている彼が、このスキルを使えても不思議はない。
 だが。
 このスキルは強すぎる――使い方を間違えば、殺生さえ可能なほどに。

「……おいおまえ、まさか」
 シュンが息を呑んでいる間に、トルフィンは紅の両目で、しかと父親を捉える。
「やめろ! 忘れたのか、俺は……」
 シュンの呼びかけは届かなかった。 

 息子は片足で地を蹴り出し、こちらに駆け寄ってくる。
 勢いのあまり、静寂なる星合の間に突風が舞う。
 ――速い!
 シュンは慌てて防御の構えを取る。容赦なく振り下ろされる剣先を、紙一重で掴んだ。

「重い……!」

 知らず知らずのうちに呻いてしまう。
 おかしい。この物理攻撃力。いくら彼が強いとはいえ、ここまでとは……

「ふふ、気づいたかね」
 ディストが嫌らしい笑みとともに言った。
「この時のために、トルフィンのステータスを底上げしておいた。どうだい? 手加減していたら――息子に殺されるよ」
「てめぇ……!」

 いままでこれほどのクズがいただろうか。あのエルノスが可愛く見える。
 このクソったれな神をぶん殴ってやりたい。
 しかし。

「…………」

 トルフィンが無言のまま、さらに剣を押し込んでくる。思いがけない腕力に、シュンはまたしても呻き声をあげる。
 ――どうする。
 本気を出せばトルフィンを殺すことはできる。
 だが、それだけは……

「トルフィン……忘れたのか……俺はおまえの親で……同じ《元》引きこもりじゃねえか……」
「…………」

 シュンの説得も空しく、トルフィンは徐徐じょじょに力を強めていく。親の声はまるで息子に響いていない。

「クク、無駄だよ。アルスと違って、トルフィン君には強力な暗示をかけてある」
「き、貴様……!」
「ふふ、シュン君。君はロニンのおかげで変わったと思っているようだね。だがそれは間違いだ。おおいなる錯覚だよ」
「うるせぇ……」
「《守るべきモノ》を抱えた瞬間、人は弱くなる。その証拠にどうだね? 他人に興味もなかった君が……息子に傷ひとつつけられず、命の危機にひんしている。シュン君。君は弱くなったんだよ。昔よりずっとね」


「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く