引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

魔王

 シュンとは違い、ロニンには常人ではありえない、《もうひとつの職業》を持っている。
 すなわち、魔王。
 不服ではあるが、前代魔王が習得していた魔法やスキルを、現在のロニンも使用することが出来る。

 相手は強い。
 使えるモノは使わなければ、自分が死ぬ……

 ロニンは右手で剣を構えつつ、左手に自身の魔力を集中させた。修行の成果か、かつてないほどに魔力が供給されてくる。

 そんなロニンを見て、熾天使ミュウは得心がいったようにニンマリと笑った。

「あーそっか。あんた、どっちかっていうと魔法タイプだもんね。それなら私も、本当の武器を出してあげるよ」

 本当の武器……?
 斧じゃないのか。

 ロニンがそう思っている間にも、ミュウは斧を後方に投げ捨てた。次いで前方に右腕を突き出すと、彼女の目前に白いもやが発生する。

 異空間から武器を出現させている――ロニンはそう直感した。
 果たして、次の瞬間には、ミュウの右手に極細の剣……通称・細剣レイピアが握られていた。

 余計な装飾は一切ない。純白に彩られた、遠くからでは視認さえ難しい細剣。一撃のダメージは低いものの、その軽さゆえ、目にも止まらぬスピードで攻撃を叩き込むことができる。

「ま、斧でもいいんだけどね、いかんせんタイマンには使いづらいのよ」

 言いながら、ミュウは剣を構え、軽いステップを取り始める。
 その動きだけでロニンは察した。熾天使ミュウは強い。自分が思っていたよりずっと……

「さあ、魔王ちゃん……ついてきなさいよ!」

 直後――ミュウが消えた。
 いや違う。
 高速で移動しているのだ。
 こちらの目視さえ追いつかないほどに。

 速い……!

 ロニンは動揺を最小限に抑えつつも、左手に込めていた魔力を解放した。

 炎の攻撃魔法。インフェルノ。
 絢爛けんらんな神殿内を、魔王の業火が覆い尽くす。そこかしこで大爆発が発生し、使用者以外に強烈なダメージを与える。
 さきほどまで輝かしい光彩を放っていたシャンデリアは一瞬のうちに溶け、室内は真っ赤に染め上げられた。壁面にかけられていた絵画も、跡形もなく消失する。

「あち! あちちちちち!」
 さすがに耐えきれなくなったのだろう。熾天使ミュウの動きが鈍った。

 ――いまだ!
 ロニンは猛然と熾天使へ駆け寄った。
 そのまま右手の剣を横一文字に斬り払う。

 が、遅かった。
 ミュウも負けじとレイピアを突き出し、ロニンの剣は阻まれた。耳をつんざく金属音が反響し、炎のなかに消える。

 互いに剣を押し合う状況下、ミュウはあろうことか、口笛を鳴らした。

「ひゃっほう! いいね! これこそ《殺し合い》の醍醐味だよ!」
「だから言ってるでしょ……殺し合いなんてやんないよ!」

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く