引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

幼子にして残虐なる天使

「えっ? この力って……」

 疾駆しながら、ロニンが背後を振り向いた。アルスが大勢の天使と激闘を繰り広げている方向である。

 シュンは疾走を止めないまま苦笑した。
「すげぇな。どうやらあいつも、新たな境地に達したらしい」
「す、すごいね……」

 ロニンも嬉しそうに頬を緩める。
 正直さっきは心配だったが、これなら問題なさそうだ。あの力があれば、少なくとも残り一時間弱、苦難を乗り越えることができるはずだ。

 ――あとは俺たちが頑張る番だな……
 そう心に決め、シュンたちは疾駆を続ける。アリアンヌのおかげで、道に迷うことはない。

 やがて大広間に出た。
 シュンたちは足を止め、周囲を見渡す。
 天井には巨大なシャンデリアが吊るされている。
 床面は白銀の大理石で構成されており、歩くたびに足音が反響する。壁面には等間隔で風景画が掛けられていて、このような差し迫った状況でなければ、思わず見入ってしまいそうだった。

「…………」
 部屋の奥には先へと続く大扉がある。それでもシュンたちが立ち止まったのは、ここに異質な気配を感じたからだった。

「出てこい! いるんだろ! 熾天使ミュウ!」
「……へえ、やるじゃない」

 ――直後。
 シュンたちの頭上に、三対六の翼を持つ天使が姿を現した。
 外見そのものはさきほどの天使たちより明らかに幼い。だが、彼女からはいわく言い難い威圧感を感じる。

 熾天使ミュウは優雅な仕草で着地すると、にこりと笑ってみせた。

「バレちゃしょうがないね。本当はこのまま首ごと斬り落とすつもりだったんだけど」

 可愛い顔でこの発言。
 シュンも驚嘆を禁じえない。

「……邪魔するつもりか。俺たちを」
「まーね。あ、でも国王さん。あんたは通していいってディストが言ってたよ」
「……なんだと?」

 思わず聞き返してしまう。

「世界が消滅する前にあんたと遊びたいんだってさ。とんだわがままだよね。――で」
 ミュウはどこからともなく斧を出現させると、切っ先をロニンに向ける。
「魔王さん。あんたが私の遊び相手よ」
「……ふん、なにが遊びだよ。狂人どもが」

 言いながら、シュンは妻を見下ろす。
 ロニンは悟ったようにシュンと視線を合わせると、静かに頷く。相手側の言いなりになるのはしゃくだが、しかしここで時間を浪費するわけにはいかない。この場はロニンに任せるのが最善の策といえる。

「ここは私に任せて。シュンさんは……ディストをお願い」
「……わかった。頼んだぜ」
 妻の頭にぽんと頭をのせると、シュンは部屋の奥に視線を据えた。
 そのままミュウを警戒しつつ、次の扉を開け放った。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く